8期生のものづくり展
c0165372_21590323.jpg
c0165372_21590982.jpg
グラフィック工芸コース8期生の卒業の展が、日曜日から始まった。
1年目の「い」組は、シンプルに毎回いろんな素材やテーマで手を動かす。
2年目の「ろ」組は、ある程度量のものやつながりを考えて作ってみる。
3年目の「は」組は、このもの作り展に向けて自分の想いを目に見えるカタチにするために時を過ごす。
3年間通うモーネ寺子屋独特のスタイルを、仕事や身体のことなどいろんなことがあってもずっと向き合ってくれた生徒たち。
搬入の日に初めて10人それぞれのカタチが並んだ空間に立って、みんなが「すごい」と自分たちで口にした。
私も毎年この瞬間は感動する。
“教えないモーネ寺子屋のスタイルは、みんな自分でやり抜くことで気づく。
そして、他と比較できない作り出されたものたちがギャラリー空間に共鳴する。
毎回展示を見に来てくださる現代アートを見てまわられている方が「ほんとうにすばらしい。心地いい!」と伝えてくださった。
心からうれしいと思えた。
c0165372_21591655.jpg
搬入の日、8期生から贈ってもらった「ありがとうのカタチ」。
私の片寄った性格をそれぞれに書いてくれた取り扱い説明本。
本を開くと、みんなのあったかな気持ちが伝わってくる。
こうやって、ここに通う生徒みんなからいつもビタミンをたくさんもらう。
いっぱいいろんなことがあった10年間だったけど、自分たちが信じるものつくりの寺子屋をやってきてよかったと思う。
みんな卒業おめでとう! 3年間ありがとう!

3月12日(日) までコンピスで開催中






# by maane-news | 2017-03-09 12:30
こども寺子屋募集のお知らせ
c0165372_10191435.jpg
2017年度のこども寺子屋(こどもグラフィック工芸コース/こども工作コース)の募集を始めます。
案内をご希望の方はスケジュール・カリキュラム等案内資料をお送りしますので、詳しくは、下記のページをご覧ください。

> こども寺子屋の募集案内







# by maane-news | 2017-03-07 12:30
お知らせ
c0165372_10044274.jpg
c0165372_10051211.jpg
c0165372_10041467.jpg
グラフィック工芸コースの「もの作り」展。
8期生10人が、3年間向き合った想いのカタチをコンピスで展示しています。
3月12日(日)まで開催していますので、それぞれのおもしろおかしい実験のカタチをぜひご覧ください。

グラフィック工芸コース8期生もの作り展
3月5日(日)-12日(日)12:00-17:00
*3/7(火)・3/8(水)は休み







# by maane-news | 2017-03-06 12:30
香川に
c0165372_12204307.jpg
1年ぶりに善通寺の「四国こどもとおとなの医療センター」を訪れ、ここでいろんなカタチのボランティアやお手伝いをされているみなさんとお目にかかった。
屋上の庭は、近くの養護学校の生徒さんたちが植物を植えてくれて、「上からみたらケーキの庭」と説明してくれた。
病棟で月一回のバイオリン演奏される女性が、この日集まったみなさんに演奏してくださった。
言葉にならない魂の深いところに響くような音色に涙がとまならかった。
アートディレクターの森合音さんの試みは、4年が経って確かにこの場所に根付いているように思う。
誰かが誰かを想う思いやりの循環の場所。こんな病院がもっと増えてほしいと改めて思った。

追記:
2016年度の医療福祉建築賞で四国こどもとおとなの医療センターが「医療福祉建築賞準賞」を受賞されたそうです。

c0165372_12205079.jpg
高松泊の翌日、朝早く目が覚めて海辺まで散歩に。
あと半年したら、こっちに移り住むんだなとしみじみ感じながら海を見た。

c0165372_12205743.jpg
高松市美術館へ3月11日(土)のワークショップの打ち合わせに伺う。
おとなの方は30人の定員が満席になったのでと追加で席を設けてくださった。
「大きな木のカレンダー」を作るこどもの方はまだ少し席があるそうなので、ぜひこの機会にご参加ください。

