リ・ユース、リ・デザイン
c0165372_10305523.jpg
c0165372_10303287.jpg
c0165372_10304586.jpg
「うつくしい、つくりなおし ー re-use, re-design」展が始まりました。非常勤講師をしている京都市立芸術大学のビジュアルデザイン専攻の3回生の毎年の課題で、学生たちが4ヶ月あまり取り組んだ作品が並びます。材料集めから、加工の仕方、作品に作り上げるまで、ひとつひとつ考え、立ち止まり、見つけながら、うつくしく作り直されたデザインたち。作品ひとつひとつの背景やプロセスを感じながら、コンピスに並んだ素敵で愉快なデザインを是非ご覧ください。
> 詳しくはこちら
by maane-news | 2012-09-01 12:30
<< 「は」組 切り紙シュリケン >>