「ろ」組
c0165372_1731517.jpg
「ろ」組は石こう型で作るの陶器の絵付け。
これで春から続いた布と土の連続した授業は終わり。

c0165372_1643720.jpg
倍速は小さな花器でひたすら絵付けに挑む。

c0165372_16434151.jpg
ダーさんの器はお鍋のフォルム。
絵付けしないと聞いてたけど出来た素焼きを見て、器の底に数字をレイアウト。

c0165372_1643534.jpg
彩ちゃんは大きなお皿。底の高台の形が素敵。

c0165372_16444069.jpg
ロングは全く絵付けがなかったので紅茶缶でパッケージデザインの実験。

c0165372_1645398.jpg
ダーさん差し入れのルバーブとくるみのケーキでお茶休憩。
そんなゆったり時間は話しがはずんで、次の「ろ」組は焼き上がったそれぞれの器に料理を盛りつけて朝食と昼食を兼ねて、テーブルクロスを敷いて、料理やパン、花もみなが分担してセッティングしようと。作った器が使われてる記録が残せるなんて7年間で初めての展開はすご〜くたのしみ。そして、ずっと陶器に向き合ってくれてる工作所にはほんとうにご苦労さま。
by maane-news | 2014-09-11 12:32
<< リ・ユース展 1期生の“豊”事 >>