<   2011年 07月 ( 35 )   > この月の画像一覧
「い」組 その1
c0165372_21461456.jpg
c0165372_21462634.jpg
c0165372_21464087.jpg
c0165372_2146533.jpg
1個のじゃがいもをカットしてスタンプを作り、使う色は2色までという制約で作る手ぬぐいとエコバッグ。各自の「切抜きノート」をモチーフの参考にして、じゃがいもを切り始めるが、最初は迷っていたけど、次第に手が動き出してどんどんスタンプが押されて行った。制約からのアイデアと発想、それと「切抜き」をずっと続けてきたことが素敵な作品に生まれ変わった。

> みんなの「じゃがいもスタンプ」
by maane-news | 2011-07-05 12:30
東北に裁縫道具を送るプロジェクト/まち針
c0165372_015195.jpg
“まち針”が届きました。作ってくれたのは「は」組を休学されている3期生の浅井さん。このプロジェクトが始まった時に、何かお手伝い出来ることがあればと申し出があり、“まち針”作りをお願いしていたものです。先日出来た100個余りの針山に5本ずつ使いましたがまだたくさん余っていました。ひとつずつガラスビーズを付ける細かな作業は大変だったと思います。ありがとうございました。またみんなの手でプロジェクトが進みました。/seiken工作所
by maane-news | 2011-07-04 12:30
「ろ」組
c0165372_0125154.jpg
c0165372_013326.jpg
c0165372_0131413.jpg
c0165372_0132793.jpg
「ろ」組は「石こう型で作る陶器」。毎年、2年目の「ろ」組の夏休み前のカリキュラムになっている。粘土で原型を作る作業は、最初は思うように行かなくて、大丈夫かなぁ? と少し心配するけど、自分の作りたいカタチをイメージしながら手を動していると、そのカタチに近づいて来る。庭で石こうを流し込んで、夕方にはいろんなデザインの石こう型がテーブルに並んだ。
石こう型をしっかり乾燥させたら、夏の間の流し込み作業が待っている。/seiken工作所
by maane-news | 2011-07-02 12:30
こまっちゃんの差し入れ
c0165372_22103836.jpg
ここのところ、いろんなことがありすぎた。親のこと、仕事のこと、夫婦のこと、いろんなことが重なって、頭がショートして、心に“めげゾウ”が顔を出しかけていた。そんな電波を察して、こまっちゃんが夕食の下準備とメモを残してくれていた。今日の晩ご飯は簡単にと思っていたのに、手書きのレシピをみながら、料理を始めたら涙が出て来た。ちょっとしょっぱい夕食になったけど、二つの幸せな出来事のあった一日だった。
by maane-news | 2011-07-01 12:31
星に願いを
c0165372_2146151.jpg> 画像が大きくなります
井上よう子の作品がコンピスに運び込まれて二日間の搬入が終了した。
北から南まで、全国から届いた想いが込められた石と共に、7月の夜空がコンピスの空間に広がった。

c0165372_2151498.jpg
Yuko Takada Kellerの作品「Message From the Earth」は、120個の石を三日月にも見える形に並べられた。石につながれた糸には10個のことばが、青い半透明の紙で綴られている。

c0165372_21534015.jpg
井上よう子の作品は、心の中に溶け込んでゆくように青い空気だった。
少し時間を戻して、大好きな誰かと心で通じ合えたような気持ちになった。

c0165372_21544728.jpg
午前中に展示を終えたYukoは、16日のワークショップで使う素材のトレーシングペーパーを染めていた。染め上がった紙を見ているだけで、心がふわっと浮き上がった。
ワークショップに参加される方は、それぞれどんなモビールに形作られるのかなぁ。

c0165372_2205182.jpg
高校時代に画塾で知り合って、芸大でも同級生だった3人。
Yukoは染織科、よう子(ニックネームはオハセ)は洋画科、私はデザイン科と専攻は違っていたけどバスケット部で一緒だった。コンパの時は3人で『鬼のパンツ』を踊ったり、「キャンディーズ」(3人なので!)などと呼ばれていた今から30年前。時はあっという間に過ぎたけれど、お互い大切に思っていることは同じまま。そんな二人に、一年前お願いした展示が終わり、ほんとうに清く美しい空間を作り上げてもらえた。「モーネらしく参加型の展示を」とYukoが申し出てくれた時には想像もしなかった大きな災害。今も大変な思いでいる方たちに、今はとにかく小さくても自分たちに出来る事をやり続けたいと、復興の想いを込めながらの展示作業だった。

c0165372_223451.jpg
今から12年前、仕事を辞めるかどうかものすごく悩んだ…。どうしようもないくらい、体も気持ちも動くのに時間がかかる毎日の繰り返し。そんな時にデンマークからビデオテープが届き、そこに写ったYukoの作品を見て涙が止まらなかった。それから少しして、オハセが一緒に展をしようと誘ってくれた。この二つの出来事が、私の心と体を回転させてくれた。自分に出来ることを想いを込めて、ちいさくてもやってみようとモーネがゆっくりスタートした。

c0165372_22171150.jpg
モーネという場所で、垣根がなくて誰にでもアートを心で感じられる展覧会が実現できたことは、この場所がなくなっても一生忘れないと思う。12年前の私のように何かに立ち止まったり迷っている人たちには同じ想いを感じてほしいと願っている。

c0165372_22191322.jpg
「星に願いを」は、7月18日(祝・月)まで開催していますので、是非ギャラリーで、作家の想いが溢れる空間と交信してください。
*7月5日(火)・ 6日(水)・12日(火)・ 13日(水)はギャラリーがお休みです。

> 展覧会の様子
by maane-news | 2011-07-01 12:30