5期生からの贈り物
c0165372_1141213.jpg
c0165372_114228.jpg
「もの作り」展の最終日、展示の片付けが終わった後で5期生のみんなからモーネに贈り物をもらった。たくさんの人が集い、おいしいものを食べる時に使ってほしいと、モーネの名前と◎が入っている竹のお箸。5期生だから50膳。このお箸を使う“豊事”の集いがたくさんありますように。

c0165372_11424712.jpg
最終日、モーネに来れなかったこまっちゃんから預かった手紙を5期生それぞれに。いつも手紙にする私は、5期生の展を見ていたらビジュアルで伝えたくなって“ミジンコの目”で切り取った作品を「言葉のない本」にして手渡した。
泣き虫のフッチーがボロボロ泣いたから私は泣けなくなってしまったけど、こんな風に想いをカタチにするキャッチボールが寺子屋の3年間で得ることなのかも。

c0165372_14323191.jpg
コンピス6周年の1年前に5期生が贈ってくれた鉢植えの桜。鉢に植え替えて母屋の玄関に置いていたらこんなに花が咲いた。春になると5期生を思い出せるからいつか海の見える“瀬戸内分校”に移ったらそこで地植えにしようっと。
by maane-news | 2014-03-28 12:30
<< 老健施設のホスピタルアート 新「は」組 ・新「ろ」組スタート >>