10期生スタート
c0165372_15212755.jpg
10期生・生活造形コースが始まった。
初日は、寺子屋の部屋を使うことになって、8脚の机に二人ずつ座って16人が定員の寺子屋に、20人の10期生をどんな風に座ってもらうか悩んでいたら、工作所がレイアウトを考えてくれて、全員がうまく人が座れて、さすがプロダクトデザイナーだと朝からテンションがあがった。
初日は、好きなものを3品持って来ての自己紹介。10期生もこれまでの先輩たちと同様なかなか濃〜い人が集合して、みんな今までに変ってると言われたことがあるというのが共通点。
愉快な仲間で、新しい「生活造形」の実験に向かってゆこうと思う。

c0165372_15192739.jpg
10期生の初日、日菓として活動していた堀部美奈子さんにお菓子をお願いした。
瀬戸内海が微笑んでたと言った私の想いをカタチにしてくれた「島笑う」という銘のおまんじゅう。いつかの夢を叶えてくれる気がした初日のやさしい甘み。






# by maane-news | 2016-04-03 12:30
サクラサク
c0165372_06214644.jpg
実家の最後の片付けに行ったら、48年前に家が建てられた時に植えた庭のカイドウザクラが咲き始めていた。
挿し木ができたら、いつかの瀬戸内モーネに植えたいなぁと枝を少し切って持ち帰ってきた。
いよいよ4月、モーネも新学期。新しい『生活造形コース』が始まる。
10期生はどんなメンバーか今からワクワクたのしみ。





# by maane-news | 2016-04-01 12:30
グラフィック工芸コース
c0165372_16472070.jpg
c0165372_16490491.jpg
4月を前に、ずっとできていなかったグラフィック工芸コース「い」「ろ」「は」各組の1月から3月までをまとめてUPします。
まず、1月の「ろ」組は、イラストレータのあずみ虫さんを講師に招いて『アルミで描く』


c0165372_16584267.jpg
c0165372_17003828.jpg
「は」組は、フードコーディネーターの原敬子さんを講師に招いての『生菓子とお茶時間』
こんな生菓子を作ってお茶と一緒に。

c0165372_16554796.jpg
「い」組は、seiken工作所が講師で、線で描く『陶のはし置き』

c0165372_18195917.jpg
3月はじめ、駒形克己さんを招き、こまっちゃんの実家サンビームのサンドイッチとドリンク付きのワークショップを夕刻から開催。
グラフィック工芸コースの生徒、卒業生とモーネの仲間も一緒に、自分のブランドを作るワークショップ『セルフブランディング』

c0165372_18204596.jpg
c0165372_18212056.jpg
翌日の午前は、こどもも一緒に参加して、赤い三角の台紙を使った『伸びる』と午後は、アイマスクを付けてのワークショップ『タクタイル』に参加。


c0165372_16515776.jpg
c0165372_16525133.jpg
2月の「い組」の『型染めのてぬぐい』は、一年間続けて来た切り「抜きノート」から紋様を作って。


c0165372_16540083.jpg
c0165372_16550218.jpg
「ろ」組の『本の表紙のデザイン』は、今年も愉快でたのしい表紙が壁に並びました。


c0165372_17035265.jpg
3月は最終回の月。
「い」組の最終回、午前は1年間の切り抜きのまとめの「気配の着地」。
午後からは、白と黒で想いをカタチにするビジュアル書道。
合評は「は」組の卒業生たちが展示しているコンピスで。
合評を一緒に聞いた卒業生たちもなつかしいがっていたモーネ定番の課題。


c0165372_17481217.jpg
「ろ」組の最終回『パッケージの実験』は、京都の地ビールと紅茶のアイテムで。
2年目となると、やっぱりそれぞれらしい仕立てになっていた。
全員「は」組に進むことになって、1年後の「もの作り」展まで自分を信じて進んでね。


c0165372_17051360.jpg
ほんとうに最後の最後になった「は」組、みんな作品はほとんど完成していて、「七茶研(ななちゃけん)」のお茶の出し方や展示の仕方の打ち合わせになった。
私も何だか授業というより、のんびりみんなとお茶を楽しんだ7期生の最終回。


c0165372_17063922.jpg
c0165372_17070897.jpg
c0165372_17072488.jpg
「い」組と「ろ」組は最終回が終わって、「は」組は「もの作り」展の搬入が終わってから、それぞれ一品持ち寄りで乾杯!
みんな、ありがとう〜!!


