成安造形大学
c0165372_21242213.jpg
6年間、非常勤講師をさせていただいた成安造形大学の最後の授業日。
この日は私の課題の『お菓子の商品企画』の合評。
合評は、新製品発表会のスタイルで。
今年の学年の素晴らしいことは、誰も落ちこぼれたりスピンアウトすることなく、全員がそれぞれの個性やいい意味で片寄った好きなことを生かして商品(作品)に発展出来た。

c0165372_21242820.jpg
故郷の瀬戸内海の島の名物のタコ。
タコの足の形のカールのようなお菓子がカッコイイ箱と布袋に入っていて、このまま商品になりそうなアイデア。

c0165372_21243959.jpg
切り紙が得意だからと、まずコンピューターで下絵を作り、それを手で切抜くテクニックも今の時代ならでは。

c0165372_21245065.jpg
唇が乾くからいつもリップを携帯してる男子学生は、キャンディをなめて唇が潤えばという斬新なアイデア。

c0165372_21245991.jpg
「森の小包」というネーミングのマフィンの販促物は布のコースター。
プリンターを使って布に仕上げてるから、このまま売れそうだとみんなで驚いた。
作品を全部紹介したくらいほど今年の学生はみんな元気で、ミィーティングしながらの毎回の授業がたのしかった。みんながそれぞれのカタチに着地してほんとうにすごいと思う。

c0165372_21250694.jpg
合評が終わり、今日が最後になるからと学生たちからドライのブーケと木箱に入ったメッセージカードを頂いた。短い期間の非常勤なのにと、ジ〜ンとなって「私、うれしい紙モノは棺桶に入れてねって言って残しているから、二段ベッドみたいなのがいるかも」と言ったら爆笑された。

みんなありがとう! お互いにまた新しいトライアルを!!






by maane-news | 2016-12-09 12:30
<< 切り抜き通信寺子屋1年目終了 ありがとうございました >>