こまかないニュース
c0165372_18352929.jpg丸々新じゃがのシンプルポタージュスープ
c0165372_18354536.jpg春キャベツのスープ
今回のこまかないは「あたたかいスープ」を2つ紹介します。
東北・関東で起こった大震災に本当に心が痛み、心が冷えていくような思いの方がたくさんいらっしゃることと思います。被災された方には本当に心よりお見舞い申し上げます。
そして、こまかない作りも地震後は「あたたかいもの」を意識して作るようになりました。寒い日だからあたったかいものが食べたくなるのではなく「心が冷えてきたこと」を身体を介して「あたたかいものを食べないと!」という強い思いになったからです。熱のある食事は、身体も気持ちも温めてくれます。生きていることは熱をもっていること。こういう時だからこそぜひ「あたたかいもの」を食べていただきたいと思うのです。

ひとつ目のモーネのまかないスープは「丸々新じゃがのシンプルポタージュスープ」。
新玉ねぎとじゃがいもをスライスしてバターで炒め、ソーセージと水、固形コンソメを入れて20分ほどフタをしてスープ煮にします。その間に皮をきれいに洗った新じゃがを丸々、別鍋で蒸しておき、火が通ったら皮をむいておきます。スープ煮はその後ミキサーにかけザルで裏ごしして、再び鍋に戻します。牛乳を加え、そこへ蒸した新じゃがも入れます。塩こしょうで味付けし弱火でさらに15分ほど温め出来上がりです。

そして別の日のまかないスープは「春キャベツのスープ」を作りました。作り方は同じで、材料はスライスした新玉ねぎ、じゃがいも、春キャベツ、をバターで炒めソーセージを加え水を入れてスープ煮して後は同じ行程です。塩、こしょうで味付けした後、隠し味にほんの少しだけカレー粉を振りました。スープなのでボリュームはないのですが、スプーンで一口ひとくち食べる行為も熱が少しずつ、確実に口に、身体に伝わっていくようで、いつも以上にあったかくなったような思いがしました。/こ・まかない
by maane-news | 2011-03-24 12:30
<< ツキノワ新聞誕生! もの作り展 >>