c0165372_18230511.jpg
7期生の「もの作り」展の搬出を終えて、熊本のヒッキー、仕事で台湾に行っているレトロンが来れれなかったけど、卒業生と記念撮影。






# by maane-news | 2016-03-30 12:30
お知らせ
c0165372_1434637.jpg
c0165372_14342037.jpg
彦根にある& Anneで、三周年記念展「本+お菓子」が始まりました。
お店の包装紙の原画を描かれた堀井和子さんや入口の家の形のオブジェを作られた橋本リサさん、植物のお世話をされている奥田由味子さんなど、3年前の& Anneオープンに関わられたみなさんがそれぞれお気に入りの本の紹介と作品の展示・販売をされています。

c0165372_14343226.jpg
モーネからもお菓子をのせたりいろんな使い方を楽しんでいただけるseiken工作所の陶器のプレートを出展しています。
4月10日(日)までの会期中、彦根城の桜も見頃になると思いますのでどうぞお出かけください。

三周年記念展「本+お菓子」
4月10日(日)まで、& Anne(彦根)で > こちら
11:00-18:00/水曜・木曜はお休み
# by maane-news | 2016-03-27 12:30
再び、香川に
c0165372_12175180.jpg
あっと言う間にひと月が過ぎて、母の四十九日の法要で香川に。
いつみても、瀬戸内は穏やかで美しいなぁ。





# by maane-news | 2016-03-25 12:30
お知らせ
c0165372_06121695.jpg
高校時代からの親友で画家の井上よう子さん。
先週の土曜日から神戸で展覧会が始まった。『記憶に漂う』と題した今までより大きな展覧会。
去年一年間描き続けた新聞連載の挿絵のほか新作のタブローが出展されています。
いつ会っても、高校時代から変らないふんわりした人柄の彼女。
人の存在の切なさ、あたたかさを絵で表現しつづけた40年以上の時間は、彼女でしかできない表現をしていると感じる。
絵の前に立った時、大切な誰かに会えるような、そんな展覧会です。

YOKO INOUE Exhibition
3月30日まで、ギャラリー島田(神戸・ハンター坂)> こちら
12:00-19:00/火曜日は〜18:00/最終日は〜17:00






# by maane-news | 2016-03-22 12:30
グラフィック工芸コース「もの作り展」
c0165372_16022031.jpg
c0165372_16023040.jpg
コンピスで7期生の「もの作り」展が始まった。
この学年は、最後まで続けたのが6人と今までで一番少ない人数で、3年目の「は」組が始まった頃、卒業の「もの作り」展が寂しくならないかと心配だった私は、「みんなで毎回お茶のブレンドを研究して、それも一緒に展示しようよ」と提案した。でも、みんなサクサク進んで、12月にはもうカタチが見えていた。
『妄想店主』なんていうネーミングでもの作り展に向かわせてしまったけど、それぞれの個性をちゃんとカタチにすることが出来て、コンピスはしっとりした大人の空間にしつらえられた。
みんなほんとうによくがんばったなぁとジンときてしまった。

c0165372_21241093.jpg
ちいさなプロフィールギャラリーでは、7期生のお茶の研究会「7茶研(ななちゃけん)」のコーナーも設けていますので、コンピスに来られたら試飲してみてくださいね。
# by maane-news | 2016-03-20 12:30
ごはんのお供と
c0165372_13253168.jpg
3月14日に、大好きな佐賀の湯豆腐と「一日早いですが、5期生のみんなから。無理せずにというお母さんからの声ですよ。」と、私の背丈程もある木蓮の鉢植えが届いた。
先週からやっといつも通りに復活して、周りのみんなから「アクセル踏みすぎ〜!」と言われて…(苦笑)。
ほんまやね、のんびり瀬戸内ペースの練習しなくっちゃ。ありがとう!

