タグ:お知らせ ( 209 ) タグの人気記事
雑誌連載のお知らせ
c0165372_09511018.jpg
書店では取り扱っていない年間予約購読の雑誌『清流』に、今月発売の8月号から2年間の連載が始ります。
切り紙の本『老いのくらしを変えるたのしい切り紙』と病院の本『大切な人が病気になったとき、何ができるか考えてみました』を読んでくださった出版社の方から、紙で人と人の楽しい会話の工夫の提案ができませんかと依頼をいただいて連載を引き受けることになりました。
タイトルの『ひだまり通信』の文字は、グラフィック工芸コース4期生の八島一恵さんに、季節に合わせて色を変えて制作してもらいました。
毎月2ページですが、この号は父の切り紙のことと合わせて4ページも取材していただきました。
本屋さんでは手にとって見ていただけませんが、どこかで手にすることがあればご覧ください。







by maane-news | 2017-07-11 12:30
夏のモーネ寺子屋のお知らせ
c0165372_11131823.jpg
夏のモーネ寺子屋開催のお知らせです。
今年は、8月5日(土)と8月10日(木)〜13日(日)までの合計5日間、コンピスで開催します。
こどもだけでなく大人も参加いただけますので、親子やお友達と一緒に夏休みのもの作りにどうぞご参加ください。
お申し込みほか内容など詳しくは下記をご覧ください。
> 夏のモーネ寺子屋

c0165372_11163132.jpg
また、夏のモーネ寺子屋開催日には「2018モーネカレンダーを作る」も同時開催。
京都モーネのDMやフライヤーなど10年間の紙もので数字を切ってカレンダーを作ります。
各日10時30分〜13時の間でいつでも参加いただけます。
当日のお申し込みもできますのでどうぞご参加お待ちしています。

c0165372_11134046.jpg
夏のモーネ寺子屋に参加くださった方には『MAANE◎SETOUCHI』の刻印の入った鉛筆を差し上げます。
今年で最後のモーネのもの作り時間にどうぞお越しください。

c0165372_11133429.jpg
夏のモーネ寺子屋開催期間中、コンピスのプロフィールギャラリーで「100枚のクマのパンツ展」を開催します。
グラフィック工芸コース8期生の「脚立」こと馬場千愛の作るいろんな表情の陶器のシロクマのブローチが並びます。
> 100枚のクマのパンツ展








by maane-news | 2017-07-07 12:30
お知らせ
c0165372_17555091.jpg
c0165372_17585180.jpg
c0165372_17545037.jpg
コンピスで児玉桃子(こだまとうこ)さんの展覧会『mix / touko kodama exhibition』が始りました。
まだ学生だった時にギャラリースタッフとしてモーネに来てくれた桃子ちゃん。こまっちゃんの後を引き継いで、工房の仕事も手伝ってくれてもう3年がすぎたかな。
大学の染織テキスタイル学科を卒業した後も、シルクスクリーンの制作を続けていて、1年くらい前に「今年で京都の区切となる最後に何かおもしろい実験の展示をしてほしいなぁ」と彼女にお願いをしていた。
作品の搬入日に初めて彼女の中にある世界を見せてもらったのですが、いつももの静かな桃子ちゃんのどこにこんなパワーが存在してるんだろうと驚いた大きな作品。
私とはずいぶん歳が離れているのに彼女の作品に歳の差を感じないのは、シンプルに手を動かして描くアナログの積み重ねの先に生まれる作品だからなぁ。
大きなコンピスの空間と共鳴しながら空気感のある展示に着地してくれたのも、モーネに来てからずっとコンピスを見ていてくれていたからだと思う。
7月2日(日)まで開催していますので、ぜひ彼女の心地よい色と技法の実験にお越しください。
> mix / touko kodama exhibition







by maane-news | 2017-06-27 12:30
お知らせ ×3
c0165372_20535498.jpg
6月15日(木)の夜9時半から、Eテレの「すてきにハンドメイド」に布構成家の丹羽裕美子さんが出演します。
『フラワーアップリケで夏コーデを楽しむ』がテーマ。
白いTシャツにアプリケするだけで楽しめる、丹羽ちゃんらしい夏が元気になる提案です。
是非、ご覧下さい。

c0165372_20540022.jpg
モーネの本を数多く手掛けてくださっているハワイが大好きな赤澤かおりさんが枚方・蔦屋書店でトークイベントをされます。
梅田で開催された時に伺ったのですが、楽しい会話とハワイの風に吹かれているかのような心地いいライブの時間でした。
ハワイ好きの方に是非おすすめするイベントです。
> Aloha Hawaii❤︎

c0165372_20540830.jpg
うめだ阪急10階の“うめだスーク”中央パークで『スーク紙市』が開催さています。
いつも10階に常設していただいているモーネ購買部も参加してモーネの仲間のカードをいつもより多く出展していますので、こちらへも是非お立ち寄りください。
6月20日(火)まで開催中、最終日は午後5時で終了
> スーク紙市







by maane-news | 2017-06-14 12:30
お知らせ
c0165372_15160586.jpg
c0165372_15161374.jpg
コンピスでは、昨年に続いて京都工芸繊維大学・建築学生による「造形遺産2017」を開催中。
実在する、使うことも捨てることもできなくなった道路やダム、高架橋などの構造物を「造形遺産」と位置づけ、遺された巨大な構造物、建造物を壊すだけでなく、どう再利用してゆくかをユニークなアイデアと発想で提案。
学生たちが取り組んだ「造形遺産」の提案から3点が俯瞰で見ることのできるスケールモデルと具体的な内容をパネルにして展示されています。
6月18日(日)まで、コンピスで開催していますのでどうぞお越しください。
> 造形遺産2017  *OPEN:12:00-18:00・休み:6/13・6/14