# by maane-news | 2017-03-03 12:30
お知らせ
c0165372_08154906.jpg
c0165372_08162290.jpg
c0165372_08160909.jpg
c0165372_08163958.jpg
スパイラルマーケット(東京・南青山)で「陶のプロダクト/グレーの実験」が始まります。
グラフィック工芸コースの卒業生やスパイラルに打ち合せに来ていた大学の同級生も手伝ってくれて展示も無事に終了。グレーのボウルやカップがかっこよく並びました。
来月9日まで開催していますのでどうぞお越しください。/seiken工作所*
> 陶のプロダクト/グレーの実験







# by maane-news | 2017-02-24 12:30
ワークショップのお知らせ その2
c0165372_20534022.jpg
拙著『老いの暮らしを変えるたのしい切り紙』が台湾で翻訳出版されたのを記念して、3月に台湾で父の富士山の切り紙、義母の靴下の切り紙の展示と切り紙ワークショップを開催します。
台湾のみなさんとお目にかかるのをとても楽しみにしています。

『老いの暮らしを変えるたのしい切り紙』出版記念展
会期:3月25日(土)〜4月2日(日)
会場:RETRO印刷JAM

ワークショップ「切り紙カレンダーを作る」
日時:3月25日(土)・26日(日)14:00-16:00
> 詳しくはこちら







# by maane-news | 2017-02-22 12:30
ワークショップのお知らせ その1
c0165372_09454146.jpg
c0165372_09455528.jpg
3月11日(土)に香川・高松市美術館で開催するワークショップのお知らせです。
午前は、京都のお菓子を手みやげにいただいたストーリーで、包み紙の色や形デザインを探して「ありがとう」の気持ちを表したサンキューカードを作るワークショップ。
午後は、こどもを対象に大きな段ボールに切り紙で木を描いて作るカレンダーのワークショップです。
どちらも紙を材料にして手を動かすモーネ工房のワークショップにご参加お待ちしています。
参加ご希望の方は、お電話で高松市美術館(☎︎087-823-1711)までお申し込みください。
> 詳しくはこちら

ありがとうを伝えるカード
日時:2017年3月11日(土)10:00~12:00
場所:高松市美術館1階講堂
参加費:500円+材料費500円
定員:30名(中学生以上)

にょきにょき木のカレンダー
日時:2017年3月11日(土)13:30~15:30
場所:高松市美術館中2階
参加費:500円
定員:30名(小学生まで/ひとりでハサミが使えること、未就学児は保護者同伴)








# by maane-news | 2017-02-21 12:30
出版記念展と「は」組
c0165372_11414933.jpg
『大切な人が病気になったとき、何ができるか考えてみました』出版記念展が今日で最終日になりました。
取材していただいた新聞を見てと医療関係の方や介護のお仕事をされてる方、ご自身が親を介護されている方などモーネに来るのは初めてだという人がたくさん来てくださって、みんな同じ想いを抱えてはるんだなってこの本のことを考え感じた8日間でした。
みんながそれぞれ、想う心をカタチにしたものも会場に展示していますのでぜひお越しください。
写真のレモンは、私がこの展の会期中ずっとギャラリーで話していたらきっと疲れるだろうと、寺子屋のみんなが私の大好きなレモンをひとつずつ持って来てギャラリーのあちこちに置いてくれたもの。レモンひとつでこんなにあたたかに幸せにしてもらった。
 
c0165372_11415663.jpg
c0165372_11420099.jpg
週末の土曜日、「は」組は3年通ったグラフィック工芸コース最後の日。
卒業の「もの作り展」の準備の傍ら、入院している同級生のために手ぬぐいを作って送ろうということになり、絵具染料を使ってみんなでカラフルな花を描いた。
出来上がった花柄の手ぬぐいは、病院の中でも想ってくれてる仲間の目印になると思う。







