<   2016年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧
お知らせ
c0165372_17302837.jpg
高校、芸大と一緒だった親友の井上よう子さんが、東京銀座で『記憶に漂う』という展覧会を来週月曜日(9/5)まで開催中です。
直木賞作家の白石一文さんの連載小説「記憶の渚にて」の挿画の原画と新作タブローの展覧会。
「記憶は過去を想うだけの物でなく、明日への扉を開ける事もある…」というよう子さん。
お近くにお出掛けの方はぜひご覧下さい。

『記憶に漂う』
会期:8月29日(月)-9月5日(月)11:30-19:00
会場:ギャラリー 一枝香庵/銀座3-3-12 銀座ビルディング7F/7.5F/8F







by maane-news | 2016-08-31 12:30
リユース&リデザイン展
c0165372_10141879.jpg
c0165372_10142966.jpg
非常勤講師をしている京都市立芸術大学ビジュアルデザイン科の『うつくしい、つくりなおし ー re-use, re-design』の展覧会が始まりました。
毎年、学生たちに向き合ってもらっているこの課題、身の回りにある不要になったものを自分らしい切り口で、うつくしく生かし直した作品たちがコンピスに並びました。

c0165372_12280661.jpg
c0165372_12285350.jpg
c0165372_12292373.jpg
レシートを編むとこんなにアートな花瓶が生まれる。
クリアファイルから、軽くてアートなアクセサリー。
素材を知るとびっくりしてしまう、視点を変えたデザイン。
先月の合評から、完成度がぐっと上がり何倍も作品数が増えていて、若き力のバネに感動。
9月3日(土)まで開催していますので、ぜひご覧下さい。

 8月27日(土)- 9月3日(土)12:00-17:00
 8月30日(火)・31日(水)は休み







by maane-news | 2016-08-28 12:30
+1の活動② 石巻へ
c0165372_12152238.jpg
c0165372_12161323.jpg
仙台でのワークショップの翌日、石巻へ移動。
石巻に向う車中から見えるのは、新しい建物の町並みと何も無い更地の景色。
5年前にここであったことの大きさが伝わってきて、胸に突き刺さる。
訪ねた「石巻ひがし保育園」では、仙台のこどもたちと作った「虫の標本箱」の実験。
机の上を跳ね回っていた元気いっぱいの5歳のくじら組のこどもたちも、実験を始めると夢中になってくれた。

c0165372_12255318.jpg
箱は、一人2つの予定が、みんな実験がおもしろくなって3つも4つも作ってくれた。

c0165372_12171235.jpg
3歳児クラスのぺんぎん組のこどもたちが、お昼寝の前にくじら組の作った虫を見に来てくれた。

c0165372_12181332.jpg
なぜかシュワッチがブームの記念撮影。
震災の年に生まれたくじら組のみんなが怪獣ギャングみたいに元気いっぱいだったのがうれしかった。
あまり話さなかった子が、終わった後で側で「また来てね」とつぶやいてくれて泣きそうになった。

二日間の寺子屋時間を、こどもたちも大人のみなさんも素直に両手でしっかりと受けとってくれた気がした。
仙台で手伝ってくださった方々も、保育園の先生たちも、それぞれに家族やご自身のいろんな経験を抱えながら前を向いて歩かれていた。
京都のみんなの想いを届けたちいさなもの作りの活動をまた続けてゆこうと思う。






by maane-news | 2016-08-26 12:30
+1の活動① 仙台へ
c0165372_07551488.jpg
震災から5年、モーネに集う人たちが手を動かしたいろんなカタチの足し算で、モーネの寺子屋を届けに宮城に行って来ました。
グラフィック工芸コースの仙台に住む1期生はじめ多くの生徒たちがサポートしてくれたから今回の機会が実現しました。
初日は、仙台の市民サポートセンターで、午前がこどもたちへの「虫の標本箱を作る」
この日の実験の説明をした後、こどもたちがいつものように一気に手を動かし始めてくれた。

c0165372_14122065.jpg
作った虫に自由に名前をつけていいよ〜と、説明の時に作ったセミを「せんだいセミ」と名付けたら、こんな愉快なネーミングの虫が登場。

c0165372_14124948.jpg
あっと言う間に2時間が終わってみんなで記念撮影。

c0165372_14204750.jpg
午後からは、ホスピタルアートのスライドトークと「ありがとうのカタチ」のサンキューカードを作る寺子屋。

c0165372_14214757.jpg
出来上がった京都の和菓子のお礼状。

c0165372_14221652.jpg
終始、笑いと笑顔が続き、参加してくださったみなさんの反応が素直でうれしかった。
いつも通り、いっぱい笑いを交えてのもの作り時間。

