<   2017年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
瀬戸内モーネ その6:日々のあれこれ
c0165372_13580915.jpg
引っ越してからひと月半が過ぎて、片付けをしながらーネも少しずつ動いています。
工房や住まいの片付けとか雑用をやっているとあっという間に夕方に、ラフと一緒に海まで出かけて散歩して、近くのスーパーで地元の野菜や瀬戸内の魚を見て今晩の献立を考えたりしながらの毎日。

c0165372_13581922.jpg
c0165372_13584049.jpg
12月に入ってこちらも寒くなってきたので薪ストーブを焚く時間も多くなってきました。
まだ薪作りの道具が無いので車で薪を購入しに行ってきました。

c0165372_13591057.jpg
そんなゆっくりしたペースと海の景色、時々非日常の暮しを楽しみながら3人と1匹元気で過ごしてます。






by maane-news | 2017-12-15 12:35
瀬戸内モーネ その5:工作所の仕事
c0165372_13214444.jpg
工作所は、倉庫内の工房部分の片付けの傍ら、旭川のかき氷屋さん“hifumi”さんから頼まれた記念品の制作。
土の仕事は工房の整えができる来春頃からスタートしようと予定していたが、京都から運んだ窯の試運転のタイミングだったので依頼をお受けすることに。
今年でお店が3周年ということで、旭川から見える山々を3で表したいろんな表情の陶器のマグネットを100個制作させていただきました。







by maane-news | 2017-12-15 12:34
瀬戸内モーネ その4:もうひとつの連載スタート
c0165372_13133337.jpg
今年の夏から雑誌「清流」の連載が始っていますが、今月から「栄養と料理」でも『家族と自分、医療者との関係をはぐくむ『つながるアイデア』の連載が始まりました。
いつも私の本を手掛けてくださるライターの赤澤かおりさんが関わってくださっています。
その連載が始まった「栄養と料理」1月号が発売になりましたので、ぜひ書店でご覧ください。







by maane-news | 2017-12-15 12:33
瀬戸内モーネ その3:切り抜き通信寺子屋
c0165372_13073402.jpg
11月末、「切り抜き通信寺子屋」1年生のラストのチェック。
部屋はまだまだ散らかってますが、工作所が京都モーネの図書室の棚をリユースして本棚を作ってくれた部屋に3日間こもって、今年最後の切り抜き通信寺子屋の返信を発送。
来年の通信寺子屋は2月からなので、それまでにこの「紙の仕事場」も整えたいな。





by maane-news | 2017-12-15 12:32
瀬戸内モーネ その2:看護学科の授業
c0165372_13045746.jpg
12月に入って、大阪へ宝塚大学看護学科の授業に森合音さんと一緒に出かけてきました。
4年生101人に午前中は『四国こどもとおとなの医療センター』について合音さんのスライドトークを、午後からは手を動かしての私のワークショップ時間。


c0165372_13014633.jpg
ワークショプは、パッケージをリデザインして作る「病室の机に置く箱」。
「ものの見方を変えて、手と心を動かして」と伝えて、決して作品を作るのではなくて学生のみんなが来春から働く現場の病院で生かしてほしいと伝えた。

c0165372_13015354.jpg
c0165372_13020161.jpg
大事なのは「誰の為にどんな想いを表現したか」ということ。
2時間近くかけて学生全員の作品をみんなで見ながらそれぞれの想いを話してもらった。
長期入院しているこどものためや花が好きなおかあさんのため、畑がすきなおじいちゃんが入院したときのために等々。
表現することを専門とする芸大とは違ったもうひとつの表現が生まれていた。
最初は、みんな静かだったのに合評が終わった時に拍手してくれて、合音さんがいつも言う『創造的にケアする』ことに気づいてもらえたかなと、合音さんと二人とても充実した気持ちになった。
香川まで帰る途中、これからのいろんな実験の話がはずんだ。
未来の看護師さんへの初めての授業は、これからモーネがやりたいことにピントを合わせてくれた経験になった。





by maane-news | 2017-12-15 12:31
瀬戸内モーネ その1:病院アートのワークショップ
c0165372_12104342.jpg
こちらに来てから少しずつ始まったモーネの活動をまとめて報告です。
瀬戸内モーネの始動は病院アートから始りました。
この日は、四国こどもとおとなの医療センターのアートディレクター:森合音さんからお声掛けいただいて今年香川で開催された全国の国立病院の学会へ。
『医療者と患者をつなぐアートコミュニケーション』の発信の中で、日常の紙を見方を変えて花のブローチを作りバッグに留めて持ち帰るという医療者の方を対象にしたワークショップを担当。
長い歴史の学会でアートを発信するのは今年が初めてだと合音さんから伺って、こんな機会に香川に引っ越したことが信じられないタイミングでした。

c0165372_12204912.jpg
今回のワークショップはいろんなパッケージの中から自分色の花を作る内容で、看護師さんやリハビリの先生はじめ病院のトップの方も参加してくださいました。
みなさん最初は苦手だと言われるのですが、「5歳に戻って」といつものモーネの実験だと伝えたら、みなさん帰る時には「たのしかったぁ」「病院でも生かせそうです」と言ってくださった。

c0165372_12211236.jpg
参加してくださったみなさんは全国から来られてるので、前の日の夕食に香川の“オリーブハマチ”を食べたという方は、花ではなくてオリーブハマチのブローチを作られて楽しい会話が弾みました。きっと帰られた病院でこのバッグを通じていろんな会話が生まれるかもしれないと。

c0165372_12210475.jpg
バッグの花は、モーネ寺子屋の4期生の八島さんが切り紙でつくったものを桃子ちゃんがシルク印刷でプリントしてくれたもの。
コサージュの材料の下ごしらえは9期生と10期生が引っ越し前からそれぞれ少しずつ準備をしてくれていたものでした。
みんなの手助けがあるからいつも実行できるんです。

c0165372_12205772.jpg
多くの人が参加してくれるからと、ワークショップの当日は生徒たち8人が駆けつけてくれた。
予定していた100人が参加してくださり、100枚のバッグが全てなくなりました。
やっぱりモーネの仲間がいてくれるからこれからも発信してゆけると心から感謝した瀬戸内モーネ始動の一日でした。






by maane-news | 2017-12-15 12:30