<   2017年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧
ラジオ
c0165372_15140093.jpg
京都のFMラジオ放送局“α-STATION(アルファーステーション)”で文筆家の高橋マキさんが毎日曜日に担当されている番組『Fit for My Life』のコーナーに出演してきました。
2回に分けて放送があって、1回目の放送は昨日(7/30)だったのですが、2回目が次の日曜日(8/6)で、瀬戸内モーネにまつわる話や、京都モーネの最後の展覧会のこととか触れさせていただきました。

収録の中で「最近美しいと思ったことは何かありますか?」と高橋マキさんから聞かれて思い出したのが、私の誕生日でもある七夕の日に、長野に住んでいる栗之介くんから届いた気球に乗って天の川まで飛んでる大きなバースディカードのこと。それとカードが入っていた茶封筒に赤いマジックで「ゆうびんやさん。おりまげないでくださいね」と栗ちゃんのかわいいの文字が書かれていたことに感動したことでした。

一回目の放送は下記のサイトで聴けるそうです。
> Fit for My Life web Radio







by maane-news | 2017-07-31 12:30
グラフィック工芸コース「は」組
c0165372_11113065.jpg
c0165372_11112205.jpg
c0165372_11111123.jpg
グラフィック工芸コースの9期生、秋にモーネが瀬戸内に移るため最後の「は」組はいつもの半分で終了する。それなら今までと違う実験をしようよと、グラフィック工芸コースの原点である「紙・土・布のもの作り」を卒業のもの作り展にそれぞれ向き合うことに。
春に「は」組が始まった頃はみんな悩んでいたけど、残すところあと3回になってアクセルを踏みはじめている。今が一番しんどいと思うけど、それぞれらしいカタチの着地を今からたのしみにしてるからね〜。

c0165372_11113657.jpg
9期生にはこれまでのグラフィック工芸コースで最年少の萌ちゃんが留学でアメリカに行くことになった。
彼女はこども寺子屋が始まった頃から来てくれてたので最年少ギネスと合わせてモーネ寺子屋に通ってくれた最長記録の保持者。
残り2回を残して「は」組を一足早く卒業することになり、この9期生の助手をしてくれた4期生のやっしーも来てくれて全員集合の日に。
お昼は工作所の玉ねぎカレーとアイスクリームでの歓送会。
海外に行くので、みんなからの贈り物はちいさなカードを封筒に入れて渡すことに。
9期生なので毎月9の日にカードを見てねとみんなあったかいな。

萌ちゃんが作った陶器に書かれた言葉は、お母さんが大好きだったウォルトディズニーの言葉。
Laughter is timeless. Imagination has no age. And dreams are forever.
(笑い声は時代を超え、想像力は年を取らない。そして、夢は永遠のものだ。)
萌ちゃん、中学校・高校とモーネ、いつもニコニコ笑顔でよく頑張ったね〜。
卒業おめでとう!






by maane-news | 2017-07-26 12:30
お知らせ
c0165372_12575845.jpg
c0165372_12581057.jpg
c0165372_12580558.jpg
今日(7/22)から東京で始まりました「陶×手ぬぐい展」のお知らせです。
久利屋グラフィックの手ぬぐいとseiken工作所のグレーの器や板皿、ブローチなど陶のプロダクトが並びます。
お近くにお出掛けの際はお立ち寄りください。

陶×手ぬぐい展
7月22日(土)〜30日(日)11:00-18:00 休み:7月26日(水)
ekreaショールーム/東京都文京区大塚3-1-10 ラ・ネージュ小石川1F
東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷」駅下車徒歩3分
TEL:03-5940-4450







by maane-news | 2017-07-22 12:30
お知らせ
c0165372_10554078.jpg
c0165372_10554735.jpg
コンピスでは、本田みのり・本田このみ・江島佑佳の3人による『シマシマシマ展』を開催しています。
木版画、シルクスクリーンプリント、ロウ染めなど3人それぞれの個性あふれるシマシマがバックになった作品を展示・販売。
7月23日(日)まで開催していますので、シマシマ好きの方はぜひ〜。
> シマシマシマ展







