<   2017年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
京都市立芸術大学の課題と最後のカレンダーワークショップ
c0165372_06330037.jpg
c0165372_06323173.jpg
15年間関わらせていただいた出身大学のビジュアルデザインの非常勤講師も今年で最後。
この8年間は「リ・ユース&リ・デザイン」の課題だったが、今年のカリキュラムの打合せの時に「今、一番わくわくしてることは何ですか?」と専任の先生から尋ねられ、私がデイサービスの切り紙ワークショップのことを話したら、「学生たちに、今、デザイナーとして社会の豊かさを実現させる経験を課題にしましょう」と言ってもらえて、最後に新しい課題に取り組むことになった。
私が切り紙のワークショップに行かせていただいている園芸療法のある大阪・高槻市の“晴耕雨読舎(せいこううどくしゃ)”に課題の場を提供いただくことを快諾していただき、4月から学生たちが『畑に居る時間がちょっと愉しくなるサイン』作りに向き合っている。

先日、畑の中央に下げる季節ごとの旗を利用者さんとのワークショップで一緒に作る提案をしてくれて実行した。
利用者さんと学生たちの共同作業で作る10月から畑の中道に架ける旗は「秋の紅葉」をイメージして。
利用者さんが取り組みやすいように、スポンジの持ち手の木を丸く削ったスタンプを作ってくれていた。
若い人たちの声掛けに、いつも以上にたのしそうに手を動かしたり、笑ってくれて、「今日来ててよかった」と言ってもらえたのがうれしかった。

学生たちが畑に仮設置していたのを部屋から見ていた利用者さんが「ええなぁ、ええなぁ」と言って、午後の強い日差しにもかかわらずみなさん畑に出て来てくださって記念撮影。
10月になれば、畑のあちこちに“巣箱サイン”や“休憩サイン”などいろんな提案がカタチになって設置される予定。
自分がやりたいことを口にしたところから始まった今回の課題、京都からずっと離れたところへ何度も足を運んでくれたり、研究室もいろんな材料を提供してくださったり、途中から何だか申しわけない気持ちになっていたけど、この日の利用者さんと学生たちのいい笑顔を見てほっとした。
初めて取り組んだデイサービスでの豊かさのサイン計画。これから先も当たり前のように高齢者施設に若い学生たちが行き来するきっかけになるように願っている。


c0165372_06335581.jpg
c0165372_06360780.jpg
そして、こちらは大阪・茨木市にあるデイサービス「駅前横丁おこめ」の切り紙カレンダーワークショップ。モーネの引越しが10月にあるので、私が行くのはこの日が最後のカレンダー作り。
8月がセミで9月は赤トンボ。両方お題が虫だったこともあって、いつも参加されない男性の方が参加してくださったことがうれしかった。
ここのスタッフの方々は、新聞を色別に切り分けるのも利用者さんに作業としてやってもらっている。
色分けされた新聞色紙は書類トレーに入れて、切り紙のテーマに合わせてすぐに取り出せるようになっている。
カレンダー台紙のフォーマットをモーネからデータで送れば私が行かなくてもできる仕組みもこの1年かけて出来上がった。広がったらいいなこのシステム。




by maane-news | 2017-08-29 12:30
瀬戸内モーネのペンキ塗り
c0165372_10481603.jpg
c0165372_10480996.jpg
お盆休みにモーネの仲間や卒業生の夫妻に手伝ってもらって瀬戸内モーネのペンキ塗りに行って来ました。
幸いなことに?ずっとお天気で、真夏の倉庫の中でのペンキ塗りはみんな汗だくになりながら。

c0165372_10484737.jpg
c0165372_10472959.jpg
日陰を探して休憩していたら、ご近所さんから冷たいドリンクやシャーベット、スイカの差し入れを頂く。

c0165372_11352438.jpg
滞在中は、車で5分とかからない島が見える海辺で朝ごはん。
引越したら、井上の母もラフも一緒にここへ来て散歩を日課にしようと思っている。
10年間ペーパードライバーなので、ここまでの車の運転の練習をしなければ。

c0165372_10482402.jpg
夏休みに高知へ向かう途中、ペンキ塗りに参加してくれた吉川家が地元、仁尾で穫れた蛸でたこ焼きを作ってくれた。

c0165372_10483638.jpg
c0165372_10475928.jpg
作業が終わって、夕日を眺めながら大宴会?

