お知らせ
c0165372_10235478.jpg
9月24日付け朝日新聞の夕刊「天下逸品」のコーナーで、拙著『京都を包む紙』(アノニマスタジオ)の中で紹介した包み紙や紙袋が紹介されました。取材日、何年かぶりで包み紙の収納ボックスから出して見たら、やっぱりどれだけ時間が経っても好きなものは好き。ワクワクしながらギャラリーの床に並べました。
この紙たちをギャラリーで展示をしたのが2007年。久しぶりに1枚ずつ解説を付けて“紙モノ展”をしようと思ってしまいました。どうせならモーネの紙モノ原点のような分類がいいな。モーネのホームページの中にある紙ものページは今見ても惚れ惚れする。ずいぶん昔に作ったものけれど、この時は無責任な趣味のページを作りたいと、撮影もデザインも1日で考えて当時モーネのホームページを担当してくれていたJ嬢作ってもらったページ。好きなモノはいつまでたっても変わらない。
よぉ〜し、来年1月11日から2月9日まで「紙ものリレー展」をやることに決めた。1番バッターは京都の包み紙も含めた「日々の紙」、2番目は「日本の旅の紙」、3番目は「北欧の旅」。コレクションみたいに数は多くないけれど、全部の紙のどこが好きかその理由を書き添えた紙談義が飛び交う壁展示をすると工作所に訴えた。
by maane-news | 2013-09-25 12:30
<< ちびっこ寺子屋 デジタルも整え直し >>