<   2017年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧
切り紙展 in 台湾
c0165372_23082842.jpg
c0165372_23223942.jpg
c0165372_23051964.jpg
拙著『老いのくらしを変える楽しい切り紙』の翻訳本が台湾で出版されたことがきっかけで、台北市内にあるレトロ印刷JAMが場所を心良く提供してくださり、切り紙の展とワークショップが実現しました。
現地とのやりとりやむこうで滞在中のことは、友人の紹介で台湾と日本を繋ぐ発信をされている『好舎haos』の田中六花さんにお世話になり、そのおかげで、切り紙の発信も台湾のおいしいものを食べることも全てすごく充実した滞在になりました。

c0165372_21535478.jpg
c0165372_21485299.jpg
c0165372_21484257.jpg
c0165372_21485979.jpg
2日間開催した『切り紙でカレンダーを作る』ワークショップに参加してくださったみなさんは、最初に材料の説明をして「それでは始めて下さい」と言うだけで、後はスイスイ紙を自由に切ってくださった。

c0165372_23241387.jpg
最後にそれぞれのカレンダーを見せて作った想いを話してもらって、同時通訳をしてくれたレトロ印刷JAMのジカさん — 京都の芸大に留学していたことがある彼女が、私のわかりにくい日本語を時には笑いも入れながら通訳してくれてとてもありがたかった。

c0165372_23234398.jpg
2回のワークショップには小学生のこどもが3人も参加してくれて、みんな大人と同じように前に出て自分の造形を説明してくれたことに驚いた。こういうことの積み重ねが、大きくなってからも自分の意見をまっすぐ伝えられるのかなと、刺激をもらいました。

c0165372_23251457.jpg
c0165372_23244391.jpg
ワークショップに参加くださったみなさんがほんとうによろこんでくださって、手を動かすことが大好きで、日本のことも大好きということが伝わってきて、一緒にいい時間を過ごすことができました。
まさか台湾でこんな機会を持つことができるなんて、亡くなった父と今回の台湾展のために700枚以上も新作を作ってくれた義母に感謝。
「温」ということばがぴったりの台湾の発信でした。

c0165372_23011838.jpg
ちょこっと余談は、「豆花(トウファー)」という豆乳を固めたスイーツが美味しくて、普段はそんなに甘いスイーツはたくさん食べれないのにやさしい甘みで美味しくて、搬入後もワークショップ後も、毎日「豆花が食べたい〜」と、連れていってもらいました。
一番のお気に入りは、やわらかく煮たピーナッツとはと麦の組み合わせ。自分で作ることができたら毎日作るのになぁ。







by maane-news | 2017-03-29 12:30
こども寺子屋滋賀分校の案内
c0165372_06161553.jpg
c0165372_06162804.jpg
c0165372_06163754.jpg
今年も彦根の& Anneさんで「こども寺子屋滋賀分校」を開催します。
4月は「コラージュで作る」家、5月は「ちいさな絵本とのっぽの絵本」、6月は「顔のクッション」の3回のコースです。
身近な材料を使って、いろんな制約の中で手を動かすもの作りの時間です。
参加のお申し込み等詳しくは、& Anneさんのホームページをご覧ください。

> くわしくはこちら







by maane-news | 2017-03-23 12:30
新しい本のこと
c0165372_08404280.jpg
『大切な人が病気になったとき、何ができるか考えてみました』の本をデザインしてくださった、ミスターユニバースの関宙明さんが、ご自身のブログに本のデザインへの想いを書いてくださいました。

私は関さんから木のコラージュを生徒たちにと頼まれた時に「本のために制作して」とは頼めないと思いました。
そんな風に頼めば、使われるものそうでないものになることが本意ではないこと。
そして、この本のための木のコラージュは、誰かを想いながら手を動かしてほしかったこと。
本に使われるかどうかはあくまで通過点で、目的は病院の交流のニッチに送るためのものとしてお願いしようと思い、誰かが入院した時に壁に貼る「木のカード」を生徒や卒業生のみんなにお願いしました。
この本の出版記念展のから一ヶ月間、モーネのギャラリーで展示された79枚の木のコラージュは、来月病院に届けてこようと思ってます。

> 関宙明さんのブログ







by maane-news | 2017-03-21 12:30
展覧会のお知らせ
c0165372_17513369.jpg
毎週モーネにお弁当を届けてくださる2期生のかあちゃんこと角田明子さんのお弁当の展のお知らせです。
ずっとご主人と二人のお嬢さんのためのお弁当をお願いしてモーネにも週一で作って届けてくれていて、その記録を撮りためた写真の展です。
写真パネルの展示のほか、いつも使っているお弁当箱やお弁当包み、巾着、お弁当の本なども販売しています。
彦根の& Anneさんで、3月26日(日)まで開催していますので、どうぞお出掛けください。








by maane-news | 2017-03-19 12:30
高松市美術館のワークショップ
c0165372_12252764.jpg
c0165372_12255540.jpg
高松で初めてのワークショップを高松市美術館で開催。
午前の「ありがとうのカタチ」に参加してくださったのは70代以上の方々が多くて随分緊張したけれど、サンキューカードの実例を見せて話し出すとうんうんとうなずいてくださる素直な方ばかり。「私達、秋から香川県人になります!」と宣言したらみなさんから拍手してもらえて、ワークショップはとても和やかに終えることができました。