c0165372_10473860.jpg
c0165372_10474743.jpg
c0165372_10472038.jpg
予定よりずいぶん早く3日目の午前で作業が終了。
私たちは高松へ行き、父と母のお墓参りをしてから翌日戻って来て塗り残しや補修を済ませて、今回もいろんな出会いや発見があった5日間のペンキ塗りが終わりました。
みなさんありがとうございました。






by maane-news | 2017-08-22 12:30
夏のモーネ寺子屋
c0165372_21442690.jpg
c0165372_21441908.jpg
夏のモーネ寺子屋が終わりました。
陶器のブローチやボタン、型染めの手ぬぐい、時計作りに向き合って、いつものようにおもしろおかしいもの作りの時間でした。
京都に里帰りする度に毎年参加くださった方、旅行で来られたのでと参加くださった方、今回で夏休み寺子屋が最後なのでギリギリ間に合いましたとこどもと一緒に来てくれたモーネの卒業生たちなど、今年もたくさんの方が参加くださりほんとうにありがとうございました。
京都での夏休み寺子屋は今回が最後になりますが、またいつかどこかでモーネのもの作りができればと思っています。
8月は工房の片付けのためしばらくお休みになりますが、9月、10月は10年間のモーネ工房の記録を3回に分けて展示するCLOSING EXHIBITIONも開催しますのでぜひお越しください。






by maane-news | 2017-08-15 12:30
瀬戸内モーネ・少しずつ
c0165372_12265731.jpg
瀬戸内モーネも少しずつ進んでいて、先月、お風呂やトイレ、私の小さな仕事部屋のある建物の「上棟式」に行ってきました。
棟梁が祝詞を唱えてくださった後で足場に上がり屋根の四隅と中央に大きな鏡餅を置いてくださった。
集まってくださったご近所のみなさんに「秋からよろしくお願いしま〜す」と言いながら鏡餅とお菓子の入った袋を投げる時、ご近所の仲間入りをさせてもらえたように思えてうれしかった。

c0165372_12284059.jpg
工事をしてくれている大工さんにはなかなか差し入れができないので、この日にまとめて京都のおいしい甘みと辛みを届けた。

c0165372_12320810.jpg
工作所がボール紙で作ってくれた郵便ポストも実物が出来上がりエーワンテックさんが持って来てくれた。
うれしくて、横を通る度にふたを開けて覗き込んでいる私。
この箱が瀬戸内モーネの『ドコデモツナガル』アナログ交信ボックスになる。






by maane-news | 2017-08-08 12:30
夏のコンピス
c0165372_09531654.jpg
c0165372_09532467.jpg
今日(8/5)からコンピスで開催しますイベントのお知らせです。
「夏のモーネ寺子屋」は今日と8月10日(木)から13日(日)まで開催します。
今年で最後になる夏のモーネ寺子屋、モーネのいろんな紙を使ったカレンダー作りや恒例の時計作りなど用意してお待ちしています。
> 詳しくはこちら


c0165372_09524884.jpg
c0165372_09530842.jpg
コンピスのプロフィールギャラリーでは「100枚のクマのパンツ展」を開催。
「100羽のカモメ展」「100頭のシロクマ展」に続いて今年はいろんな色のパンツをはいた陶器のシロクマのブローチが並びます。
> 100枚のクマのパンツ展
*8/7〜8/10はお休みです


c0165372_09511878.jpg
c0165372_09520350.jpg
ショップのスペースでは「夏の壁市」を開催します。
在庫や試作品のseiken工作所の器やモーネの紙ものなどをあれこれ販売します。
いろんな使い方楽しみ方を考えながらお買い物を楽しんでください。
*open:10:30-17:00 8/7〜8/9はお休みです







by maane-news | 2017-08-05 12:30