<   2017年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧
14歳になりました
c0165372_18175426.jpg
c0165372_18180652.jpg
親バカで申し訳ないですが、わが家のラフが14歳になりました。
遠く出かける時も一緒だったので、あちこちでお世話になったみなさんにもその報告です。
上の写真は、14年前、2003年の春にわが家にやって来た時のもの。
片手でひょいと持ち上げられるくらい小さくて、ちっとも言うことを聞かないわんこでした。

c0165372_18212837.jpg
c0165372_18174397.jpg
犬の14歳はやっぱりお婆ちゃんなので、最近はこうやって寝ていることが多くなりましたが、朝と夕方の2回の散歩はゆっくりでも毎日欠かさずに、その後のごはんも欠かさずしっかり食べています。いつまでも元気でいてね。





by maane-news | 2017-04-29 12:30
お知らせ
c0165372_11381925.jpg
熊本から京都までモーネの寺子屋に通ってくれた7期生の内野敏子さん。
水引工芸家でもある彼女の新刊「折形 基本の包みと暮らしの贈りもの」(文化出版局)の出版を記念して、4月29日(土)から彦根にある& Anneで出版記念展が開催されます。
折形というと難しい印象がありますが、暮しの中で人に贈る時に役立つ小さなアイデアが一杯詰まった一冊です。
展覧会では、今の暮しに合った新しい折形のカタチの展示のほか折形のワークショップも。
モーネも彦根に行く度に楽しみにしている& Anneの生菓子や本店の菓心おおすがの和菓子もおいしいので、ぜひGWの機会にお出掛けください。

4月29日(土)-5月7日(日) 10:30-18:00
作家在廊日:4月29日(土)-5月3日(水)




by maane-news | 2017-04-27 12:30
お知らせ
c0165372_07384936.jpg
コンピスでは、“あったらいいよね「POCKET」展”を開催中。
mornin'のいろいろな、色々な、イロイロなポケットが登場します。
4月30日(日)まで開催していますので、どうぞお越しください。
> あったらいいよね「POCKET」展





by maane-news | 2017-04-26 12:30
引越準備スタート
c0165372_14310839.jpg
10周年までのいろんなイベントが落ち着いて瀬戸内移住の準備を少しずつ始めている。
モーネと自宅で使っている椅子や食器などの引受け先を探したり処分を考えないといけないけど、私が一番初めに整理整頓するのはやっぱり紙モノ。
モーネの仲間や生徒たちからもらったカードや手紙は、いつか私と一緒に棺桶に入れるからといくつもの段ボール箱に残してきたけれど、膨大な量になってきたからきっと入れられない気がしてきたので、引越の機会に思い切って手紙もカードも縮小することにした。
それで思いついたのが、残していた紙ものを小さな紙片に切って残すことに。
姪に手伝ってもらいながら箱から取り出すと、サンキューカードがたくさんなのはモーネらしいなぁと思う。
自分でも残していたことを忘れていたけど、2000年にモーネ工房をスタートした時に芸大の同級生がくれたメールをプリントして残してあったものも出て来て、読み返すとみんなのガンバレっていうエールがいっぱいで、今でも泣きそうになった。
亡くなった実家の母からの「独立おめでとう!」と書かれたファックスは、文字が消えかけてたので慌てて濃くコピーした。
今モーネがあるこの場所に移った時、工作所と寺子屋とギャラリーを始めることになって、スウェーデンで結婚して暮らしている友人にギャラリーの名前を相談したやりとりも残っていて、モーネはもっときさくで温かな名前が似合うんじゃないと、いくつも提案してくれた中に“モーネの仲間達”という意味のスウェーデン語があって、「galleri maanes komis」に決めたことも思い出した。

c0165372_14312034.jpg
切られた紙のカケラを見ていると、モーネの仲間や生徒たち、ここで出会った人たちと共にここがあったんだと、幸せな想いがシューっと胸にしみ込んでくる。
小さな紙たちはガラスのビンに入れて瀬戸内に連れて行って、部屋の窓辺に置く予定。
ちょっとシミシミすることがあった時、このビンを振ったら何か元気になれると思う。
紙に記された手の跡ほどあたたかいものはないと思うので、引越準備はこのビン作りから。






by maane-news | 2017-04-24 12:30
ホテルのインテリアの仕事
c0165372_08590064.jpg
c0165372_08590774.jpg
c0165372_08591582.jpg
c0165372_08592561.jpg
2月に福岡の博多にオープンした『HOTEL FORZA』のオブジェの制作を依頼していただきました。
朝食を食べるダニングルームの棚に並ぶポットやカップの形をした陶器は、seiken工作所が。
本は、グラフィック工芸コース2期生の田中世梨ちゃんが描いた原画を井上由季子がレイアウトして本物の本ようなダミーを作りました。
モーネ工房のこんなインテリアデザインの試み。
> HOTEL FORZA







