こまかないニュース
c0165372_1410333.jpg
本日のこまかないは、夏によくする18番レシピ「トマトそうめん」に並ぶオハコ料理の「チャプチェ風サラダ」です。季節を問わない材料を使うので、食べたい時に作れるのがポイントのメニューです。
韓国料理のチャプチェをアレンジしたので、作り方や味は本場とはちょっと違うのですが、お野菜いっぱいなので、体が疲れてSOSを出した時や大勢の集まりの食事会などによく作ります。いつものまかないに比べて少し手間がかかりますが、いく通りも手間をかけただけの美味しいさがあるので止められません。
まず、オーブンでにんじんとエリンギの乾燥野菜を作っておきます。乾燥野菜にすることで、うまみと歯ごたえが増します。この作業はだいたいチャプチェを作る前日に用意しておくことが多いです。他に使う野菜のほうれん草と青ネギを下茹でしたり、卵を薄く焼いて錦糸卵を作っておきます。それぞれの具材に塩、胡椒で味をつけ、お湯で戻してごま油と塩で味をつけた春雨に混ぜ込みます。ただし、おもてなし時に大皿に盛りつける時は、見た目を美しくみせるため全部を混ぜ込まず、ビビンバのように彩りよく具材を上に盛りつけたりします。ドーンとカラフルな料理はなかなかの存在感です。
この日は、近くのキムチ屋さんに注文したサムゲタンもテーブルに並び、大御馳走! 体が細胞レベルから大喜びする声が聞こえたような食事時間でした。/こ・まかない
by maane-news | 2011-02-25 12:30
<< 時計のワークショップ 富士山の旅 >>