# by maane-news | 2017-02-19 12:30
お知らせ
c0165372_22362527.jpg
来週、2月24日(金)から東京・南青山のスパイラルマーケットでseiken工作所の「陶のプロダクト/グレーの実験」と名付けた展を開催します。
今回は、円や楕円と直線を組み合わせたフォルムに好きなグレーを組み合わせたプロダクト — カップやボウルを中心に、五重丸や小さな箸置き、菓子皿などを出展します。
お近くに来られた際はどうぞお立ち寄りください。
グレー好きの方もぜひ。
初日(2/24)と最終日(3/9)、土曜・日曜は会場にいますので、声をおかけください。/seiken工作所*

> 陶のプロダクト/グレーの実験 
2月24日(金)-3月9日(木)11:00-20:00
スパイラルマーケット(東京・南青山)








# by maane-news | 2017-02-17 12:30
出版記念展
c0165372_12065144.jpg
新刊本『大切な人が病気になったとき、何ができるか考えてみました』(筑摩書房)の出版記念展が始まります。
昨日は、本の中で綴った四国こどもとおとなの医療センターのホスピタルアートディレクター・森合音さんにスライドトークをしていただいて、開院してからもうすぐ4年になる病院の日々を伝えていただきました。

c0165372_12073241.jpg
出版記念展の会場には本で紹介した父と母が入院した時の私の工夫の一部を展示しています。
モーネの寺子屋の生徒や卒業生たちが作ってくれた“もし大切なひとが病気になったとき病室に飾る”『木』のコラージュを展示、展覧会後に香川の病院に送ります。

c0165372_12072279.jpg
会場の奥には、高校時代からの親友でもある画家の井上よう子さんがこの展のために描いてくれたホスピタルアートための作品が飾られています。
今、京都の画廊で個展をしていてそちらでも美しい青い絵を見ていただけますのでこの機会にぜひご覧下さい。
井上よう子展
2月19日(日)まで(11:00-19:00/月曜休)
ギャラリーなかむら(京都市中京区姉小路通河原町東入恵比須町424・ABSビル2F)

出版記念展は来週の日曜日(2/19)まで、コンピスで開催します。
18日(土)以外はずっと会場にいますので、どうぞお立ち寄りください。







# by maane-news | 2017-02-12 12:30
大阪市立大学付属病院のプロジェクト
c0165372_16505638.jpg
昨年、文化庁の大学を活用した事業で、大阪市立大学の『アートの活用形?』と題した附属病院の「医療安全のマーク」のプロジェクトに、四国こどもと大人の医療センターのホスピタルアートディレクターの森合音さんにお声掛けいただいて参加させていただいた。
この「医療安全のマーク」のプロジェクトは、『EARRTH』(Early Awareness and Rapid Response Training in Hospital = 病院内の早期認識と迅速な対応)という活動を病院内で広く知ってもらうため、半年間毎月大阪の病院に伺って病院の医療安全管理部の先生や看護師さんたちとミーティングを重ねながらその想いをマークにしていった。
医療者の方と共に作り上げてゆくことを大切にしたプロジェクトだったので、私は星を描くワークショップをして医療者の方々が描いた星を連ねたマークを提案して、現場の医療者の方々が持ち歩くバッグにマークをプリントしてマークが院内を動くことで『EARRTH』の活動を病院内に啓蒙するということに着地した。
バッグが完成した時、都合で病院に伺えなくてすごく残念でならなかったが、先日病院に伺う機会をいただいて、医療者のみなさんが日々使ってくださって自分のものとして馴染んでいるのを見てほっとすると同時に半年間の短い期間だったが、病院内でミーティングした時間はとても貴重な経験だったとあらためて感じたプロジェクトだった。







# by maane-news | 2017-02-09 12:30
お知らせ
c0165372_18564700.jpg
来週末に発売になる本の編集を手掛けてくださった赤澤かおりさんが、連載されている講談社のWEB『おとなスタイル』で、本のことを紹介してくださいました。ぜひご覧下さい。



# by maane-news | 2017-02-02 12:30
お知らせ
c0165372_11020141.jpg
かえる食堂のかえるちゃんこと松本朱希子さんが、今発売中の『暮らし上手のお裁縫』で小さな刺繍を紹介しています。
かえるちゃんは去年9月にゆずちゃんというかわいい女の子が生まれて、乙女座生まれのゆずちゃんの服に乙女座の星座を刺繍したり、ヨダレを拭く布にもかわいい動物を刺繍していて、お母さんになってからも変らずの日々の手仕事を子育てしながらがんばっています。
かわいいゆずちゃんも写ってますので、ぜひ見てあげてください。

