堀井さんと制作
c0165372_1212939.jpg
来月29日から始まる堀井和子さんの『絵本のような紅茶缶をデザインする展』の紅茶缶の制作のためモーネに来てくださった。堀井さんの文字やイラスト、写真をいろんな紙にコピーを重ね、どんどんおもしろい方向に回転してゆく。この手さぐりの実験のようなもの作りを堀井さんは「トライアウト」と名付けてくださった。作る側が「楽しい」気持ちで向かうと生まれてくるものにもそれがちゃんと表れてる。

c0165372_1214879.jpg
結局、どんどん「これもいい。これも〜!」とはずんでしまって、販売する予定の50個はみんなニュアンスのちがうデザインの紅茶缶になった。これがモーネ寺子屋のものづくりだと、コンピスに並ぶ様子を想像すると今からたのしみでならない。
by maane-news | 2014-05-31 12:30
<< お取り置き寺子屋 屋上菜園レポート >>