追記:
花が開くにつれて木蓮とは花の開き方が違うなぁと思っていたら、同じモクレン科のシデコブシでした。
細長い花びらが垂れ下がる様が、神社で使われる稲妻型の「四手(しで)」に似ていることから付いた名前で、英名は“Star Magnolia”(星のように咲くコブシ)と呼ばれていると調べたらそうありました。






# by maane-news | 2016-03-17 12:30
4のお茶時間
c0165372_12323427.jpg
4期生ののちりんからレモンイエローの紙に包まれたお茶と甘みが届いた。
春近し。志に感謝して。





# by maane-news | 2016-03-12 12:30
お知らせ
c0165372_17281809.jpg
c0165372_18013629.jpg
c0165372_18021111.jpg
東近江にあるヘムスロイド村で。ガラス工房を主宰されている東敬恭(あずまゆきやす)さんの「硝子、その心象風景」を3月13日(日)までコンピスで開催しています。
花器やボウル、グラスなど光を通して並んだ作品は、北欧のガラス工房のようです。
春の光がいっぱいのコンピスで、様々に表情が変わるガラスの景色をお楽しみにぜひお越しください。
> 硝子、その心象風景








# by maane-news | 2016-03-08 12:30
冷えとりのお話会
c0165372_11151602.jpg
青木美詠子さんの『冷えとり毎日』は、私も井上の母も6年くらい前から5本指の絹の靴下の重ね履きを実行しているが、ただ靴下を重ねたり、下半身を温めたり、薬とかではなくて「なぁんだ、こんな簡単にゆる〜く向き合うだけでいいんだ」と思えた。
モーネの寺子屋でも2度お話会をしていただいたのですが、青木さんご自身に冷えとりのお話を伺うと、あたたかなお人柄から、もっともっとゆるやかに冷えとりのあれこれがす〜っと自分の中に入ってきた。
またお話会があったらいいなぁと思っていたら、今月、大阪で開催されるとお知らせをいただいた。ぜひ、お気軽にご参加ください。おすすめです!!!

あおきみさんの「冷えとりのお話会」
日時:3月25日(金)10:30-12:00
場所:NHK文化センター・守口教室
> 詳しくはこちら






# by maane-news | 2016-03-05 12:30
クロッカス咲いた
c0165372_11223652.jpg
一年前、こども寺子屋で陶器のクロッカスボトルを作った時に球根を渡したけど、一定期間寒い場所に置かないといけないことを知らずにみんな花が咲かなかった。
みんなたのしみにしてたのに〜と申し訳なくて、昨年末に水栽培の育て方の注意点を添えてもう一度球根を渡したら、りゅう君から「はながさきました。うれしかったです。」と、先日写真が届いた。そうだよね〜絶対うれしいんだから。
モーネのクロッカスは、デンマークでみつけたガラスのクロッカスボトルに入れてコンピスに置きっぱなしにしてたと、見に行ったら、今年はちゃんと咲いてた〜! うれしい〜!!
みんなのクロッカスは咲いたかな〜。





# by maane-news | 2016-03-03 12:30
ご・はんのおとも
c0165372_10575310.jpg
5期生の中さんから、私がバタバタしていたのでと“ごはんのおとも”を送ってくれた。
呉出身の中さんは、いつも広島づくしのものをいっぱい贈ってくれる。こんなカッコイイoyster festivalのフライヤーと一緒に届いたのはたっぷりの生ガキ。

c0165372_10580208.jpg
太い白ネギとショウガを土鍋に敷いて、酒蒸しで。もちろんカキフライも〜!

c0165372_10581580.jpg
広島の柑橘もたくさんで、ちょっと疲れが出てきた今、ビタミンをしっかり吸収できそうな沁み入るごはんのおとも便でした。
中さん、ほんとうにありがとうね。





# by maane-news | 2016-03-01 12:30
お知らせ
c0165372_10101166.jpg
先日発売された「PHPスペシャル」の4月号増刊号『50歳から人生は楽しくなる!』で、「義母と娘のいい関係」と題して井上の母と私を取材していただきました。
書店でご覧いただければと。