追記:
まるでモーネの孫ができたかのようにかえるちゃんからゆずちゃんの写真が届く度に階段のところに貼って、上がり下りする度にニコニコしてます。







# by maane-news | 2017-02-01 12:30
フリーマーケットのお知らせ
c0165372_21195480.jpg
今週末の日曜日(1/29)にモーネのフリーマーケットを開催します。
モーネの仲間や寺子屋の生徒たちの“古くない古着”や日用品、本、アクセサリーなど。
フローリストの花器や布作家の試作の服や雑貨の試作品も。
秋の瀬戸内モーネの移住に向けて整理するモノたちも並びます。
ちいさなフリーマーケットですが、お気軽にお立ち寄りください。

モーネのフリーマーケット
日時:1月29日(日)11:00-16:00
場所:モーネンスコンピス
*出展品に関する問い合せは受付けていません。












# by maane-news | 2017-01-24 12:30
二つの展示が始まります
c0165372_07062211.jpg
c0165372_07062982.jpg
コンピスで今年最初の展がふたつ始ります。
グラフィック工芸コース2期生がモーネ寺子屋を卒業した時に「みんなと会えなくなるのがさみしいから『日めくり』があったら毎朝会えるやん」と口にした私のお願いごとを5年も続けてくれた『日めくりカレンダー展』
搬入の時、一枚一枚カレンダーにマスキングテープを貼るために裏返したら、「ありがとうございました」と書かれていた。
みんながモーネを想って届けてくれた「モーネ寺子屋の卒業の宿題」は、豊かであたたかです。
> 卒業の宿題・5年間の日めくりカレンダー展

c0165372_07063905.jpg
c0165372_07064812.jpg
二つ目は、『モーネの園芸部』の展示。
seiken工作所が毎年屋上で育てているトマトの水耕栽培を教えてくれたことから『モーネの園芸部』というニックネームで呼ばれることになったよしかわさんご夫妻。お二人は、ほぼ毎日同じ植物を見て、ご主人はカメラでよしかわさんは絵に描いて記録している。
何冊もの植物の記録は、心に酸素がいっぱい入ってきて、コンピスは一足早い春のような空間に。
今月28日まで開催(1/24・1/25は休み)していますので、二つの豊かな展示にぜひお越し下さい。

# by maane-news | 2017-01-21 12:30
新しい本が形に
c0165372_16374079.jpg
香川・善通寺の「四国こどもとおとなの医療センター」が建設される時、ホスピタルアートディレクターの森合音さんを通じてモーネも初めての病院内でのもの作りに関わった。同じ頃、私の両親が何度か入院することになって、自分や家族ができる小さな工夫を実行した。この二つの経験が、思う心をカタチにして届けるビタミンのようなもの作りがあることを知った。その工夫を2年半の時間をかけてじっくりと一冊の本『大切な人が病気になったとき、何ができるか考えてみました』(筑摩書房)にしていただきました。発売は、2月10日です。
多くのみなさんにご覧いただければうれしいです。

c0165372_16471938.jpg
2月12日(日)から19日(日)まで、コンピスで出版記念展を開催します。会期中は会場で、寄り添う人も医療に携わる方にも、自分たちにできる小さな工夫をお話したいと思っていますので、ぜひお立ち寄りください。
> 『大切な人が病気になったとき、何ができるか考えてみました』出版記念展

c0165372_16375298.jpg
c0165372_16380141.jpg
c0165372_16381967.jpg
また、出版記念展の前日、2月11日(土)には、森合音さんを迎えてトークイベントを開催します。参加希望の方は、下記のページをご覧ください。
> トークイベント『きっとちゃんと届いてるんだと思う』









