こども寺子屋/最終回
c0165372_22265439.jpg
c0165372_2228172.jpg
c0165372_22282839.jpg
c0165372_22274779.jpg
c0165372_22293298.jpg
今日で最終回のこども寺子屋は、フードコーディネーターの原敬子さんを講師に招いて、こどもグラフィック工芸コースもこども工作コースも「お干菓子を作る」寺子屋。
このお干菓子は、先週の「い」組でも作ってもらったが、毎回のグラフィック工芸コースと違って「楽しい!」としか言わないカリキュラム。こども達も型で作る「落雁(らくがん)」やいろんな抜き型で作る「雲平(うんぺい)」作りはほんとうに楽しかったようで、夢中になって作ったお干菓子は金平糖やビスケットと一緒に小さな紙箱に詰めて、最後は箱の掛け紙に細い黒のペンだけで思い思いの絵や文字を描いてもらった。バレンタイン直前だったので、「お父さん、いつもありがとう」「みんないっしょに」と書かれた箱に胸がキュンとなった。
> みんなのお干菓子

c0165372_2230929.jpg
この前始まったと思ったこども寺子屋も今回が最終回。
みんなたくさんのもの作りをありがとう。

今週末の18日(土)からコンピスで始まる「もの作り」展にこども寺子屋の作品が出展されますので、どうぞお越しください。
> 詳しくはこちら
by maane-news | 2012-02-14 12:31
<< 同窓会寺子屋 脇阪さんの絵本 >>