# by maane-news | 2016-02-28 12:30
香川の病院に
c0165372_12434416.jpg
四国こどもとおとなの医療センターから、毎年2月に開催される「虹色ボランティア感謝会」のご案内を頂く。
開院まで関わってくれたモーネの仲間や生徒達にその現場を見てもらっていないので、今年は参加させていただき、その後病院の見学をさせていただいた。
医療センターの各フロアに作られた『ニッチ』の扉に、日頃からいろんなカタチで贈り物を届けておられるボランティアさんたちとの交流は、私達に出来ることは小さなことでもこれからも続けたい気持ちにさせてもらえた。
ホスピタルアートディレクターの森合音さんのスライドのお話も深くて、こんな感謝の会をカタチにされる病院は、ほんとうにあたたかいなぁと思う。

c0165372_12435067.jpg
c0165372_12435596.jpg
見学の最後は霊安室に。2つある霊安室に設置されたフレーム作品は、香川出身の父と母をいつか見送る時を想って制作した。
母が亡くなって半月も経たずにここにこられるとは思ってもいなかったが、モーネのみんなと母のお見送りができた日になった。
霊安室に入った時、今までで一番やさしい印象の光で「ありがとう」ということばが聞こえた。




# by maane-news | 2016-02-26 12:30
お知らせ
c0165372_11184917.jpg











*画像は one-stroke のHPから転用したものです
3月にモーネ工房でワークショップを開催してくださる駒形克己さんの新作絵本『日がのぼるとき』がイタリア・ボローニャのラガッツィ賞(ボローニャ国際児童図書賞)を受賞されました。受賞おめでとうございます!
3月6日(日)のワークショップでは、受賞された絵本『日がのぼるとき』はじめ書籍の販売もしてくださいます。
とても楽しくてあたたかなもの作りのワークショップなので、ぜひこの機会にご参加ください。
> 詳しくはこちら






# by maane-news | 2016-02-24 12:30
お知らせ
c0165372_14221927.jpg
c0165372_14222486.jpg
コンピスでは、2月28日(日)まで「BOOK & 本の居場所」展を開催中。
本にまつわるいろんな展示や販売をしますので、本の楽しみ方をみつけにお越しください。
週末(2/27)は七穀ベーカリーの七穀ベーカリーの屋台の出展も予定しています。
BOOK & 本の居場所展





# by maane-news | 2016-02-23 12:30
富士山に見守られて
c0165372_12155369.jpg
日曜日の朝、実家の母が旅立ちました。
ここ2週間、風邪が長引いていたけれど、熱も下がってデイサービスでお風呂にも入れてもらい、お粥もお味噌汁も全部食べられたという報告。
前日の夕食は私の作ったスープを飲んで、「風邪が直ったら7度目の富士山!!」と、お互いの人差し指で合図のタッチして実家を出た。
翌朝、ヘルパーさんが来る直前に息を引き取ったそうです。
あまりにも突然で。
でも、母の顔は本当にやすらかな顔。
オシャレが好きな母だったからと、妹が富士山を旅したときのベレー帽とスカーフ姿を旅立ちに選んでくれて。
遺影は母がこれと選んでいた、富士山に旅した時の写真で。
ある日突然のお別れが来ても、それが一番幸せだといってた母の願いが叶えられた。
でも、葬儀が終わって夜実家に戻った時、介護ベッドにも車椅子にも母がいない。
そのことに、号泣してしまいました。
もう、何か工夫できることはないんだなぁということが、悲しくて。
倒れてから7年間の、母との対話は心の中の宝物。
母の人生に悔いはない。
こよなく愛した富士山に見守られて、晴天の空の上に旅立ちました。






# by maane-news | 2016-02-17 12:30
ワークショップのお知らせ
c0165372_10521119.jpg
世界各地でこどもや大人たちにワークショップを開催されている造本作家・駒形克己(こまがたかつみ) さんを講師に招いて3月にワークショップを開催します。
一昨年、昨年に続いてモーネ工房で3度目となるワークショップ。
毎回ほんとうに楽しくてあたたかなもの作りの時間を多くの方とわかちあいたくて、今回も新しいプログラムのワークショップを開催くださいます。
大人もこどもも一緒にワークに参加いただけるプログラムなので、親子でも大人お一人でも参加いただけます。