# by maane-news | 2017-01-18 12:30
イベントのお知らせ
c0165372_17255407.jpg
私の本でこれまでお世話になっているライターの赤澤かおりさんが、大阪でハワイのイベントをされることになりました。
ローカル的ハワイの楽しみ方 TALK & LIVE』と題した赤澤さんのトークイベント+Takman Rhythmの生演奏!
赤澤さんは、会うといつも元気をもらえるパワーいっぱいの人。愛するハワイの最新情報もたくさん聞けそうです。
関西ではなかなかこんな機会がないので、この機会に是非〜。

赤澤かおり × Takman Rhythm
# by maane-news | 2017-01-17 12:30
デイサービスでの切り紙カレンダー
c0165372_10485102.jpg
今月で1年になる大阪・茨木市のデイサービス「おこめ」での切り紙ワークショップ。
今年から新聞切り紙を出来るだけシンプルなモチーフで構成して、利用者さんだけで12ヶ月のカレンダーを仕上げられることを意識したワークショップを試みようと思っている。

c0165372_10490007.jpg
今回は2月のモチーフ『紅梅』。
梱包用の段ボールを細く切って梅の枝を描き、使う新聞紙の色は「赤」、モチーフは「まる」で作るというシンプルな組み立てで。
新聞紙という素材だからこそ、その人らしいぞれぞれの『紅梅』のカレンダーに仕上がった。

c0165372_10491219.jpg
すごくうれしかったのは、みなさんが次々にカレンダーを貼った壁の前まで見に来てくださったこと。「わ〜、机の上で見てるより上手にみえるねぇ」とか「みんなすごいねぇ〜」と、楽しい会話が飛び交ったこと。
新聞切り紙カレンダーの実験は作品を作るだけではなくて、デイサービスの利用者さんも職員さんも心からの言葉をキャッチボールができるからだと思う。

九州の宮崎大学の医学部で『医療における共感的コミュニケーション教育』を講義に取り入れられると聞いて、『共感的コミュニケーション』という言葉に、今までモーネがやってきたことと繋がってものすごく納得した。家族でも学校でも医療現場でも高齢者施設でも、『共に』というシンプルなことがものすごく大切なことだと思う。





# by maane-news | 2017-01-12 12:30
陶のプロダクト準備中
c0165372_13275264.jpg
c0165372_13335315.jpg
c0165372_13280319.jpg
陶芸とは違う工作所の「陶のプロダクト」
10年目の区切りで瀬戸内に行く前に発信できればと、東京・青山のスパイラルマーケットで、2月24日(金)から3月9日(木)で展示をさせていただくことに。
工作所は、去年の秋からこの展に向けて準備していて、年末もお正月も休みをそこそこに制作に向き合っている。
いつもの土の作業室では場所が足りなくなったので、母屋の寺子屋の部屋も作業場に。
制作に集中しているから邪魔をしないようにと寺子屋に入るのを控えていたら、いつの間にかこんな仕事場に変ってる!
畳を汚さないようにと、こども寺子屋で使った紙やカラーガムテープで作ったらしい。
庭にもビニールで囲った塗装ブースが出来ていた。
スパイラルの展は、いつものカタチにモーネらしい“実験”のデザインを作るそうだ。
きっと楽しい環境から楽しい陶のプロダクトが生まれてくるんだろうなぁ。







# by maane-news | 2017-01-07 12:30
新しい年に
c0165372_14572821.jpg
2017年がはじまりました。
今年10月に京都から香川に移住するモーネにとっても『瀬戸内モーネ』がはじまる年に。
いつか瀬戸内を見ながら暮したいと、二人が20年近く前から想っていて、いろんなことを小さくして、工房の荷物も暮らしの荷物もうんと減らして60代へのシフトチェンジ。
今年の春でモーネの寺子屋とギャラリーが満10年を迎えます。
ここに集ってくださるみんなのおかげで、ほんとうに心地よい場に育ちました。
京都のモーネは10月までですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

