こども寺子屋
c0165372_6453354.jpg
c0165372_6454580.jpg
c0165372_631354.jpg
新しいクラスの「こども寺子屋」の1回目。
去年は「こどもグラフィック工芸コース」と「こども工作コース」ともに人数が増えて今年は毎回にぎやかで忙しい一日になりそう。
午前の「こどもグラフィック工芸コース」はフラワーコーディネーターの徳市容子さんを特別講師に招いて、紙コップとラッピングペーパーに花を描いてアレンジメントを作るカリキュラム『花で描く』。
徳市さんに花の切り方や扱いのコツを教えてもらってみんな手を動かし始めると、ちいさな手が上手に花を扱う様子に毎年感心させられる。
出来たお花のアレンジメントは誰にプレゼントするのかな?

c0165372_6443981.jpg
c0165372_6313953.jpg
c0165372_6311937.jpg
午後からの「こども工作コース」は色の紙やシールでオブジェを曲げたピアノ線に貼って作る『ちいさなモビール』
うまくバランスをとるのがなかなか難しかったけど、集中して何度も紙の大きさや重さを変えながら左右のバランスを調整ししながらゆらゆら、ふわふわと風を感じる風景に。
モビールの台になった木片は、いつか使おうと思ってそのままになっていた木の端材。こんなカタチでプロダクトの素材として活かすことができた。
それにずっと考えていたオブジェの素材もちょっと透けた色の紙のアイデアを思いついたりして、やっぱりもの作りの刺激はおもしろいことを引き出してくれる。
> みんなの「ちいさなモビール」
by maane-news | 2015-04-30 12:30
<< 香りの寺子屋 園芸療法のデイに >>