タグ:うれしい出来事 ( 38 ) タグの人気記事
晴れ女
c0165372_09091457.jpg
実家のお母さんと河口湖に行っている由季さんから今朝の富士山の写真が送られてきました。
雨の予報にも「わたしは晴れ女やから」と言ってたお母さん。
夜のうちに雨は上がったそうで、さすが「晴れ女!」
秋の富士山の風景をたくさん楽しんで来てください。/seiken工作所*






by maane-news | 2015-10-28 12:30
七夕
c0165372_8542279.jpg
七夕の日、57回目の誕生日。
この日、大学に行く前に実家に立ち寄って花とケーキを届けた。
ここ数年、おめでとうではなく「ありがとう」が母への七夕。
ほんとうに時間がなくて、「ごめんね、私が来る時はいつもバタバタやね」と言ったら「わかってるやん」と母。昔の私ならここで母子喧嘩が勃発してたなぁ...と苦笑しながら実家を出ようとしたら、玄関脇に父が育ててた小さな青い花の朝顔が放ったままでもちゃんと葉っぱを伸ばしていたので、父にハロ〜と声かけて大学へ猛ダッシュ〜!

c0165372_8543613.jpg
大学からモーネに戻ったら、七夕メールやカードや贈り物が届いていた。
今年も雨で天の川は見えなかったけどモーネにはピカピカの星がいっぱい。
7月7日生まれってほんとうにラッキーですごく幸せだなぁ〜と毎年そう思う。
夜、ハスムカイのソングバードさんが「今日届いたビールに入っていたので」と鯛が2匹の『ラッキーエビス』を持ってきてくれた。
10年以上も前だったか、七夕の日にごはんを食べに出掛けた時に偶々ラッキーエビスに出会ったことがあったので、これで2度目の『七夕エビス』
今年の七夕は、これからのモーネのことを2つ決心したから、きっとその決心は2匹の鯛のようにおめでたいことだと、夜中にシュポンと開けて工作所と乾杯した。
by maane-news | 2015-07-09 12:30
同級生
c0165372_18551045.jpg
3期生のかおりんが先月結婚して、同級生達が企画したお祝いの会に私と工作所も招かれた。
かおりんが寺子屋を卒業した時の制作もそれからもレース糸で輪っかを編んだカードやアクセサリーの作品を作り続けてる。
彼女の作る作品の名前「ene」にちなんで透ける紙の幸せの輪っかが降ってくる、すごく素敵な空間のディスプレイを同級生達みんなが手掛けてくれた。
1時間前まで後輩達「ろ」組が型染めの授業をやっていたのに、たった1時間程でびっくりするくらいコンピスの空間が変っていた。

c0165372_18571619.jpg
モーネの集いはいつものように一人1品持ち寄りで。

c0165372_18555451.jpg
こんなあったかな友達を想う集まりができるなんて!
これが、寺子屋時間で投げたボールをちゃんと心でキャッチしてくれたことなんだと涙ぐんだ。
誰かを想って手と心を動かして生まれるものほど美しいものはないなぁとつくづく想う。
人に想いを届ける造形は清らかだとほんとうに感動した私。
幸せの輪っかが舞い降りるそんな集まりがまたあってほしいと、この輪っか達はモーネでしばらく預かることにした。
by maane-news | 2015-06-22 12:30
4の日
c0165372_22484134.jpg
かえるちゃんの展の初日に4期生の“のちりん”がやって来て、かえる食堂の展示をゆっくり見た後で「さて〜、今日は何日でしょうか?」と紙袋を手渡された。「あっ、4の日!」
お店の紙袋にグリーンやイエローの絵具で山の絵が描き足されていて、言われないと気がつかなかった。こんなアイデアもあるんだな。面白い!

c0165372_22485270.jpg
同じ時にコンピスに来ていた5期生の彩ちゃんたちとのちりんからの頂き物ですぐにお茶時間。
大阪土井の梅すこんぶ、おいしかったぁ。
3周目のお茶時間のに感謝。
by maane-news | 2015-04-10 12:31
8周年
c0165372_642942.jpg
c0165372_6542789.jpg
4月7日で8周年になるコンピスの空間が少し?、もしかしてずいぶん変わりました。
アルフェテ工作室がコンピスのショップを新しく空間ごと創ってくれて、アルフェテ工作室×seiken工作所で「枝つき商店」と名付けた新しいカタチが動き始めました。
いろんな作家の作品と併せて古本もたくさん並んでいます。
ポストカードが並ぶ棚もたのしいものになりました。
しばらくはプレオープン状態なので、本格的に開店する時はまたお知らせしたいと思いますが、アルフェテ工作室の代表の八木くんは、私たちのいろんな想いに共鳴してくれて、そして30代の若い感性と行動力でグングン引っ張ってくれてどんどんわくわくする場所になりそうです。