*「瀬戸内モーネ」のことは少しずつお知らせします。 > 瀬戸内モーネ




# by maane-news | 2017-01-01 12:30
モーネ寺子屋 その4
c0165372_21534749.jpg
c0165372_21540808.jpg
12月の「ろ」組は『パラパラ絵本』
ものを作るというより、個性を引き出す実験のような絵本の課題。
いや〜、今年もみんな面白かったぁ。
終わってから、500円限定のクリスマスプレゼントをみんなでくじ引きして交換。
500円という制約がなかなかおもしろかったけど、一番盛り上がったのは私かも。

c0165372_21541654.jpg
c0165372_21542314.jpg
12月の「は」組は『生菓子とお茶時間』
講師をしてくださったフードコーディネーターの原敬子さんが寺子屋をお茶室に見立ててくれて聖夜の一服時間。
これで今年の寺子屋が全て終わり、たのしくて豊かなもの作りの一年が終了しました。
来年も変わらずに豊かな時間の積み重ねになりますように。
1年間ありがとうございました。







# by maane-news | 2016-12-29 12:30
モーネ寺子屋 その3
c0165372_21065937.jpg
12月、10期生の9回目は『こ・まかない寺子屋』
10期生の生活造形コースにはどうしてもこまっちゃんのまかないをカリキュラムに入れたかった。でも、こまっちゃんはレシピを細かく出すのは苦手と言うので、それなら私が記者になってこまっちゃんの料理するところをルポするからということで講師を引き受けてもらった。
で、この日はモーネを飛び出してサンビームで授業。

c0165372_21072939.jpg
目からウロコの豚汁の作り方!

c0165372_21084479.jpg
こまっちゃん十八番の塩むすび。
たかがおむすびだけど、こまっちゃんの実技を見てどうしておいしいかの秘訣を初めて知った。

c0165372_21091431.jpg
同じパン粉を使って2種類のコロッケ

c0165372_21094473.jpg
こまっちゃんの寺子屋は、型を教えるのではなく五感で感じて気付くようなとてもいい授業だった。
こまっちゃんが6年間モーネでずっと背中を見てきてくれたんだと涙が出そうになった。
こまっちゃんのご両親もお姉さん、妹さんも協力してくださったおかげでこんなに多人数でも無事に終了。
楽しくて豊かだった笑顔の記念写真。
> サンビーム





# by maane-news | 2016-12-28 12:30
モーネ寺子屋 その2
c0165372_22041239.jpg
11月・12月のこども寺子屋
11月の「こどもグラフィック工芸コース」は、陶の板で家を作る。
焼き上がってフレームに!
> みんなの陶器の家

c0165372_22043001.jpg
c0165372_22044048.jpg
12月のこどもグラフィック工芸コースは『空飛ぶいきものカレンダー』
最初の作り方の手順説明の時にコウモリを見本に作ってみたけど、やっぱりこどもたちの作る空飛ぶいきものはかわいすぎて。何度も「かわいい〜!」と声をあげてしまった。

c0165372_22045219.jpg
c0165372_22050281.jpg
c0165372_22051203.jpg
こども工作コースは二ヶ月にわたる課題で、11月は『素焼きの陶器に絵付け』をして、12月の『生菓子』とお抹茶を出来上がった陶器のお皿とお茶碗でいただく。
生菓子は日菓で活動していた堀部美奈子さんを講師に招いて、みんなアートな生菓子が出来上がった。

c0165372_22052874.jpg
12月のこども寺子屋が終わってから、こどもたちとお母さんお父さんさんたちとのクリスマス会で今年のこども寺子屋が終了。
今年もみんなの作品に何度も感動させてもらえました。ありがとう!







# by maane-news | 2016-12-27 12:30
モーネ寺子屋 その1
c0165372_22355326.jpg
しばらくお知らせ出来ていなかったモーネの寺子屋。
11月の「ろ」組は『ちいさな彫刻』
透ける紙や木片で日常の小休止の目印になるちいさなモビールを作った。

c0165372_22361482.jpg
c0165372_22362410.jpg
10期生は『白い数字のカレンダー』を作る初めての実験。
白い紙の豊かさにものすごく面白い白い数字が生まれた。
今度『こども寺子屋』の工作コースでもやってみよう。

c0165372_22364680.jpg
c0165372_22365494.jpg
どのクラスもこの時期は『カレンダー』を作る課題。
「は」組は久しぶりに広々としたコンピスでカレンダー作り。
「は」組は、工作所の『プロダクトデザインの話』もあったけど写真をうっかりしていて撮ってなかった!
でも、笑い声が寺子屋の部屋から聞こえていたので面白かったようだ。