c0165372_12262492.jpg
午後は、こども達と「にょきにょき木のカレンダー」を作るワークショップ。
京都の切箔(きりはく)で使う漆が塗られた和紙や美術館の古いポスターやチラシもリユースでカレンダーの素材に。
こどもたちはみんな自由にぐんぐん木をコラージュして、魚や虫、りんごなどいろんなものをそれぞれの木に実らせてくれた。

c0165372_12263807.jpg
c0165372_12273044.jpg
出来上がった作品は、美術館のロビー並べて。
この日は3月11日だったので、6年前のこの日のことを想って黙祷した後みんなで記念撮影。
作った木のカレンダーはいつまでも忘れられない作品になった。
いつかまた今日来てくれたみんなと一緒に楽しい実験ができますように。






by maane-news | 2017-03-15 12:30
高松市美術館のワークショップ
c0165372_12252764.jpg
c0165372_12255540.jpg
高松で初めてのワークショップを高松市美術館で開催。
午前の「ありがとうのカタチ」に参加してくださったのは70代以上の方々が多くて随分緊張したけれど、サンキューカードの実例を見せて話し出すとうんうんとうなずいてくださる素直な方ばかり。「私達、秋から香川県人になります!」と宣言したらみなさんから拍手してもらえて、ワークショップはとても和やかに終えることができました。

c0165372_12262492.jpg
午後は、こども達と「にょきにょき木のカレンダー」を作るワークショップ。
京都の切箔(きりはく)で使う漆が塗られた和紙や美術館の古いポスターやチラシもリユースのカレンダー素材に、こどもたちは自由にぐんぐん木をコラージュして、魚や虫、りんごなどいろんなものをそれぞれの木に実らせてくれた。

c0165372_12263807.jpg
c0165372_12273044.jpg
出来上がった作品は、美術館のロビー並べて。
この日は3月11日だったので、6年前のこの日のことを想って黙祷した後みんなで記念撮影。
いつかまたみんなと一緒に楽しい実験ができますように。






by maane-news | 2017-03-15 12:30
2つの展
c0165372_15321651.jpg
2月から3月にかけて京都と東京であった私達二人の10年の区切りの展が無事に終わりました。
秋から始る「瀬戸内モーネ」という畑で耕すちいさな芽を見つける機会でもありました。
お忙しい中、会場に足を運んでくださり、いろいろな想いを伝えてくださったことに心より感謝しています。
ほんとうにありがとうございました。/井上由季子・seiken工作所*







by maane-news | 2017-03-12 12:30
8期生のものづくり展
c0165372_21590323.jpg
c0165372_21590982.jpg
グラフィック工芸コース8期生の卒業の展が、日曜日から始まった。
1年目の「い」組は、シンプルに毎回いろんな素材やテーマで手を動かす。
2年目の「ろ」組は、ある程度量のものやつながりを考えて作ってみる。
3年目の「は」組は、このもの作り展に向けて自分の想いを目に見えるカタチにするために時を過ごす。
3年間通うモーネ寺子屋独特のスタイルを、仕事や身体のことなどいろんなことがあってもずっと向き合ってくれた生徒たち。
搬入の日に初めて10人それぞれのカタチが並んだ空間に立って、みんなが「すごい」と自分たちで口にした。
私も毎年この瞬間は感動する。
“教えないモーネ寺子屋のスタイルは、みんな自分でやり抜くことで気づく。
そして、他と比較できない作り出されたものたちがギャラリー空間に共鳴する。
毎回展示を見に来てくださる現代アートを見てまわられている方が「ほんとうにすばらしい。心地いい!」と伝えてくださった。
心からうれしいと思えた。
c0165372_21591655.jpg
搬入の日、8期生から贈ってもらった「ありがとうのカタチ」。
私の片寄った性格をそれぞれに書いてくれた取り扱い説明本。
本を開くと、みんなのあったかな気持ちが伝わってくる。
こうやって、ここに通う生徒みんなからいつもビタミンをたくさんもらう。
いっぱいいろんなことがあった10年間だったけど、自分たちが信じるものつくりの寺子屋をやってきてよかったと思う。
みんな卒業おめでとう! 3年間ありがとう!

3月12日(日) までコンピスで開催中






by maane-news | 2017-03-09 12:30
こども寺子屋募集のお知らせ
c0165372_10191435.jpg
2017年度のこども寺子屋(こどもグラフィック工芸コース/こども工作コース)の募集を始めます。
案内をご希望の方はスケジュール・カリキュラム等案内資料をお送りしますので、詳しくは、下記のページをご覧ください。

> こども寺子屋の募集案内







by maane-news | 2017-03-07 12:30
お知らせ
c0165372_10044274.jpg
c0165372_10051211.jpg
c0165372_10041467.jpg
グラフィック工芸コースの「もの作り」展。
8期生10人が、3年間向き合った想いのカタチをコンピスで展示しています。
3月12日(日)まで開催していますので、それぞれのおもしろおかしい実験のカタチをぜひご覧ください。

グラフィック工芸コース8期生もの作り展
3月5日(日)-12日(日)12:00-17:00
*3/7(火)・3/8(水)は休み







by maane-news | 2017-03-06 12:30