<   2009年 09月 ( 38 )   > この月の画像一覧
3つのおいしい寺子屋
c0165372_23432362.jpg

c0165372_234408.jpg

『バナナのお菓子』の出版を記念しておいしいモーネ寺子屋を開催します。
料理家の坂田阿希子さんには本に掲載されたおいしいバナナのお菓子から「スコーン」と「コンフィチュール」の作り方を、スタイリストの鈴木亜希子さんにはおしゃれなお菓子のラッピング、カメラマンの砂原文さんにはお菓子のおいしい撮り方をそれぞれ教わる3つのおいしい寺子屋です。 新刊の『バナナのお菓子』も手みやげに付きます。 10月12日と13日の2日開催、参加費は3,800円です。
どうぞご参加お待ちしています。

> 詳しくはこちら
by maane-news | 2009-09-25 12:30
グラフィック工芸コース「い」組
c0165372_7361933.jpg

c0165372_7363573.jpg

1年目の「い」組は土を切りとって作る陶器の寺子屋。 この日は皆でご飯を食べようと約束していたので、土の作業を午前中で終えて、美味しい洋食屋さんに移動。 昼食を食べながら授業を‥ということだったけれど、おいしい時間に「まっ、いいか」と午後の授業はなしに! 話す時間も大事な物つくりかも。

c0165372_736507.jpg

大きなステンレスのバットで出てきたティラミス。 最後は皆で切り取ったデザートでごちそうさま。
by maane-news | 2009-09-24 12:37
紙モノが添えられた手みやげ
c0165372_0445125.jpg

「ろ」組のせりちゃんが、夏に海外に旅してみなに綺麗な色の封筒とカードをかってきてくれた。 無地なのでさみしいからと紙の実験でコピーした切りぬきをそれぞれ袋にいれて手渡してくれた。


c0165372_0452729.jpg

同じく「ろ」組の 吉川さんは、毎年ご主人とたくさんジャムを作られていて、今年も皆に贈ってくれた。 今年は、やはり紙の実験でコピーした切りぬきをラベルにして、ジャムの名前を手書きに。
日々の暮らしの中でこんなふうに活かしてくれることが、グラフィック工芸コースで一番伝えたいことだとあらためて感じた。
by maane-news | 2009-09-24 12:36
給食
c0165372_0395227.jpg

「ろ」組の日の給食はカレー。 ひらひらさつまいもが乗ってました。
by maane-news | 2009-09-24 12:35
グラフィック工芸コース「ろ」組
c0165372_03428100.jpg

c0165372_0344793.jpg

後半のグラフィック工芸コースがはじまった。 二年目のろ組は夏にシルク印刷したリネンをバッグにする寺子屋。 モーネの縫製部:丹羽ちゃんを講師に迎えて、みんな真剣にミシンをかけて、無事に全員おばあちゃんバッグが完成した。
by maane-news | 2009-09-24 12:34
お知らせ
c0165372_0243954.jpg

今発売中のクウネルに、ワイヤー作家の奥田由味子さんの記事が載っています。 アルミやステンレスなど新しい素材もみつけていて、素敵でした。 奥田さんは10月1日から兵庫県朝来市和田山町の「宇沙戯舎(うさぎや)ギャラリー」で展覧会も開催予定だとか。 植物のある暮しが少しずつひろがるようで嬉しい秋。

> 奥田由味子HP
by maane-news | 2009-09-24 12:33
おいしいランチ
c0165372_022091.jpg

先日、平山由香さんのお家におじゃましました際に、打ち合わせが終わってお昼をごちそうになりました。 手間をかけて、丁寧に作ってくれた焼きナスのスープ。 とてもデリケートで、忙しくてバタバタしている私の気持ちをリセットさせてもらえて、泣きそうになるくらいおいしいランチでした。
by maane-news | 2009-09-24 12:32
父の切抜き2
c0165372_0102941.jpg

カニが初めて登場してて、あれ? って思ったら、父の切り抜きを知っている方が山陰旅行のゲームで使うので頼まれたとのこと。 知らない間にリクエストに応えて切り抜きをしているなんて、やるなぁお父さん。 来月80才になる誕生日には魚の切りぬきをプリントしたTシャツを贈ろうかなぁ。
by maane-news | 2009-09-24 12:31
父の切抜き1
c0165372_2358679.jpg

c0165372_23584942.jpg

c0165372_23591482.jpg

c0165372_002128.jpg

c0165372_033292.jpg

しばらく忙しくしていた間にたくさんたまった父の切り抜きです。
父は毎日の日課としてひたすら切り抜きを続けていて、「ノートからはみ出るくらい大きく」という課題もちゃんとやってたし、魚の名前も書いてくれるようになった。 この夏のモーネの大掃除で、処分した包装紙や箱の中かから、捨てきれなかったものを父に送ったら、新聞広告とは違う力強い切抜きになってて、娘ながら感動。
by maane-news | 2009-09-24 12:30
椅子のワークショップ
c0165372_82452.jpg

c0165372_834652.jpg

c0165372_84240.jpg

先日開催した「椅子張りのワークショップ」。 upholsterのお二人を講師に、それぞれお気に入りの布を座面に張って自分の椅子作りました。 布を釘で留める作業も、最初は慣れない手が次第に軽快になって、2日間で30脚の素敵な椅子ができました。
来年は親子で作る椅子のワークショップができたらいいなと思っています。 /seiken工作所
by maane-news | 2009-09-20 12:30