<   2014年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧
スイスからの郵便
c0165372_120458.jpg
バーゼルのベアトさんと美甘さんから「包み紙展」と「エミール・ルーダー生誕100周年の展覧会」のフライヤーが入ったエアメールが届いた。前にも書いたけど、デザイン学校ではルーダーさんの展と包み紙展のポスターが並んで貼られているなんて!!!
届いたフライヤーはどちらもコンピスの入り口に貼りますのでご覧下さいね。
郵便に貼られていたスイスの切手もかわいいすぎて、もう心はスイスに飛んで行ってます。
by maane-news | 2014-09-03 12:30
掛け紙のパッケージデザイン
c0165372_1075146.jpg
c0165372_1082073.jpg
8月の台風で延期になった「パッケージデザインvol.2/掛け紙」の寺子屋を開催。
寺子屋の生徒たちとこの寺子屋に申し込んでくださった方と一緒に15人の方が参加してくださった。バーゼルのデザイン学校でも同じ内容のワークショップを予定しているので、いろんなことを意識したら私まで緊張してしまって生徒たちに「由季さんがいつもよりすごく緊張してるから私まで緊張してしまった」と言われ反省。途中からいつもどおりの笑い話しも交えてみんなの力を抜く方向の刺激にギアチェンジした。

c0165372_1084237.jpg
3つの箱を使った掛け紙の1つ目はモーネの頭文字「M」をどこかに入れる制約で。

c0165372_1094642.jpg
残り2つはお店や中身を想定してかけ紙のデザインを考える。
この箱には「球根と種」が入るとか。こんなガーデニングショップがあったら、ほんとうに素敵だと思った。

c0165372_10101443.jpg
透ける紙の重ねで「M」がわかるかわからないかの引き算のかけ紙。
手仕事だから生まれる形だと感じる。

c0165372_10105461.jpg
白と黒の糸だけでブローチを作るのでと自分の作品を入れる箱。
編まれる前の1本の糸が中身を予告していると思うアートな掛け紙。

c0165372_10111938.jpg
結婚のお祝いやお見舞いなど日常のやりとりに活かす包みも生まれて、それぞれの想いを知った時このシンプルな包みはうんと大きく相手に伝わる気がする。
参加してくださったみなさん、ありがとうございました。
この寺子屋のおかげで20代からずっとパッケージデザインが好きだったことをあらためて思い出すことができました。
スイスでは緊張せずに「いつもどおり」でやれますように。
by maane-news | 2014-09-02 12:30
「い」組
c0165372_11384585.jpg
夏休みが終わって最初の「い」組は「切り抜きノート」をみんなで一緒に見ることに。
『自分で切り抜きの処方箋を考える』という自由研究のような夏休み中の宿題と2から3ヶ月分のノートのそれぞれの話しを聞き、私から一人一人に処方箋を出していった。
今回、自分でも不思議だったのはみんなへの処方箋がこれまでと大きく違うものになったことだったが、それはみんながまっすぐに向きあってくれたからだと思う。
これで前半が終了。後半も真剣勝負で『ものつくりのキャッチボール』をやるからね。

c0165372_11391221.jpg
四角のモチーフで花 →「横たわる花」

c0165372_11413093.jpg
三角のモチーフでランダム貼り →『花』

c0165372_1140287.jpg
太い線で食べるもの →「納豆ごはん」

c0165372_11412739.jpg
授業が終わって8期生初の『一品持ち寄り会』
「い」組を手伝ってくれている2期生の吉川さん、工作所と陶器の打ち合わせに来ていた5期生のフッチーも一緒に乾杯。
いろんな方向に話しが盛り上がって、みんなぐっと近くなった気がした。
*余談ですが出席した8期生はみんなお酒が飲めました ♪
by maane-news | 2014-09-01 12:30