by maane-news | 2017-04-21 12:30
展覧会のお知らせ
c0165372_21262723.jpg
c0165372_21285560.jpg
遅くなりましたが、コンピスで開催中の2つの展覧会のお知らせです。
スイス・バーゼル在住の“みかもん”のこと美甘・シュタウファー・奈津子さんの「MIKAMON 2017 凹凸封筒展示販売会」
一年間かけて一枚ずつ手でエンボス(凹凸)の花や線、幾何形の紋様を描いた70種類の封筒を展示しています。
僅かな凹凸が白い紙に様々な印象を生んで、シンプルだけどそれが潔さと深さを感じさせてくれる作品です。
> MIKAMON 2017 凹凸封筒展示販売会

c0165372_21304600.jpg
また、プロフィールギャラリーでは、切り抜き通信寺子屋の卒業生の「Akiko Kawanaコラージュ作品展」を開催。
彼女の選ぶ味わいがある紙とそれらを大胆にカットして作られた動物や植物のコラージュの楽しい作品を壁いっぱいに展示しています。
> Akiko Kawanaコラージュ作品展

白い紙の静かな空間と色がたくさんのコラージュが、思ってもいなかったコントラストのおもしろいコンピスの空間になりました。
今週末の4月23日(日)まで開催していますのでどうぞお越しください。








by maane-news | 2017-04-18 12:30
みんなでお花見
c0165372_14051525.jpg
春のぽかぽか陽気の週末、ちょうどかあちゃんの配達弁当の日だったのでお昼は外で。
近くの堀川の遊歩道に腰をおろして、花が散り始めた桜を眺めながらみんなでお花見。
「凹凸封筒展」の展示でスイスから帰国中のみかもん(美甘奈津子さん)とベアトさんも一緒に。

みかもんが手で一枚一枚ていねいにエンボス(凹凸)して作る68種類の封筒やポストカードなど紙の作品が並びます。
明日(4/15)からコンピスで始りますのでどうぞお立ち寄りください。





by maane-news | 2017-04-14 12:30
お知らせ
c0165372_18222512.jpg
c0165372_18223318.jpg
2月に発売になった新著『大切な人が病気になったとき、何ができるか考えてみました』(筑摩書房)を雑誌「ダ・ヴィンチ 5月号」(メディアファクトリー)と「クロワッサン No947」(マガジンハウス)で紹介していただきました。
紹介してくださる内容が編集の方それぞれの目線で綴ってくださっていて、それがこの本の個性なんだとあらためて感じながらとてもありがたく思います。
書店で見かけたら覗いてみてください。







by maane-news | 2017-04-11 12:30
10年目
c0165372_11145216.jpg
今日4月7日でモーネのギャラリー、モーネンスコンピスが10周年を迎えました。
たくさんの人と出会ってたのしい仲間に囲まれておもしろおかしい旅のような10年間でした。
ありがとうございました。/井上由季子・seiken工作所







by maane-news | 2017-04-07 12:30
10周年の展
c0165372_11575770.jpg
c0165372_11590107.jpg
今日4月1日から、モーネのギャラリー・モーネンスコンピスの10周年の記念展が始まる。
布構成家の丹羽裕美子さんの『tokimeki・』は、古着を生かしたリメイクの色鮮やかなバッグたちが並んでいる。
プロフィールギャラリーでは、割れた陶器やガラスを繕って新しいものに生かし直したものが並ぶ原敬子さんの『まだまだ使える繕いの器の展』を開催します。
モーネが始る時から手伝ってくれている二人に10周年の展を頼んだ後は何の打ち合わせもなくて、搬入の時に初めてそれぞれの発信を見たけど、二人ともさすがだなぁ。ギャラリーも寺子屋も10年目の区切りとなったコンピスの天井を見上げて、無事に10年目を迎えることができたのは、モーネの仲間と寺子屋の生徒たち、ここに訪れてくださるみなさんのおかげでしかなくて、心から感謝です。ありがとうございます。
桜が咲き始める京都とサクラサクコンピスにいらして頂けたらうれしいです。

> tokimeki ●
> まだまだ使える 繕いのうつわの展



c0165372_11595422.jpg
10周年の記念展の会期中、ギャラリーやコンピスのショップで1,000円以上お買い物いただいた方に、工作所の十と○の陶のボタンをプレゼント致します。






by maane-news | 2017-04-01 12:30