タグ:お知らせ ( 209 ) タグの人気記事
福井×モーネ工房 もの作りまつり
c0165372_06021807.jpg
今週末の10月8日(土)、福井県鯖江市で「もの作りまつり」を開催します。
福井・石川の作家さんとモーネの仲間が、クラフトや雑貨、おやつなどを出展します。
いろんなワークショップもありますので、もの作りの一日にぜひお越しください。
> 福井×モーネ工房「もの作りまつり」






by maane-news | 2016-10-05 12:31
お知らせ
c0165372_12174312.jpg
コンピスでは、イラストレーターのダイモンナオさんの個展を開催しています。
昨年、制作した作品集「グレーの空」とはまた違った素敵なグレーの空の作品が並びます。
会期中、ダイモンナオさんが会場に在廊してくださいますので、どうぞお越しください。

ダイモンナオ個展「グレーの空」
10月4日(火)- 10月10日(月・祝)
12:00-18:00








by maane-news | 2016-10-05 12:30
ともとかなこさんのバッグ展
c0165372_12535298.jpg
c0165372_12540406.jpg
c0165372_12535656.jpg
コンピスで始まったともとかなこさんのバッグ展『PATCHWAORK COLOR LABO』
ともとさんは、コンピスが始まった頃に雑誌アルネに紹介されたコンピスの記事を見て来て下さった。彼女自身もアルネ13号に特集で当時妹さんとのユニットで制作されていたバッグを紹介されていて、そんなきっかけが時間を経て今回コンピスで展示をしていただくことになった。
搬入日まで実際に作品を見たことがなかったので、ともとさんの作るバッグのいろんな配色がシルクスクリーンと思っていたのが、生地を縫い合わせたパッチワークの構成だということにほんとうに驚いた。
コンピスの展示も一人で空間を仕上げてくださったのだが、バッグが一番素敵に見える見せ方にも感激した。

c0165372_12541074.jpg
カッコいいデザインのバッグが並んでいますし、配色を自分で選んでバッグに仕立ててもらうコーナーも。
9月22日(木・祝)は、もともとさんが会場におられますので、関西では初めてのともとかなこさんの“布グラフィックデザインの実験”をご覧にぜひお立ち寄り下さい。
> ともとかなこバッグ展ーPATCHWAORK COLOR LABO







by maane-news | 2016-09-21 12:30
お知らせ
c0165372_10591414.jpg
冷えとり毎日の青木美詠子さんの新しい御本が発売になりました。
「あおきさんち、家を買う。」という本。
場所から、家の素材まで、青木さんらしく丁寧に見て回って、打ち合わせして。
珪藻土の壁、木の自然素材に溢れた家のようで、本の中の写真をみても気持ち良さそう。
光が入るドアも、実際見てみたいなぁ。
家を買うってほんとうにほんとうに大変なことなのに、青木さんのいつものあたたかな文章で、何度も苦笑したりうなずいたりしながら読んでしまいました。
次の住まいを考えはじめた人にきっと役立ちます。ぜひ書店で手にとってみてください。
> あおきみノート(青木美詠子さんのHP)







by maane-news | 2016-09-16 12:30
切り抜きのつながり
c0165372_05355573.jpg
c0165372_05411105.jpg
c0165372_05405800.jpg
c0165372_05370048.jpg
c0165372_05374280.jpg
コンピスで始まったふたつの展示「ドウブツ・キリガミ展」と「Whose house?
二人ともモーネの切り抜き通信卒業生で、ノートに貼られた紙のやりとりからつながった世界が今回の展示に。
ふと思うのは、作品は紙だけなのにこんなに空間があたたかで心地よいのは、目に見えない作者の人柄が存在してるからだと。
スポーツ選手が高濃度酸素カプセルに入って身体を整えると聞いたことがあるが、今のコンピスは、そんな心地よい空気がいっぱいだと思う。
ふんわか上質な空気のコンピスにぜひお越しください。
9月17日(土)まで開催しています。*9/13(火)・14(水)は休み
> ドウブツ・キリガミ展/サトウアキコ
> Whose house?/Michiyo Sakaguchi


それから、西京極にある喫茶店サンビームでも、ドウブツキリガミ展を同時開催しています。
こちらも、ぜひおいしい食事とともに。
> サンビーム







by maane-news | 2016-09-13 12:30
食堂キュロット
c0165372_11320245.jpg
日頃、“食”でお世話になっているのは、こまっちゃんの実家のサンビームとモーネの近くのソングバードコーヒーと食堂キュロット。
この日のお昼ごはんは、食堂キュロットに。
内装も自分で手がけていて、大きなゴムの木と丸いライトとを見ると何だかいつも懐かしくなってほっとする。

c0165372_11315317.jpg
お昼は、定食にするかチキンカレーにするかいつも迷うけれど、夏の寺子屋や展示が午後から控えていたので、辛いチキンカレーにした。
「お盆休みはいつ?」と尋ねたら、お盆休みはなくて、明日11日の祝日も営業だそうで、いつもどおりの月〜金だとか。
いつもは平日しかやっていないので、お盆休みの機会にお昼ごはんも晩ごはんも食べに行けますよ〜。






