タグ:お知らせ ( 209 ) タグの人気記事
フリーマーケットのお知らせ
c0165372_21195480.jpg
今週末の日曜日(1/29)にモーネのフリーマーケットを開催します。
モーネの仲間や寺子屋の生徒たちの“古くない古着”や日用品、本、アクセサリーなど。
フローリストの花器や布作家の試作の服や雑貨の試作品も。
秋の瀬戸内モーネの移住に向けて整理するモノたちも並びます。
ちいさなフリーマーケットですが、お気軽にお立ち寄りください。

モーネのフリーマーケット
日時:1月29日(日)11:00-16:00
場所:モーネンスコンピス
*出展品に関する問い合せは受付けていません。












by maane-news | 2017-01-24 12:30
二つの展示が始まります
c0165372_07062211.jpg
c0165372_07062982.jpg
コンピスで今年最初の展がふたつ始ります。
グラフィック工芸コース2期生がモーネ寺子屋を卒業した時に「みんなと会えなくなるのがさみしいから『日めくり』があったら毎朝会えるやん」と口にした私のお願いごとを5年も続けてくれた『日めくりカレンダー展』
搬入の時、一枚一枚カレンダーにマスキングテープを貼るために裏返したら、「ありがとうございました」と書かれていた。
みんながモーネを想って届けてくれた「モーネ寺子屋の卒業の宿題」は、豊かであたたかです。
> 卒業の宿題・5年間の日めくりカレンダー展

c0165372_07063905.jpg
c0165372_07064812.jpg
二つ目は、『モーネの園芸部』の展示。
seiken工作所が毎年屋上で育てているトマトの水耕栽培を教えてくれたことから『モーネの園芸部』というニックネームで呼ばれることになったよしかわさんご夫妻。お二人は、ほぼ毎日同じ植物を見て、ご主人はカメラでよしかわさんは絵に描いて記録している。
何冊もの植物の記録は、心に酸素がいっぱい入ってきて、コンピスは一足早い春のような空間に。
今月28日まで開催(1/24・1/25は休み)していますので、二つの豊かな展示にぜひお越し下さい。

by maane-news | 2017-01-21 12:30
新しい本が形に
c0165372_16374079.jpg
香川・善通寺の「四国こどもとおとなの医療センター」が建設される時、ホスピタルアートディレクターの森合音さんを通じてモーネも初めての病院内でのもの作りに関わった。同じ頃、私の両親が何度か入院することになって、自分や家族ができる小さな工夫を実行した。この二つの経験が、思う心をカタチにして届けるビタミンのようなもの作りがあることを知った。その工夫を2年半の時間をかけてじっくりと一冊の本『大切な人が病気になったとき、何ができるか考えてみました』(筑摩書房)にしていただきました。発売は、2月10日です。
多くのみなさんにご覧いただければうれしいです。

c0165372_16471938.jpg
2月12日(日)から19日(日)まで、コンピスで出版記念展を開催します。会期中は会場で、寄り添う人も医療に携わる方にも、自分たちにできる小さな工夫をお話したいと思っていますので、ぜひお立ち寄りください。
> 『大切な人が病気になったとき、何ができるか考えてみました』出版記念展

c0165372_16375298.jpg
c0165372_16380141.jpg
c0165372_16381967.jpg
また、出版記念展の前日、2月11日(土)には、森合音さんを迎えてトークイベントを開催します。参加希望の方は、下記のページをご覧ください。
> トークイベント『きっとちゃんと届いてるんだと思う』









by maane-news | 2017-01-18 12:30
「りんご祭マーケット」始まりました!
c0165372_22120161.jpg
c0165372_22121553.jpg
c0165372_22122576.jpg
c0165372_22123997.jpg
飯綱から京都に戻った翌日にモーネの「りんご祭マーケット」の展示をして、迎えた初日のオープン早々多くの方がコンピスに来てくださいました。
中林ういさんのりんごのコースターはじめかわいいりんごモチーフの雑貨やキュロットさんのグラノーラなどりんごのおやつ、もちろん飯綱から運んで来たりんごもたくさん。会場には、美味しくてあたたかな手仕事が並んでいます。
> りんご祭マーケットの会場の様子