●ワークショップA:『のびる』
日時:3月6日(日)10:00~12:00
真ん中に赤い三角のある折りたたまれたカードを広げると、赤い三角が3つに別れます。
バラバラになった赤い三角を自分なりのアイデアで何かに見立て、紙を切り貼りしながら作品を作ります。
*6歳以上から大人まで対象

●ワークショップB:『タクタイル』
日時:3月6日(日)14:00~16:00
終始目隠しをしながら紙と向き合うワークショップ。
文字どおり手探りの中から生まれる造形は、既製概念にとらわれず、不思議で新鮮な作品が生まれます。
*中学生以上対象

●参加費
A、B 各 大人:3,000円/親子ペア:5,000円
A+B両方参加される場合は、大人:5,000円
親子ペア参加でこどもの追加は一人:2,000円
*席に限りがありますので、付き添いや参加されないご兄弟の同席はできません。

●会場
ギャラリー・モーネンスコンピス > MAP

●参加申込み
①お名前
②参加希望のワークショップ(A・B)
③電話番号
④一緒に参加される方の人数とお名前
以上を書いて下記よりメールでお申し込みください。






# by maane-news | 2016-02-11 12:30
お知らせ
c0165372_14390344.jpg
c0165372_14393258.jpg
c0165372_14402664.jpg
コンピスでは今週末2月14日(日)まで2つの展を開催しています。
「いつか なんか アート ー集めれば愛」は、住居学・教育学者であり、また現代アートのコレクターである田中恒子さんが、生活の中で集めたものをおもしろおかしく展示(表現)します。
アートのこと、住まいのこと、教育のことなどいろんな話題を恒子さんとおしゃべりを楽しんでください。
● いつか なんか アート ー集めれば愛

c0165372_14420706.jpg
c0165372_14423702.jpg
また、プロフィールギャラリーでは、犬と猫の保護活動のチャリティ展「犬と猫とくらすとき」を開催しています。22名のイラストレーターによる作品の展示のほか展示作品や書籍の販売もあります。犬猫大好きな方はぜひお越しください。
# by maane-news | 2016-02-10 12:30
こども寺子屋募集のお知らせ
c0165372_11515658.jpg
今年度のこども寺子屋(こどもグラフィック工芸コース)の募集を始めます。
カリキュラム、スケジュール等募集案内をご希望の方は下記をご覧ください。
# by maane-news | 2016-02-08 12:30
お知らせ
c0165372_12474255.jpg
うめだ阪急の10Fで展開していただいてたモーネのハンドアートのカード、たくさんの方に手にしていただきありがとうございました。
いつもモーネのを手伝ってくれている3期生のひなちゃんが、展示の最終日に梅田に行って壁の展示に整えてくれました。
昨年の秋以来のモーネのカードコーナーがまたできましたので、うめだ阪急10Fにあるこちらにもまたお立ち寄りください。

c0165372_12483165.jpg
彦根にある「& Anne」さんに家のマグネットをたくさん作らせていただきました。
お店の名前は、アンのお家という意味もあって、いつもどんな家にするかを考えながら、今回もストライプを途中で止めた新作を含めていろんな家のマグネットを作ってお送りしました。
お菓子と本、雑貨のとても素敵なお店なので、ぜひ訪ねてみてください。






# by maane-news | 2016-02-04 12:30
豊事×豊事×豊事
c0165372_15494000.jpg
c0165372_15493355.jpg
先週、4期生4人の「4のつづき展」の最終日に4期生が集まってくれた。
この展の打ち上げもあったけど、4のつづきの一人しろの結婚のお祝いが用意されていた。
先日報告した5期生のフッチーの結婚のお祝いに続くおめでたい「豊事」。
一昨年引っ越した京都の南、南山城(みなみやましろ)村のあれこれをしろの目線でこれからも伝えていってくだい。ご主人と仲良くお幸せに。

c0165372_15494843.jpg
c0165372_15501940.jpg
c0165372_15502798.jpg
1月最後の土曜日、モーネの卒業生3人の「しましま図書室ぶねことパン」の初日に6期生が集まり、今年20歳なったこまゆの成人のお祝いとタミーの出産のお祝い。
二人のために同級生がそれぞれケーキを準備してくれて、「お酒を飲んでみたいと」いうこまゆのリクエストでシャンパンで乾杯〜。
タミーは3ヶ月になった娘を抱いて、同級生のにきたも1歳半になった娘と一緒に参加してくれた。結婚、出産、成人、そしてお母さんになってと寺子屋のみんなが卒業してそれぞれ次のステージを迎えてもこうやって「豊事」ができるのはモーネらしくていいなと思う。

