「4の日」のお茶時間と「ご・はんのおとも」
c0165372_1342050.jpg
母の入院があって5月もいつの間にか月末になって、報告が遅くなりましたが、いつもの4の日のお茶時間はちゃんと届いてます。
4期生のベーグルは毎月いろんな場所に「七穀ベーカリー」として飛び出してるから、各地で発見したおいしいものの詰め合せ便を「4の日」に送ってくれた。

c0165372_13421746.jpg
毎日、とても忙しくしてるのに、それぞれにおススメの理由を書き添えてくれている。手書きはやっぱりいいな。
バタバタの5月でしたが、おかげでこんなにたのしいお茶時間を持つことができて感謝。ほんとうにありがとうね!

c0165372_13423649.jpg
それから、15日は5期生の「ご・はんのおとも」の日。
富山のぜんちゃんから「先にばらしちゃいますが、15日は生ものを送りたいので由季さん達は工房にいますか?」と1週間以上も前にメールが届いたのでちょっと楽しみにしていたが、そんな記憶は当日すっかり消失。母の病院から戻って夕食間近になってから「この箱は何?」
「わあっ、今日は15日だった!」とあわてて開封。

c0165372_13425847.jpg
中には富山名物のます(鱒)寿司が。
「寒すぎず暑すぎない今頃が一番おいしいんです。ぜひ食べ比べてみてください。」というメッセージと一緒に3つのお店のます寿司が入っていた。
その日の夕ごはんはます寿司に変更して、3つともよく味わって食べてみたけど、ん〜っとみんなおいしかったよ〜。
スキーに行った時に駅で買って食べた学生時代のこととか思い出しつつ、母の入院ことでいっぱいの私には沁み入るしあわせ〜な「ご・はんのおとも」
ぜんちゃん、ありがとう!!
by maane-news | 2015-05-25 12:30
<< 「ろ」組 母の入院 >>