c0165372_22141601.jpg
りんご祭マーケット」はものを販売するだけでなくて、伝えたい想いは人の繋がりと豊かさ。
信州・飯綱に暮らす中林ういさんを通じて出会った飯綱の三水(さみず)郵便局長さんと繋がる人の輪はとても温かで、局長さん家のりんご祭で感じた『豊かさ』が京都に戻って来てからもその余韻が体のどこかに残っている。
りんご祭に参加させてもらった私たちも生徒たちもこまっちゃん一家もきっとそんな風に感じていると思う。
こまっちゃんは「何だかこどもの頃に遊園地に行った時のワクワク感と幸せな風景が周りにあって、夢みたいでした」と思ったそうだ。
私は、りんごが赤い小さな星のようで、宇宙にその赤い星を狩りに行ったような気持ちになったと思った。
今回のモーネの記念写真は、りんごの○。
局長さん家のしあわせなりんご祭の様子は会場で映像を流していますので、そちらもたのしみにいらしてくださいね〜。
> りんご祭マーケット






by maane-news | 2016-11-29 12:30
お知らせ
c0165372_16481261.jpg
モーネが始まった頃、お店のグラフィックに関わらせてもらった『ウーバレゴーデン』というレストラン。2年半前にクローズになったのですが、そこで企画からレストランの運営に10年間主軸で携わられていた川浪(かわなみ)さんが、彼女の妹さんとお友達の3人で新しい場所を23日にオープン。
今回も同じようにグラフィックをと声をかけてくれたけど、若い世代の感覚の方がきっと合っているからとお店のロゴマークだけ関わらせてもらった。
お店の想いをインタビューしたら、お店の名前「MONTO TABLE」の“MONTO”がエスペラント語で山を意味していて、山が整うと川の水がきれいになり、食材も豊かに実ることから「山と繋がりのある食卓をと思っているんです」と話してくれた。
それを聞いた時にデザインの進め方を思いついて、「3人それぞれ三角形をハガキに描いてモーネに送って」と、宿題を出した。
届いた三角を3つ組み合わせて、ここからはデザイナーさんにと川浪さんに送った。
デザインができましたと届いたカードは、3人の三角の底辺がなくなっていて、この方が大きな山が表れていてすごくよかった。
宿題を組み合わせて返球したら、またよりよい形になって戻ってきた。
一人でデザインしない、コミュニケーションしながら作り上げるグラフィックデザインが今一番おもしろい。

c0165372_16484111.jpg
先日のオープニングにちょこっとお店に。
店内の雰囲気は余計な装飾をせず、大人っぽい空間だった。

c0165372_16491139.jpg
c0165372_16494094.jpg
自然農の野菜を使った食事と食材やオリジナルのクッキー、ドレッシングなどもやさしい味の販売も。
いつかお店をという夢のカタチを見ることができて、すごくいい刺激になった。
阪急六甲駅近くですので、神戸に行かれる時はぜひ。

> MONTO TABLE










by maane-news | 2016-11-23 12:29
切り抜き通信寺子屋・追加クラス募集のお知らせ
c0165372_21470605.jpg
c0165372_21471791.jpg
c0165372_21473608.jpg
先日開始した来年度の「切り抜き通信寺子屋」ですが、早くも定員を越えるお申し込みがありました。
たくさんの方がこの通信寺子屋に興味を持ってくださっていることがうれしいです。 
もちろん新たに申し込んでくださった方が大半ですが、2年間通信寺子屋を続けて今年で修了する通信生が、もう一回続けたいと申し込んでくださったり、同じく修了する生徒が次はこどもにもと申し込んでくれたりと、切り紙でのつながりや広がりを感じることができてほんとうにありがたいなぁ。
それで、先に書いたように、お申し込みの状況から来年は定員を増やして通信寺子屋を2クラスやることにしました。すでにお申し込みいただいている方を「1年A組」として、毎月のノートの提出日を別にした「1年B組」を追加で募集します。
クラスは違っても内容は変わりませんので、紙のキャッチボールに興味がある方はぜひ。