c0165372_6422167.jpg
c0165372_6541382.jpg
それから、今までショップだったスペースは工作所がいろんな人のおもしろい実験を見せたいと「プロフィールギャラリー」と名付けた空間になりました。
4月12日(日)まで、『はじめましてアルフェテ工作室です』と名付けた展示をしていますので、『広島のかえる食堂』と併せてご覧ください。
8年目からのおもしろおかしいモーネのカタチを見に来てくださいね。
by maane-news | 2015-04-07 12:30
ご・はんのとも — アドベント・プレゼント
c0165372_22361881.jpg
今月15日の“ご・はんのとも”の日にフッチーから荷物が届いた。

c0165372_22363329.jpg
箱の中には、英字新聞で包まれた10個の包み。
それぞれにNo.がついてるということは毎日1つずつ開けるという贈り物らしい。
こういう待たされることがすごく苦手な私は「あけたらダメ?」とメールをして聞いてみたら絶対ダメだと返信。仕方なく新聞紙の上からの手探りで想像することでがまんした。

c0165372_22365963.jpg
今年最後のコンピスのイベント「箱市」が終わって気がつくと包みはあと1つになった。
最初がレモンだったので気がつかなかったけれど、このカッコいいパッケージは全部フッチーが描いてくれたものだ。こんなデザインがあったらすごくたのしいなぁ。
アンチョビの缶なんて実際にあったらいいと本気で思う。

c0165372_22371661.jpg
どの包みにも後ろに言葉が書かれていた。
15日からずっとフッチーと会話していたみたいな気持ちになった。
相手がどんなに感激してくれるかを考えながらラッピングするのが好きでこれまでいろんな包み方を実践してきたけど、こんな贈り方は思い付かなかった。
心にぐっと届く素敵な贈りものをありがとう!
最後は何かな〜?
by maane-news | 2014-12-23 12:00
「4の日」と「ご・はんのとも」
c0165372_11195578.jpg
スイスに行ってるからと今月は14日にのちりんから届いた「4の日」のお茶時間。
そういえばバーゼルでは夕暮れに月が見えて、着いた日は細い三日月だったのが帰国する朝は低い丘の上に白い満月が見えたことを思い出した丸い黄色の包み。

c0165372_11203310.jpg
包みを開けるとナッツとラベンダーのお茶が入っていた。
ナッツはお茶よりもお酒のお供になりそうとのちりんに伝えた。

c0165372_1124745.jpg
翌日の15日は5期生の「ご・はんのとも」。
11月は委員長セレクトのパスタセット。

c0165372_11232963.jpg
何と食前酒のリモンチェッロまで入っている。

c0165372_11234188.jpg
何よりうれしかったのはスイスの疲れが取れるようにと大好物の野菜のマリネを作って同封してくれていたこと。
ちょうど1年前、長野の飯綱町での切り紙展に委員長も一緒に行ってくれたことを懐かしく思い返しながら、ゆっくりしたお休みの日にいただきますとメールを送った。
by maane-news | 2014-11-21 12:30
病院の中に
c0165372_1321441.jpg
c0165372_13212280.jpg
c0165372_1322213.jpg
去年ホスピタルアートで関わらせていただいた香川の「四国こどもとおとなの医療センター』。
小児病棟の各フロアの壁に設けられた毎月作品が変るニッチコーナー、今月は「あっ!りんごのき」。
一年前のこの季節に長野での切り紙展に出掛けた時に、木にも地面にもりんごが溢れていたことを思い出して、ここでアートディレクターをされている森合音(もりあいね)さんに「病院でりんご祭りを」と赤い丸シールと二つ折りにした紙片を送った。
しばらくして、段ボールでモーネの生徒たちが手伝ってくれた鳥のマグネットも一緒に飾ってくださって、ささやかな季節の風景が写った3枚の写真が合音さんから届いた。
病院の中のもの作りは「これで終わり」ということはないと思う。
モーネのみんなの力を借りながらずっとつながっていけることを願っている。
合音さんいつもありがとうございます。
by maane-news | 2014-10-10 12:30
4の日
c0165372_14112100.jpg
c0165372_14111358.jpg
今月の4の日。やっしーからいろんな美味しいお茶と甘みが詰まったお茶時間が届いた。
パッケージ好きの私におすすめの包みですと書かれていたのは青森の長芋まんじゅう「雪逍遥(ゆきしょうよう)」というお菓子。りんごの手書きの絵が紺色の紙に銀で刷られててほんとうに美しい。開けて驚いたのが箱に貼っている紙が敷き紙になっていたこと。この発想は思いつかなかったなぁと、この箱は私の紙コレクションに仲間入り。
おいしいお茶時間をありがとう!
by maane-news | 2014-10-06 12:30
1期生の“豊”事
c0165372_16355724.jpg
「は」組に続いてこの日はダブルヘッダーで1期生の集まりも。
福島から稲ちゃんが帰ってくるので、東北支援の「+1活動」で集まったお金をどうするか相談しようということもあってみんなが集まってくれた。こまっちゃんも顔を出してくれた。

c0165372_1636952.jpg
ここでも花束を贈ってもらっていい笑顔のクキコ母。
横にすわっているのは7年前に味子が「い」組の時まだお腹にいた娘のマキアちゃん。こんなに大きくなっていてびっくり。
卒業してもこんな風に集ってくれること。ほんとうに幸せなひとときだと思う。
by maane-news | 2014-09-11 12:31