by maane-news | 2016-08-10 12:30
お知らせ:モーネ寺子屋 in 仙台
c0165372_10544959.jpg
いつか東北で寺子屋を届けようと、モーネのギャラリーでの売上げや寺子屋の卒業生、作家さんの協力などみんなの力を借りて続けてきた「+1(プラスワン)」の活動。5年が過ぎて、この8月に仙台でモーネ寺子屋が実現できることになりました。
こどもたちには『虫の標本箱』を、大人の方には『ありがとうのカタチ』の内容です。
8月21日(日)、場所は、仙台市民活動サポートセンター4階(研修室5)で。
参加費はそれぞれ無料なので、手と心を動かす物作りの時間に、ぜひご参加ください。
みなさんと仙台でお目にかかれるのを楽しみにしています。


●こども寺子屋「虫の標本箱をつくる」
洋雑誌やパッケージ、ボール紙など、日常の紙を材料にして、箱の中に自由に虫を作ります。
日時:8月21日(日)10:30-12:00
定員:こども30人(対象:ひとりでハサミを使えるこども)
参加費:無料
持参物:使い慣れた工作用ハサミを持って来て下さい

●スライドトーク「対話の物作り」
●ワークショップ「ありがとうのカタチ」
前半は、病院内でのもの作りや高齢者施設でのワークショップの実例を通じて、医療者と患者の向き合い方や高齢者との対話のきっかけ作りの実例を交えたスライドトーク。
後半は、小さな京菓子を材料にして、感謝の気持ちをカタチにする、サンキューカードのワークショップ。どなたでも気軽に楽しめるお礼状作りです。
日時:8月21日(日)13:30-16:00
定員:30人(対象:中学生以上)
参加費:無料
持参物:使い慣れた工作用ハサミを持って来て下さい

●参加のお申込み
メールで、①名前・②電話番号・③参加人数を書いて、maane-contact@maane-moon.com(モーネ工房)まで
お申し込みください。
*定員になり次第締め切らせていただきます。










by maane-news | 2016-08-01 12:30
「越前和紙の紙あそび」
c0165372_14044866.jpg
c0165372_14050408.jpg
c0165372_14045500.jpg
コンピス・プロフィールギャラリーでは、モーネの「切抜き通信寺子屋」で学んだ福井の3人による「越前和紙の紙あそび」を開催しています。
福井県今立(いまだて)伝統の和紙を使ったポストカードや便せん、ポチ袋、紙袋、ブローチなど、3人それぞれの紙あそびを展示・販売。
オリジナルの紙もの、紙雑貨が並んでいますので、コンピスで開催中の「藍洋装展」と併せてご覧ください。

> 越前和紙の紙あそび/川端美貴・野尻千恵子・三屋典子
  7月31日(日)まで、open:12:00-18:00








by maane-news | 2016-07-29 12:30
夏休み寺子屋のお知らせ
c0165372_11423485.jpg
今年もモーネの「夏休み寺子屋」を開催します。
恒例の「虫の標本箱を作る」や「時計を作る」「まめ皿・ボタンを作る」などの他に「ブローチを作る」や「風鈴を作る」など、新しいカリキュラムも用意しました。
参加対象はこどもだけではありませんので、どの寺子屋もおとなの参加大歓迎です。
是非、大勢の方に参加いただければうれしいです。
*カリキュラムやお申し込みは下記をご覧ください。
> 夏休み寺子屋







by maane-news | 2016-07-28 12:30
お知らせ
c0165372_16041053.jpg
c0165372_16043123.jpg
c0165372_16043760.jpg
モーネ寺子屋の卒業生の一人が着ていたボーダーの洋服がほんとうに素敵で、彼女が「いつかモーネでボーダーの洋服の展ができるといいのに」ということから、その洋服が國時誠(くにときまこと)さんが主宰するSTOREのものだとわかった。
実は、モーネ工房のギャラリーが始まった10年近く前、「全国をまわって洋服を売って歩いてます」とトランクを持って訪ねて来た『寅さんみたいな人やなあ』と思った若い男の人が國時さんだったことを思い出し、9年越しに今回の展示会を開催していただくことに。
STOREのボーダーの洋服は、同じ幅にカットされたいろんな色のボーダーを縫製して作られているので、いくつもの色の組み合せが出来る、プロダクト的な作り方がとてもユニークですごいデザインの仕組みだと思う。
ひとつひとつボーダーの組み合せが違うので、カタチが同じでも印象が違うデザインが生まれるから、一枚一枚手にとって選ぶのが楽しくなる。

STOREのボーダー展」は、6月26日(日)までコンピスで開催しています。
200点以上のボーダーアイテムの中から、誰かへのプレゼントや自分のお気に入りを見つけにお越しください。

> STOREのボーダー展






by maane-news | 2016-06-22 12:30