# by maane-news | 2016-12-26 12:30
ガラス展とコラージュ展
c0165372_11182120.jpg
c0165372_11194607.jpg
c0165372_11195490.jpg
c0165372_11182879.jpg
コンピスで開催中の2つの展覧会。
ガラス作家の八木麻子さん、コンピスが始って間もない頃にまだ大学生だった彼女が一人で訪ねて来てくれて、いつかここで作品を展示できたらとお話をしたのが最初の出会い。時折お目にかかったり展覧会の案内をいただいたりとあれから何年か過ぎて、昨年始めてコンピスでガラスの展覧会していただいて今回2度目の展覧会です。
最初にモーネで見せていただいた学生の時の作品がどんどん自分らしいカタチに立ち上がって、“八木麻子”のガラスの世界がコンピスに並んでいます。

c0165372_11200516.jpg
c0165372_11201398.jpg
c0165372_11202750.jpg
c0165372_11202026.jpg
プロフィールギャラリーでコラージュ作品展を開催してくださっている大平高之さんは、モーネの「切り抜き通信寺子屋」で3年間の紙のキャッチボールを続けてくれて、毎回静かな切り抜きの作品が印象的だった彼の作るコラージュ作品、今回は「テーブル」をテーマに果物やカトラリーがモチーフに。
少し離れていた作品作りにまた向き合ってみようと思っていますと話してくれた彼にとって、このコンピスでの展がその始まりになりますように。

八木さんも大平さんのそれぞれモーネとのちいさな関わりがつなげてくれた今回の2つの展。
若いお二人のこれからがほんとうに楽しみな展覧会です。
23日(金・祝)まで開催していますので、ぜひご覧いただければと思います。






# by maane-news | 2016-12-21 12:30
2周年おめでとうございます
c0165372_18265045.jpg
昨年、開店1周年の記念品を作らせていただいた旭川のカフェ:hifumiさんから今年もとご依頼のあった「開店2周年」の記念品が出来上がりました。
かき氷が人気のお店ということで、今回制作したのは陶器の白と色のバランスをあれこれ変えて、氷にいろんなシロップがかかっているような仕上がりの陶のマグネット。
色によってシロップの味をあれこれ想像するのが楽しいものになったかなと思っています。
旭川の「hifumi」(ひふみ)さん、2周年おめでとうございます!/seiken工作所*





# by maane-news | 2016-12-19 12:30
切り抜き通信寺子屋1年目終了
c0165372_11384893.jpg
今年の「切り抜き通信寺子屋」1年生が終了しました。
ラストの三ヶ月は、ポストカードサイズのモノクロの紙でという処方箋。
どの時期にどんな刺激を渡すかで、ぐっと切り紙が伸びやかになるから面白い。
 
c0165372_11392496.jpg
1年目の最終回。モーネに届いたノートの切り抜きをいろいろな紙でにプリントしてトリミングし、10枚のポストカードに仕上げて渡している。
例えば、四角をモチーフにしていた人が、あるとき四角に穴が空いていて、それからずっと『穴のあいた四角』に向き合い、最後には野菜や果物のカードに発展した。
クロスでスタートした人が、ある時から『クロスの形で花』に膨らんだ。それぞれが作品ではなく、のんびりと想いをカタチにできたポストカードになる。続けた人は誰もが!!
切り抜きを始める頃には想像できない、その人だけの個性がじわっとにじみ出てくる1年間の継続の力からだと思う。
> 切り抜き通信通信1年生ポストカード


募集していた来年度の「切り抜き通信寺子屋」にも、たくさんの方が申し込んでくださり、ありがとうございました。
来年もまた新しい紙のキャッチボールを楽しみにしています。