「4のつづき展」に「しましま図書室ぶねことパン」、それに「切り抜き通信寺子屋展」も開催したのでモーネにはほんとうに大勢の卒業生が顔を出してくれて、今年の始まりは、豊事×豊事×豊事の一ヶ月でした。
みんなありがとう&元気でね〜。/井上由季子+seiken工作所*





# by maane-news | 2016-02-02 12:30
お知らせ
c0165372_18271636.jpg
c0165372_18354750.jpg
c0165372_18275531.jpg
モーネのギャラリーでは、モーネ寺子屋で出会った3人が選んだ選りすぐりの本を、ちょっぴりまぬけでぶちゃいくな「ぶねこ」のいる空間で、七穀ベーカリーのおいしいパンや飲み物とともにお楽しみいただける「しましま図書室 ぶねことパン」を開催しています。
週末2日間のイベントで終わるのはもったいないくらい愉快で楽しい空間です。
> しましま図書室ぶねことパン







# by maane-news | 2016-01-30 12:30
お知らせ
c0165372_15185619.jpg
c0165372_15190269.jpg
うめだ阪急10Fで、昨日からモーネのコーナーをテーブルで展開していただいてます。
モンジュネモのかわいいフェルトストラップをはじめ、モーネの仲間のオリジナルカードが並んでいます。
2月2日(火)まで、10Fにある文具売場の入口で開催していますので、梅田に出られたり、通られることがあればお立ち寄りください。





# by maane-news | 2016-01-28 12:30
5の豊事と1月のごはんのおとも
c0165372_11474800.jpg
先週、「4のつづき展」の搬入日に5期生の集まりがあった。
この5期生達は、広島、富山、東京、横浜と遠方組が多くいたクラス。
卒業してから、4期生の「4の日のお茶時間」に習って、毎月15日に「ごはんのおとも」を順番でモーネに届けてくれている。

c0165372_11523033.jpg
この日は、同級生の一人フッチーが結婚することになって、結婚のお祝い会と同窓会を兼ねての集まり。
毎月届く「ごはんのおとも」に感心させられるように、いろんな手作りのものやハッピーな仕掛けがいっぱいで、みんなでウェディングパーティの企画の仕事ができそうと本気で思うほど。

c0165372_11474037.jpg
同級生のモリシーが作ってきてくれたフッチーの切り抜きのモチーフだった「きのこ」をあしらったお祝いのケーキ。

c0165372_11584273.jpg
こまっちゃんもお祝いのシフォンケーキを届けに来てくれた。

c0165372_11480663.jpg
この日、唯一来られなかった富山のぜんちゃんが、今月の「ごはんのおとも」の担当で、簡単に作れるお鍋とスープシリーズを送ってくれた。
包みを開ける度にこういうアイテムだと、それだけであたたかくなるような気がする。
こんな贈り物のセットっていいなぁ。今度私もそうしてみようと思う。
ぜんちゃん、ありがとー!

c0165372_11475797.jpg
ぜんちゃんからは、結婚のお祝いに鯛や寿など富山名物のかまぼこがフッチーに届けられた。

c0165372_11471914.jpg
グラフィック工芸コースを卒業する時に「よくできました!!」のしるしで渡している『五重丸』も2年近く待たせたけどやっとみんなに渡すことが出来た。
いつもみんなが集まる時は『法事』みたいだけど、ゆたかなあつまりごとなので『豊事』と呼んでいるが、ほんとうに心がポカポカになった5の豊事。








# by maane-news | 2016-01-26 12:30
かあちゃんの配達弁当
c0165372_10312545.jpg
グラフィック工芸コース・2期生の角田かあちゃんの配達弁当は、今年も続いていま〜す。
毎週、しみじみ愛情がある手料理に、私ももっとちゃんと料理をせねばと…。
先週届いた今年最初のお弁当の海苔遊びは『申どし』でした。

