+1の活動② 石巻へ
c0165372_12152238.jpg
c0165372_12161323.jpg
仙台でのワークショップの翌日、石巻へ移動。
石巻に向う車中から見えるのは、新しい建物の町並みと何も無い更地の景色。
5年前にここであったことの大きさが伝わってきて、胸に突き刺さる。
訪ねた「石巻ひがし保育園」では、仙台のこどもたちと作った「虫の標本箱」の実験。
机の上を跳ね回っていた元気いっぱいの5歳のくじら組のこどもたちも、実験を始めると夢中になってくれた。

c0165372_12255318.jpg
箱は、一人2つの予定が、みんな実験がおもしろくなって3つも4つも作ってくれた。

c0165372_12171235.jpg
3歳児クラスのぺんぎん組のこどもたちが、お昼寝の前にくじら組の作った虫を見に来てくれた。

c0165372_12181332.jpg
なぜかシュワッチがブームの記念撮影。
震災の年に生まれたくじら組のみんなが怪獣ギャングみたいに元気いっぱいだったのがうれしかった。
あまり話さなかった子が、終わった後で側で「また来てね」とつぶやいてくれて泣きそうになった。

二日間の寺子屋時間を、こどもたちも大人のみなさんも素直に両手でしっかりと受けとってくれた気がした。
仙台で手伝ってくださった方々も、保育園の先生たちも、それぞれに家族やご自身のいろんな経験を抱えながら前を向いて歩かれていた。
京都のみんなの想いを届けたちいさなもの作りの活動をまた続けてゆこうと思う。






by maane-news | 2016-08-26 12:30
<< リユース&リデザイン展 +1の活動① 仙台へ >>