by maane-news | 2016-11-19 12:30
「切り抜き通信寺子屋」募集開始
c0165372_15481019.jpg
2017年度の「切り抜き通信寺子屋」の募集とお申し込みの受付けが始まりました。
「グラフィック工芸コース」は10期生募集が最後だったので、来年は「通信寺子屋」の募集だけになります。
遠くにお住まいの方やご都合でモーネに通えない人にも参加できる寺子屋をと始めましたが、毎年約20名の方から毎月送っていただく切り抜きノートと向き合って、気がつけば8年目を迎えることになりました。

c0165372_15425723.jpg
「切り抜き通信寺子屋」は、以下のように進めながら取り組んでいただきます。
まず、切り抜くモチーフ―自分の好きなカタチをひとつ決めます。
決めたモチーフをできるだけ毎日ひとつ切り抜いてノートに貼り、毎月ノートとモーネに送っていただきます。
モーネに届いたノートを見せていただき、一人一人それぞれの次回の切り抜きの方向を刺激する「処方箋」を添えてノートと共に送り返します。

c0165372_15434216.jpg
c0165372_15474018.jpg
ノートには気がついたことを書いた付箋を貼ってお返しします。
一人で続けるのは難しいけど、手を動かして生み出された切り抜きの感想の言葉を受けとることでまた次に向かえる。こんな紙のやりとりの1年間続けることで、その人が持ってる個性に自分自身が気付いてゆく、そんなアナログな通信講座です。
来年一年間、多くの方に切り抜きと向き合っていただけるのを楽しみにお待ちしています。

*お申し込みほか、興味のある方は下記をご覧ください。









by maane-news | 2016-11-15 12:30
お知らせ
c0165372_06421130.jpg
拙著「老いの暮らしを変えるたのしい切り紙」が台湾で翻訳されて先月出版されました。
モーネの仲間のもの作りの本が何冊も翻訳されて出版されていますが、切り紙を通じた父とのコミュニケーションを書いた本が台湾の方にも読んでもらえることがほんとうにうれしくて、ぜひ多くの方に手にとっていただけるよう願っています。

また、出版を記念して、来年3月末に台北にあるレトロ印刷JAMで展示とワークショップを開催します。
台湾のみなさんとお目にかかれるのをとても楽しみにしています。
日時や詳しい内容は決まり次第お知らせします。

台灣的朋友,大家好!《老爸的剪紙課》(積木文化)這本講述如何以剪紙為契機,
促進長者和子女溝通的書籍,已經在台灣出版了!本書作者即將在2017年3月底
於台北「RETRO印刷JAM」舉辦紀念展和workshop手作教室等活動,邀請台灣朋友
一起來參與,期待與大家見面!(詳情將於日後公佈敬請期待)






by maane-news | 2016-11-09 12:30
切り抜き通信寺子屋 展
c0165372_18301667.jpg
c0165372_18312369.jpg
c0165372_18304851.jpg
モーネの文化祭と同時に開催中の今年の「切り抜き通信寺子屋展」。
1年生は、今年1月から続けている9ヶ月間切抜いたノートを展示、2年生は、切り抜きモチーフから展開したカレンダーや本をそれぞれ展示しています。
「切り抜き通信寺子屋」は、素材の紙を見つけ、切ってノートに貼るというシンプルな手作業を積み重ね、続けるプログラムです。
教わる、習うというスタイルではなくて、続けることで今まで気づいていなかった自分自身の個性に気づくことができるユニークな通信講座です。
ずっと続けたみんなのノートから、少しずつそんなことが感じられて、これからどんなカタチになってゆくかとても楽しみです。
展示しているノートは、手にとって自由にご覧いただけますので、ぜひ会場でご覧になってください。

今月から、来年度の募集もスタートします。
3日(木)は、通信生対象で「切り抜きノートから型染めへの展開」のスクーリングを母屋で開催します。興味のある方は、1Fの母屋の方も覗いてくださいね。







by maane-news | 2016-11-02 12:30
展覧会のお知らせ
c0165372_15285627.jpg
c0165372_15292637.jpg
c0165372_16395192.jpg
ダイモンナオさんの個展「グレーの空」をコンピスで開催中。
並んだあたたかな色調の作品がコンピスを心地よい空間にしてくれています。
10日(月・祝)まで展示していますのでどうぞお越しください。
> ダイモンナオ個展「グレーの空」







by maane-news | 2016-10-07 12:30