<   2017年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧
お知らせ
c0165372_08154906.jpg
c0165372_08162290.jpg
c0165372_08160909.jpg
c0165372_08163958.jpg
スパイラルマーケット(東京・南青山)で「陶のプロダクト/グレーの実験」が始まります。
グラフィック工芸コースの卒業生やスパイラルに打ち合せに来ていた大学の同級生も手伝ってくれて展示も無事に終了。グレーのボウルやカップがかっこよく並びました。
来月9日まで開催していますのでどうぞお越しください。/seiken工作所*
> 陶のプロダクト/グレーの実験







by maane-news | 2017-02-24 12:30
ワークショップのお知らせ その2
c0165372_20534022.jpg
拙著『老いの暮らしを変えるたのしい切り紙』が台湾で翻訳出版されたのを記念して、3月に台湾で父の富士山の切り紙、義母の靴下の切り紙の展示と切り紙ワークショップを開催します。
台湾のみなさんとお目にかかるのをとても楽しみにしています。

『老いの暮らしを変えるたのしい切り紙』出版記念展
会期:3月25日(土)〜4月2日(日)
会場:RETRO印刷JAM

ワークショップ「切り紙カレンダーを作る」
日時:3月25日(土)・26日(日)14:00-16:00
> 詳しくはこちら







by maane-news | 2017-02-22 12:30
ワークショップのお知らせ その1
c0165372_09454146.jpg
c0165372_09455528.jpg
3月11日(土)に香川・高松市美術館で開催するワークショップのお知らせです。
午前は、京都のお菓子を手みやげにいただいたストーリーで、包み紙の色や形デザインを探して「ありがとう」の気持ちを表したサンキューカードを作るワークショップ。
午後は、こどもを対象に大きな段ボールに切り紙で木を描いて作るカレンダーのワークショップです。
どちらも紙を材料にして手を動かすモーネ工房のワークショップにご参加お待ちしています。
参加ご希望の方は、お電話で高松市美術館(☎︎087-823-1711)までお申し込みください。
> 詳しくはこちら

ありがとうを伝えるカード
日時:2017年3月11日(土)10:00~12:00
場所:高松市美術館1階講堂
参加費:500円+材料費500円
定員:30名(中学生以上)

にょきにょき木のカレンダー
日時:2017年3月11日(土)13:30~15:30
場所:高松市美術館中2階
参加費:500円
定員:30名(小学生まで/ひとりでハサミが使えること、未就学児は保護者同伴)








by maane-news | 2017-02-21 12:30
出版記念展と「は」組
c0165372_11414933.jpg
『大切な人が病気になったとき、何ができるか考えてみました』出版記念展が今日で最終日になりました。
取材していただいた新聞を見てと医療関係の方や介護のお仕事をされてる方、ご自身が親を介護されている方などモーネに来るのは初めてだという人がたくさん来てくださって、みんな同じ想いを抱えてはるんだなってこの本のことを考え感じた8日間でした。
みんながそれぞれ、想う心をカタチにしたものも会場に展示していますのでぜひお越しください。
写真のレモンは、私がこの展の会期中ずっとギャラリーで話していたらきっと疲れるだろうと、寺子屋のみんなが私の大好きなレモンをひとつずつ持って来てギャラリーのあちこちに置いてくれたもの。レモンひとつでこんなにあたたかに幸せにしてもらった。
 
c0165372_11415663.jpg
c0165372_11420099.jpg
週末の土曜日、「は」組は3年通ったグラフィック工芸コース最後の日。
卒業の「もの作り展」の準備の傍ら、入院している同級生のために手ぬぐいを作って送ろうということになり、絵具染料を使ってみんなでカラフルな花を描いた。
出来上がった花柄の手ぬぐいは、病院の中でも想ってくれてる仲間の目印になると思う。







by maane-news | 2017-02-19 12:30
お知らせ
c0165372_22362527.jpg
来週、2月24日(金)から東京・南青山のスパイラルマーケットでseiken工作所の「陶のプロダクト/グレーの実験」と名付けた展を開催します。
今回は、円や楕円と直線を組み合わせたフォルムに好きなグレーを組み合わせたプロダクト — カップやボウルを中心に、五重丸や小さな箸置き、菓子皿などを出展します。
お近くに来られた際はどうぞお立ち寄りください。
グレー好きの方もぜひ。
初日(2/24)と最終日(3/9)、土曜・日曜は会場にいますので、声をおかけください。/seiken工作所*

