タグ:お客さま ( 5 ) タグの人気記事
長野デー
c0165372_1117308.jpg
朝、郵便ポストに一昨年松本に移住された大学の先輩早智さんのお孫さんの写真が同封されたお手紙が届いたのに続いて、飯綱町からりんごを届けにきましたと「大地」の青ちゃん一家がモーネを訪ねてくださった。夏に伺った時に流しそうめんをごちそうになったり「大地」のことをお話しくださったお返しにモーネの隅々を紹介させてもらたらとてもおもしろがってくださった。奥さんがモーネの近くにご実家があるとのことで、こらから毎年りんごを届けに来ていただけることに。
夕方には穂高のローズコテージの飯田さんと宮嶋さんご夫妻が安曇野から訪ねて来てくださり、たのしいお話を交わしながらこまっちゃんのこまかないを楽しんでいただいた。飯綱町での「切り紙展」でお会いした方みんなと偶然日が重なってうれしいびっくりの一日。
今週末にはういさんと栗ちゃんも立ち寄ってくれるそうなので、また長野デーになるかも。
by maane-news | 2013-12-04 12:30
特別出張料理
c0165372_5492718.jpg
9月は井上の母と工作所の誕生日なのでと久しぶりに平山由香さんがモーネに来てくれた。最近は神戸の自宅まで行く機会がなくて「きょうの料理」に出演しているのをテレビで見ることの方が多いので、それではとモーネの台所でタイ料理を作ってくれた。やっぱり料理する手の動きがきれいで「テレビ見てるみたい~」といいながらパチリ。

c0165372_5494410.jpg
c0165372_550219.jpg
この日はグリーンカレーとタイ北東部のラオス料理に近い茄子と豚肉の料理。知り合ってから20数年以上も由香ちゃんのお菓子や料理を食べさせてもらってるけど、いつもほんとうに美味しくて、まるで印象派の絵のようだと感じる。料理も作る人がそのまま現れるんだなぁと思う。「また来て、また来て」とおねだりした。横でお手伝いをしてくれたこまっちゃんのアシスタントぶりも感激してくれてなんだかうれしかったなぁ。素敵な贈物をありがとう!
by maane-news | 2013-09-28 12:30
土はともだち
c0165372_1653090.jpg
1期生のうえちゃんがモーネに来てくれた。以前作った陶器のチーズボードの使い勝手がよくて、また作りたいということで、1時間あまりで直径25、6センチ、厚さが1センチほどのまるい土のお皿が2枚できた。縁のところがほんの少し立ち上がっている以外はシンプルで何とも潔いカタチ。とても素敵なチーズボードになりそうで窯入れが楽しみ。/seiken工作所*
by maane-news | 2013-08-26 12:30
母の日に
c0165372_012473.jpg
c0165372_013586.jpg
こども寺子屋を卒業して中学生になったひとみちゃんがモーネに来てくれた時、今年の母の日に作ってお母さんに贈ったスケジュール帳を見せてくれた。こども寺子屋の時、4期生のゆいちゃんが講師でやってくれた「製本ノート」の作り方で、カバーはお母さんのイニシャルも刺繍されていて、中ページの絵はちいさな弟に描いてもらったそう。家族の誕生日も書いてあって…。
「私、泣いちゃうな、こんなノートを見るだけで…」と言ったら、「お母さんも泣いた」とひとみちゃんが言った。モーネの寺子屋は大人もこどももこんな風に人に想いを届けることを知ってほしいから、忍法『想いをカタチにする術』をマスターしたひとみちゃんは卒業できたね!
by maane-news | 2013-07-08 12:30
切り紙のつながり
c0165372_7201719.jpg
先月、赤旗新聞の日曜版に切り紙のことを掲載していただいたら、その記事を読んでどうしても父のノートを見たいと、東京在住の93歳の方から問合せがあって、モーネのギャラリーは階段で3階まで上がっていただかなければとお伝えしていたのですが、「大丈夫だから」と息子さんに付き添ってもらって京都まで来てくださった。でも、京都までの移動で足が疲れたからと階段は一歩足を出した時にやっぱり「だめだ」と。結局、工房の寺子屋の部屋で井上の母や父のノート、切り紙の展示の写真などゆっくり見て頂いた。
新聞に載った名刺くらいの大きさの父のノートの写真を見て、京都まで来たいと思う93歳。
おばあちゃんは最後に一言「やっぱり見ないとね」とおっしゃって、自分の目で見ることを教えていただいた。忙しいからは言い訳だよって、明るいおばあちゃんの笑顔の写真を見るとそう自分に言い聞かせている。
by maane-news | 2013-07-06 12:30