父、切り続ける
c0165372_14112856.jpg
久しぶりに父の切り抜きニュースです。
父は、来年の展覧会に本気で向かっている。昨年末、自分の富士山がコンピスの壁一面に貼られたシーンがグッと来たからだ。少しずつと言っても、全く聞く耳を持たない。行く度にどんどん枚数は増えてゆく。

c0165372_1411367.jpg
父の「見ろ見ろ」攻撃が始まったので、深海魚のハガキをめくっていたら面白い魚を見つけた。「お父さん、キムタクやん」「ん?」→ 略すとわからないと思い「木村拓哉」と言うと「知らん」→ お父さんキムタクを知らないんだ。この話題にはこれ以上触れないことにした。もしも、キムタクが自分の顔写真を『チョウチンアンコウ』に切り抜かれたと知ったら、やっぱりショックだろうなぁ。

c0165372_1411476.jpg
「盆前には出来るぞぉ〜!」→ 3000枚の切り抜きの宿題は、お盆前には貼り終えるつもりらしい。「そんなにハイピッチで切り抜いても、モーネのギャラリーは来年1月まで空いてないからね」と何度言っても父のスピードは止まらない。背中の痛みを取るために毎週整体に通い始めたので、背中の痛みは和らいでるようでちょっと安心した。来年1月の『富士山』と『深海魚』と『魚』の展覧会は、父へのお年玉特別企画なんだから、元気でいてね。
by maane-news | 2011-03-27 12:30
<< もの作り展終了 切り抜き通信2年目 >>