> 陶のプロダクト/グレーの実験 
2月24日(金)-3月9日(木)11:00-20:00
スパイラルマーケット(東京・南青山)








by maane-news | 2017-02-17 12:30
出版記念展
c0165372_12065144.jpg
新刊本『大切な人が病気になったとき、何ができるか考えてみました』(筑摩書房)の出版記念展が始まります。
昨日は、本の中で綴った四国こどもとおとなの医療センターのホスピタルアートディレクター・森合音さんにスライドトークをしていただいて、開院してからもうすぐ4年になる病院の日々を伝えていただきました。

c0165372_12073241.jpg
出版記念展の会場には本で紹介した父と母が入院した時の私の工夫の一部を展示しています。
モーネの寺子屋の生徒や卒業生たちが作ってくれた“もし大切なひとが病気になったとき病室に飾る”『木』のコラージュを展示、展覧会後に香川の病院に送ります。

c0165372_12072279.jpg
会場の奥には、高校時代からの親友でもある画家の井上よう子さんがこの展のために描いてくれたホスピタルアートための作品が飾られています。
今、京都の画廊で個展をしていてそちらでも美しい青い絵を見ていただけますのでこの機会にぜひご覧下さい。
井上よう子展
2月19日(日)まで(11:00-19:00/月曜休)
ギャラリーなかむら(京都市中京区姉小路通河原町東入恵比須町424・ABSビル2F)

出版記念展は来週の日曜日(2/19)まで、コンピスで開催します。
18日(土)以外はずっと会場にいますので、どうぞお立ち寄りください。







by maane-news | 2017-02-12 12:30
大阪市立大学付属病院のプロジェクト
c0165372_16505638.jpg
昨年、文化庁の大学を活用した事業で、大阪市立大学の『アートの活用形?』と題した附属病院の「医療安全のマーク」のプロジェクトに、四国こどもと大人の医療センターのホスピタルアートディレクターの森合音さんにお声掛けいただいて参加させていただいた。
この「医療安全のマーク」のプロジェクトは、『EARRTH』(Early Awareness and Rapid Response Training in Hospital = 病院内の早期認識と迅速な対応)という活動を病院内で広く知ってもらうため、半年間毎月大阪の病院に伺って病院の医療安全管理部の先生や看護師さんたちとミーティングを重ねながらその想いをマークにしていった。
医療者の方と共に作り上げてゆくことを大切にしたプロジェクトだったので、私は星を描くワークショップをして医療者の方々が描いた星を連ねたマークを提案して、現場の医療者の方々が持ち歩くバッグにマークをプリントしてマークが院内を動くことで『EARRTH』の活動を病院内に啓蒙するということに着地した。
バッグが完成した時、都合で病院に伺えなくてすごく残念でならなかったが、先日病院に伺う機会をいただいて、医療者のみなさんが日々使ってくださって自分のものとして馴染んでいるのを見てほっとすると同時に半年間の短い期間だったが、病院内でミーティングした時間はとても貴重な経験だったとあらためて感じたプロジェクトだった。







by maane-news | 2017-02-09 12:30
お知らせ
c0165372_18564700.jpg
来週末に発売になる本の編集を手掛けてくださった赤澤かおりさんが、連載されている講談社のWEB『おとなスタイル』で、本のことを紹介してくださいました。ぜひご覧下さい。



by maane-news | 2017-02-02 12:30
お知らせ
c0165372_11020141.jpg
かえる食堂のかえるちゃんこと松本朱希子さんが、今発売中の『暮らし上手のお裁縫』で小さな刺繍を紹介しています。
かえるちゃんは去年9月にゆずちゃんというかわいい女の子が生まれて、乙女座生まれのゆずちゃんの服に乙女座の星座を刺繍したり、ヨダレを拭く布にもかわいい動物を刺繍していて、お母さんになってからも変らずの日々の手仕事を子育てしながらがんばっています。
かわいいゆずちゃんも写ってますので、ぜひ見てあげてください。

追記:
まるでモーネの孫ができたかのようにかえるちゃんからゆずちゃんの写真が届く度に階段のところに貼って、上がり下りする度にニコニコしてます。







by maane-news | 2017-02-01 12:30