信州レポート その3
c0165372_1240760.jpg
ずっとお天気に恵まれて涼しい(こっちのみなさんは暑いねぇと言われてましたが…)信州の3日間でした。山々を眺めながらいつかモーネの山岳部でと安曇野を後に。

c0165372_12402790.jpg
京都に戻る前に、佐久に工房を移された木工作家の日高英夫さんを訪ねる。布を織られている奥さんの雅恵さんは出掛けられていてお会いできませんでしたが、愛犬のグーちゃんと3頭の山羊が出迎えてくれました。見せていただいた日高さんの工房は機械も道具も作業台も、余すこと無く小さくなった木材に至るまで、どこを見ても隅々まで磨き込まれて整えられていて、気持がすっとなる仕事の場でした。

c0165372_12405093.jpg
日高さんの丸いトレイを買わせていただく。日高さんらしいすっとしたシェイプで、木地の赤い色味は油分の多いウダイカンバという“たいまつ”に使われるこの樹の特長なんですと教えていただいた。日高さんとクラフトフェアで初めて出会って以来毎日ずーっと使わせていただいているバターナイフ(何本目になるだろう?)と一緒にわが家の食卓の仲間が増えた。

c0165372_12415534.jpg
日高さんご夫婦がここに住まいと工房を移されたことや暮らしのことなど聞かせていただき、今回の旅でいろんな方とお会いできたことは自分たちのこれからを考える機会になりました。
京都への帰路、高速道路から見える浅間山に「さよなら、また秋に」。
by maane-news | 2013-07-25 12:30
<< 園芸療法 信州レポート その2 >>