# by maane-news | 2016-12-15 12:30
成安造形大学
c0165372_21242213.jpg
6年間、非常勤講師をさせていただいた成安造形大学の最後の授業日。
この日は私の課題の『お菓子の商品企画』の合評。
合評は、新製品発表会のスタイルで。
今年の学年の素晴らしいことは、誰も落ちこぼれたりスピンアウトすることなく、全員がそれぞれの個性やいい意味で片寄った好きなことを生かして商品(作品)に発展出来た。

c0165372_21242820.jpg
故郷の瀬戸内海の島の名物のタコ。
タコの足の形のカールのようなお菓子がカッコイイ箱と布袋に入っていて、このまま商品になりそうなアイデア。

c0165372_21243959.jpg
切り紙が得意だからと、まずコンピューターで下絵を作り、それを手で切抜くテクニックも今の時代ならでは。

c0165372_21245065.jpg
唇が乾くからいつもリップを携帯してる男子学生は、キャンディをなめて唇が潤えばという斬新なアイデア。

c0165372_21245991.jpg
「森の小包」というネーミングのマフィンの販促物は布のコースター。
プリンターを使って布に仕上げてるから、このまま売れそうだとみんなで驚いた。
作品を全部紹介したくらいほど今年の学生はみんな元気で、ミィーティングしながらの毎回の授業がたのしかった。みんながそれぞれのカタチに着地してほんとうにすごいと思う。

c0165372_21250694.jpg
合評が終わり、今日が最後になるからと学生たちからドライのブーケと木箱に入ったメッセージカードを頂いた。短い期間の非常勤なのにと、ジ〜ンとなって「私、うれしい紙モノは棺桶に入れてねって言って残しているから、二段ベッドみたいなのがいるかも」と言ったら爆笑された。

みんなありがとう! お互いにまた新しいトライアルを!!






# by maane-news | 2016-12-09 12:30
ありがとうございました
c0165372_07152646.jpg
c0165372_07153444.jpg
あっという間に「りんご祭マーケット」の展示が終わりました。
短い期間でしたが、ほんとうにたくさんの方が来てくださって「りんごがテーマでこんないろいろなことが出来るんですね」と言っていただけて、ほんとうにありがとうございました。
週末に信州飯綱から、局長さんや中林ういさんはじめ飯綱の作家さんたちが来てくださり、飯綱でのりんごまるりの時、午後からの雨で中止になった演奏会をコンピスでしてくださいました。
りんごまつりの映像を背景に、アイルランド民謡を演奏してくださった局長さんの笛の音が、その場にいた人みんなをりんご畑に行けたような、そんな時間になりました。






# by maane-news | 2016-12-07 12:30
「りんご祭マーケット」始まりました!
c0165372_22120161.jpg
c0165372_22121553.jpg
c0165372_22122576.jpg
c0165372_22123997.jpg
飯綱から京都に戻った翌日にモーネの「りんご祭マーケット」の展示をして、迎えた初日のオープン早々多くの方がコンピスに来てくださいました。
中林ういさんのりんごのコースターはじめかわいいりんごモチーフの雑貨やキュロットさんのグラノーラなどりんごのおやつ、もちろん飯綱から運んで来たりんごもたくさん。会場には、美味しくてあたたかな手仕事が並んでいます。
> りんご祭マーケットの会場の様子

c0165372_22141601.jpg
りんご祭マーケット」はものを販売するだけでなくて、伝えたい想いは人の繋がりと豊かさ。
信州・飯綱に暮らす中林ういさんを通じて出会った飯綱の三水(さみず)郵便局長さんと繋がる人の輪はとても温かで、局長さん家のりんご祭で感じた『豊かさ』が京都に戻って来てからもその余韻が体のどこかに残っている。
りんご祭に参加させてもらった私たちも生徒たちもこまっちゃん一家もきっとそんな風に感じていると思う。
こまっちゃんは「何だかこどもの頃に遊園地に行った時のワクワク感と幸せな風景が周りにあって、夢みたいでした」と思ったそうだ。
私は、りんごが赤い小さな星のようで、宇宙にその赤い星を狩りに行ったような気持ちになったと思った。
今回のモーネの記念写真は、りんごの○。
局長さん家のしあわせなりんご祭の様子は会場で映像を流していますので、そちらもたのしみにいらしてくださいね〜。
> りんご祭マーケット






# by maane-news | 2016-11-29 12:30