by maane-news | 2017-07-20 12:30
10期生・生活造形コース
c0165372_21445130.jpg
報告が遅くなってしまいましたが、6月の10期生・生活造形コースの寺子屋時間はグラフィック工芸コース1期生の上ノ山明子さんが講師で『やぎを飼う夢の話』をしてもらった。
上ちゃんは、地方でやぎを飼ってチーズを作られている小さな牧場をご主人と巡る旅を続けている。
最初に上ちゃんから、いつか自分もやぎを飼ってチーズを作りたいという夢を聞いた時、そんな途方もないことをと思った。
でも、時折牧場とやぎの写真をみせてもらって語ってくれる話を聞いてるとわくわくする。
いくつになっても夢を持つことって大事だと、彼女に10期生の講師をお願いした。

c0165372_21445879.jpg
試食のチーズはカットしてしまうので、それぞれのチーズがどんな形をしてるか紙粘土で作ってくれていた。
ホールで見てほしいと思う気持ちが、チーズが好きな上ちゃんらしいな。

c0165372_21450708.jpg
いろんなやぎのチーズの説明とそれに合ったワインや発泡性ワインのことを話してくれる上ちゃんがずっとニコニコして幸せそうで、授業の最後にみんなにも夢を話してもらったら、みんなの夢も何だか途方もない夢の話だった。
お昼から顔を赤くしての寺子屋になってしまったけどたのしかったぁ。おいしかったぁ。







by maane-news | 2017-07-15 12:30
お知らせ その2
c0165372_12233201.jpg
病院の本の出版記念展の時にも作品を展示してもらった井上よう子さんの展覧会が神戸のギャラリー島田で始まりました。
彼女の作品の前に向き合うと、いつも今会えない人と会っているような気持ちになります。
神戸・ギャラリー島田リランズゲート1Fで、今月19日(水)まで開催しています。
彼女の描く限りなく透明な青い世界をぜひご覧下さい。







by maane-news | 2017-07-14 12:31
お知らせ その1
c0165372_12232441.jpg
c0165372_13433340.jpg
コンピスでは“うつわユニット・ボーメ”の活動10周年を記念した展覧会を開催しています。
大阪と京都の工房でそれぞれ活動されている出水みゆき・上阪道子の二人が作るマット感のある色調の器が並んでいます。
7月16日(日)まで開催していますので、どうぞお越しください。







by maane-news | 2017-07-14 12:30
雑誌連載のお知らせ
c0165372_09511018.jpg
書店では取り扱っていない年間予約購読の雑誌『清流』に、今月発売の8月号から2年間の連載が始ります。
切り紙の本『老いのくらしを変えるたのしい切り紙』と病院の本『大切な人が病気になったとき、何ができるか考えてみました』を読んでくださった出版社の方から、紙で人と人の楽しい会話の工夫の提案ができませんかと依頼をいただいて連載を引き受けることになりました。
タイトルの『ひだまり通信』の文字は、グラフィック工芸コース4期生の八島一恵さんに、季節に合わせて色を変えて制作してもらいました。
毎月2ページですが、この号は父の切り紙のことと合わせて4ページも取材していただきました。
本屋さんでは手にとって見ていただけませんが、どこかで手にすることがあればご覧ください。







by maane-news | 2017-07-11 12:30
夏のモーネ寺子屋のお知らせ
c0165372_11131823.jpg
夏のモーネ寺子屋開催のお知らせです。
今年は、8月5日(土)と8月10日(木)〜13日(日)までの合計5日間、コンピスで開催します。
こどもだけでなく大人も参加いただけますので、親子やお友達と一緒に夏休みのもの作りにどうぞご参加ください。
お申し込みほか内容など詳しくは下記をご覧ください。
> 夏のモーネ寺子屋

c0165372_11163132.jpg
また、夏のモーネ寺子屋開催日には「2018モーネカレンダーを作る」も同時開催。
京都モーネのDMやフライヤーなど10年間の紙もので数字を切ってカレンダーを作ります。
各日10時30分〜13時の間でいつでも参加いただけます。
当日のお申し込みもできますのでどうぞご参加お待ちしています。

c0165372_11134046.jpg
夏のモーネ寺子屋に参加くださった方には『MAANE◎SETOUCHI』の刻印の入った鉛筆を差し上げます。
今年で最後のモーネのもの作り時間にどうぞお越しください。

c0165372_11133429.jpg
夏のモーネ寺子屋開催期間中、コンピスのプロフィールギャラリーで「100枚のクマのパンツ展」を開催します。
グラフィック工芸コース8期生の「脚立」こと馬場千愛の作るいろんな表情の陶器のシロクマのブローチが並びます。
> 100枚のクマのパンツ展








by maane-news | 2017-07-07 12:30