香川の病院に届けたバッグその後
c0165372_11205262.jpg
c0165372_11200960.jpg
9月にNEWSでお知らせした「四国こどもとおとなの医療センター」に送ったバッグ、病院の師長さん達が会議で集まる時にみなさんに手渡ししてくださったと、病院のホスピタルアートディレクターの森合音(もりあいね)さんから写真が届いた。
29人と院長先生がそれぞれ自分の描いた図案が型染めされたバッグを手にして、ものすご〜く感激してくださったとか。
院内で会ったら「使ってるよ〜」と声かけしてくださったり、うれしい感想のことばを言ってくれます一緒に伝えてくださいました。
病院という空間でこんなバッグが行きかったら、きっとバッグを通じで会話がはずむと思う。
丹羽ちゃんをはじめバッグ作りを手伝ってくれたソーイング寺子屋のみんなに心から感謝!






by maane-news | 2015-12-02 12:30
<< 1周年のボタン 展覧会とワークショップのお知らせ >>