by maane-news | 2017-06-11 12:30
お知らせ
c0165372_11413415.jpg
c0165372_11513606.jpg
ギャラリーでは梅崎由起子(うめさきゆきこ)さんと丹羽裕美子(にわゆみこ)さんによる「藍洋装展」を開催します。
藍染作家:梅崎由起子が染めた北欧のテキスタイルのような藍の布を布構成家:丹羽裕美子が洋服やバッグ、ストールなどに仕立てた作品を展示・販売します。
今週末5月28日(日)まで開催していますので、すてきな藍の装いをお楽しみにどうぞお越しください。
> 藍洋装展







by maane-news | 2017-05-23 12:30
こまっちゃんの場所
c0165372_13380638.jpg
「サンビームのショップカードが出来たんです」と、こまっちゃんがモーネまで届けに来てくれた。
ずっと前から作りたいと言ってたように、友人のイラストレーター松栄舞子さんの絵とデザインだとか。
緑に囲まれた心地いいサンビームにぴったりのかわいいカードに感激!

c0165372_13381521.jpg
「ねえねえ、それならこまっちゃんが考えていたお店の中に本棚を作る夢も実験してみようよ」と、錦市場の近くの場所を借りて一人でモーネを始めた時に工作所が作ってくれた本棚をサンビームに。
こまっちゃんの好きな料理本や暮らしの本を並べて、松栄さんの原画も飾ってみたらすごくいい空間に。

c0165372_13382288.jpg
そして、先日コンピスで展覧会をしてくれたみかもん(美甘奈津子さん)から、この作品はこまっちゃんにと預かった“さくら”と“レモン”の紙のタペストリーを天井から吊り下げた。
何だかみかもんの住むスイス・バーゼルのカフェような空間になって、こまっちゃんもみんなも大感激!!
この場所で、こまっちゃんの作るシフォンケーキとコーヒーでゆっくり本を読むのが愉しみになった。
こまっちゃんはお店のリニューアル計画の夢をまだまだ考えていて、工作所もスケッチを描いて準備中なのでそちらも楽しみ。
新緑の気持ちいい季節なので、ぜひお出掛けください。
> サンビーム(京都市右京区西京極新明町21)









by maane-news | 2017-05-10 12:30
お知らせ
c0165372_12575178.jpg
c0165372_12575976.jpg
c0165372_12580528.jpg
今のモーネ工房が始った10年前から非常勤講師をさせてもらった母校の京都市立芸術大学のプロダクトデザインの課題のひとつとして石こう型を使ったうつわ作りを学生に向き合ってもらった。
今年の秋に瀬戸内に移住することもあって、先生や卒業生の提案で、これまで学生が作ったうつわを集めてギャラリーで展示しましょうと卒業生に声をかけてくれて、GWの期間「うつわづくりープロダクトデザインの初めの一歩」と題した展覧会を開催してくれました。
お茶をたのしむ時間・お酒を楽しむ時間を課題の副題に制作した10年間のいろんなカタチが並んでいます。
明日(5/7)までコンピスで開催していますのでどうぞお立寄りください。

c0165372_12581236.jpg
展覧会の初日の夕方、卒業生がコンピスに来てくれて懐かしい顔と再開。
オープニングパーティと聞いていたのに、実は先生への謝恩会でもあるんですとサプライズにびっくり。
ビジュアルデザインの非常勤だった由季さんまで一緒にお花もいただいて、卒業生の気遣いに感謝。
みんな元気でいつか瀬戸内モーネに遊びに来てください。その時にまたいろんな話ができればうれしいです。
ありがとうございました。/seiken工作所*






by maane-news | 2017-05-05 12:30
展覧会のお知らせ
c0165372_21262723.jpg
c0165372_21285560.jpg
遅くなりましたが、コンピスで開催中の2つの展覧会のお知らせです。
スイス・バーゼル在住の“みかもん”のこと美甘・シュタウファー・奈津子さんの「MIKAMON 2017 凹凸封筒展示販売会」
一年間かけて一枚ずつ手でエンボス(凹凸)の花や線、幾何形の紋様を描いた70種類の封筒を展示しています。
僅かな凹凸が白い紙に様々な印象を生んで、シンプルだけどそれが潔さと深さを感じさせてくれる作品です。
> MIKAMON 2017 凹凸封筒展示販売会

c0165372_21304600.jpg
また、プロフィールギャラリーでは、切り抜き通信寺子屋の卒業生の「Akiko Kawanaコラージュ作品展」を開催。
彼女の選ぶ味わいがある紙とそれらを大胆にカットして作られた動物や植物のコラージュの楽しい作品を壁いっぱいに展示しています。
> Akiko Kawanaコラージュ作品展

白い紙の静かな空間と色がたくさんのコラージュが、思ってもいなかったコントラストのおもしろいコンピスの空間になりました。
今週末の4月23日(日)まで開催していますのでどうぞお越しください。








by maane-news | 2017-04-18 12:30
お知らせ
c0165372_18222512.jpg
c0165372_18223318.jpg
2月に発売になった新著『大切な人が病気になったとき、何ができるか考えてみました』(筑摩書房)を雑誌「ダ・ヴィンチ 5月号」(メディアファクトリー)と「クロワッサン No947」(マガジンハウス)で紹介していただきました。
紹介してくださる内容が編集の方それぞれの目線で綴ってくださっていて、それがこの本の個性なんだとあらためて感じながらとてもありがたく思います。
書店で見かけたら覗いてみてください。







by maane-news | 2017-04-11 12:30