「ろ」組
c0165372_171928.jpg
「ろ」組のラストは「パッケージデザイン」。
前回の『妄想店主』がおもしろくて、その続きのパッケージという副題付き。
今年はソングバードさんのコーヒー豆とキュロットさんのジャムのどちらかを選んでパッケージを考えるという課題で。
やまびこ食堂は、おむすびとドーナツを挟む紙まで生まれてた。
ムラッチの素直な目線がそのまますっと着地してる。

c0165372_17185246.jpg
しろくまベーカリという発想がたのしくて、工作所が七穀を巻き込んでほんまにやろうやと彩ちゃんと打ち合わせにまで発展。

c0165372_17183875.jpg
ダーさんコラージュはばく進中。
昔の暮しの手帳の紙が彼女の手業にはすごくあってると思う紳士服屋さん。

c0165372_17191214.jpg
倍速は桜の印象を表した着物のお店。

c0165372_17201831.jpg
ロングは水引のワークショップに参加した直後で、雑誌の紙を水引仕立てにした、古い飴屋のパッケージ。

c0165372_17193125.jpg
2年目もラストになるとみんな自由に手と心を動かすなぁと、私は授業そっちのけで、3期生のみらいちゃんとあっきーが展示をしてくれているコンピスへエスケープしていたけれど、戻ってきたらこんなに面白い実験になってた。
7年間で一番少人数だった「ろ」組だったけど、でもそれだけ濃縮した時間を過ごせたと思う。
「ろ」組も持ち寄り会(この日のお題は『臭いチーズ』)で締めくくり。
みんな1年間をありがとうね!
by maane-news | 2015-03-23 12:31
<< 「い」組 「は」組 >>