お弁当が届いた日は工作所がモーネのTwitterにアップしています。
https://twitter.com/maane_moon





# by maane-news | 2016-01-24 12:30
誰かのためなら
c0165372_10082980.jpg
c0165372_10083879.jpg
コンピスで開催中の「4のつづき展」の一人、かおるの海で出逢った可愛いいきものをモチーフにした切り紙『海のいきもの』
展示のための文章を彼女からもらって、モーネの寺子屋を卒業してからも3年間このちいさな海のいきものの切り紙を続けられていたのか、その理由を初めて知った。
ダイバー仲間が入院して、元気で海に潜っていた時に撮った魚の写真をFacebookにアップしていて、それを必ずその日のうちに切り紙にして彼女のFacebookでアップしていたからだった。
私は、アナログ交信派だけど、病院という場所に電子交信できる紙のキャッチボールを思いついたかおるに感動した。
カタチはそれぞれだけど、誰かのためにならがんばれるんだとやっぱり思う。
かおるの海の小さないきものの切り紙をこれからも楽しみにしている。





# by maane-news | 2016-01-22 12:30
2つの展始まりました
c0165372_09290002.jpg
真冬の寒さになった今週、モーネのギャラリーでは、ほかほかの2つの展示が始まりました。
一つ目は、グラフィック工芸コース4期生4人の紙を素材にした「4のつづき展」
4人とも仕事をしながらの制作をよくがんばったと思う。
卒業の時、形にしたものが3年の時間の中で、それぞれに一歩膨らんでいた。
例えるなら、丁度、カメラのピントが定まって見えたように感じた搬入日。
自分の中にある小さな種に水をあげて、土の中から芽を出してやること。
自分自身のことだから勇気がいるけれど、仲間がいて一緒にかけ声を掛けてもらいながらだと勇気が持てるんだと思う。

c0165372_09292952.jpg
切り紙のしりとり絵本/八島一恵
日常の紙から切り出す絵と文字をしりとりで表現。次は何?と思いながら

c0165372_09292093.jpg
海のいきもの/濱田かおる
海で出逢った可愛いいきものたちの小さな切り絵

c0165372_09294168.jpg
むらむら村スケッチ/みやたしろ
京都のはじっこ・南山城村での暮らしをスケッチで綴りました

c0165372_09295027.jpg
かみぐるみ/野知里真理
紙で出来たぬいぐるみ “かみぐるみ” の動物や鳥がコンピスの空間に漂っています


c0165372_09312556.jpg
c0165372_09313382.jpg
もう一つは「切り抜き通信寺子屋の卒業展」
1年目は「ひとつのモチーフをノートに貼る」→「付箋に私が言葉を書く」の10回のキャッチボール。2年目はカレンダーや本、新聞など形を変えてモチーフを貼る実験の10回。
直接会って話をする機会が無い人がほとんど。でも、その分切り抜かれたモチーフの切り抜きを介して1対1の真剣なキャッチボールになる。
今年で5回目になる通信寺子屋の卒業展、今回も最後までモーネにボールを投げ続けた人は、必ずその人の小さな芽が顔を出している。
続けることで見つかるものがあるといつも思うけど、今年の卒業生達の展示を見ても本当にその通りだと思う。

モーネ寺子屋らしい「4のつづき展」と「切り抜き通信寺子屋卒業展」
今週末、1月24日(日)までコンピスで開催していますので、ぜひお立ち寄りください。







# by maane-news | 2016-01-20 12:30
4の日のお茶
c0165372_11253731.jpg
今年最初の4のお茶時間をゆいちゃんが届けてくれた。
もう4周目になった4期生のお茶時間。こんなに長い間ほんとうにありがたく思う。
箱の中には焼き芋と緑茶とジャスミン茶のブレンド。
わが家のラフにお芋のしっぽを狙い撃ちされてしまったけど、さっぱりしてておいしかった。
ゆいちゃんは父や母が入院した時も病院でほっと一服にとお茶と甘みを届けてくれた。
私もそれを習って、ちょっと元気のない友人や生徒にカードと一緒に送っている。





# by maane-news | 2016-01-16 12:30