> モーネ寺子屋 in 仙台の様子




by maane-news | 2016-08-25 12:30
+1の活動
c0165372_19065245.jpg
5年前、東北で起きた大きな災害に、遠く離れた京都の小さな工房で何ができるか考えてみた。
大きなことはできないけど、モーネに出来ることは、手を動かして夢中になれるものづくりの時間を届けることだと。
いつかその機会が来る時まで、モーネの仲間や寺子屋のみんなが作ったカードや作品の小さな足し算をしてきてくれた。
そして、やっとものづくりの時間を届けられる。
日曜日は、仙台の市民センターで、午前がこども、午後が大人。
月曜日は石巻の保育園で、京都のみんなの想いを工作所と心を込めて紡いで来ようと思います。








by maane-news | 2016-08-20 12:30
残暑お見舞い申し上げます
c0165372_18033115.jpg
まだまだ暑い日が続いていますが、8月も半分が過ぎて少し秋を感じるようになってきました。
夏休み寺子屋も終わり、出来上がったまめ皿やブローチも参加してくださったみなさんのところに届く頃かと思います。
今年は、いつもの時計や型染めの手ぬぐい、まめ皿のほかにもブローチを作ったり親子で風鈴を作る新しいカリキュラムにも多くの方が参加してくださりありがとうございました。

c0165372_18191331.jpg
c0165372_18194345.jpg
c0165372_18201326.jpg
たのしい夏のもの作り時間は、おもしろくてゆかいなカタチがいっばい出来ました。

c0165372_18222961.jpg
夏休み寺子屋の間、コンピスで開催してくれた「100頭のシロクマ展」と「Snip! 旅のかけら展」も18日で終わります。
こちらにもたくさんの方がいらしてくださって、ありがとうございました。

> 夏休み寺子屋の様子







by maane-news | 2016-08-17 12:30
香川へ
c0165372_14045584.jpg
母の初盆で香川にお参りに。
友人に紹介してもらって、香川県の西にある三豊(みとよ)の女性とお目にかかれることになって、それではお昼はおうどん屋さんでと、すてきなお店に連れていってもらった。
この日もいつもの私の定番、ぶっかけにちくわ天で。

c0165372_14050726.jpg
10月に淡路島・洲本と香川・三豊で時計を作るワークショップをそれぞれ開催させていただくことになり、ここ三豊の仁尾(にお)にある古木里庫(こきりこ)さんにごあいさつに伺う。

c0165372_14052490.jpg
古木里庫さんは、古材や薪ストーブを取り扱っているお店で、ワークショップは、倉庫を改装した空間の中にあるギャラリーを使わせて頂くことに。
香川で初めてのモーネ寺子屋は10月23日(日)に開催します。
近々案内をしますので、お近くの方はぜひご参加くださいね。

c0165372_14053288.jpg
今回、たくさんの人と出会って話することができ、瀬戸内に向かう夢がまた少し近づいたように思えた。
帰り道、瀬戸内海の夕日を眺めながら、今までモーネでやってきた時間を信じてもう一回実験をしてみたいと、そんな想いを確認することができた旅になった。






by maane-news | 2016-08-14 12:30
生活造形コース #05 — 野菜と木の話
c0165372_10564591.jpg
10期生の5回目は、この生活造形コースをやろうと決めた時に最初に思いついたプログラム。
講師は、20代から仕事で一緒だった工房もくきちうえやまともこさん。
彼女が二十年以上やってきた自然農の話してもらいたかったのは、いつか瀬戸内で野菜を作りたいから。

c0165372_10565330.jpg
話のあとで、育てた夏野菜をフライパンで蒸し野菜にした試食も。
しっかりと味のする野菜は、お塩と胡椒だけでおいしい。

スライドを見ながら、いろんな話を聞いた。
友人としては長い付き合いでも、自然農のことをこんなにきちんと教えてもらうのは初めて。
自然農は、観察農である/それぞれが持っている命の育て方/それぞれに野菜が持っている力を引き出す/今、何を必要としているか、観察する/必要以上に手助けをしない/自然にまかせる、自分もまかせる、自然のリズム
特別なことでなくて、自然も人も同じ、当たり前のことなんだと、話を聞きながら感動した。
人が特別だと思うと、自然のバランスがくずれてゆくのかもしれない。
植物も自然も人も、みんなが同級生。共に命をはぐくんでるんだと思う。
何だか、モーネでみんなと向き合う時の姿勢と同じようにも感じた。
10期生のみんなも深く感動してくれて、ほんとうに「生活造形」を学ぶプログラムだった。

c0165372_10570214.jpg
生活造形コースも4ヶ月が過ぎて、少しずつ自主的宿題も。
グリコのおまけのような木で作られたミニチュアは“ナナァ”が作ったもので、今月は電化製品が生まれていた。コンセントが生き物みたいで、愉快すぎる。

c0165372_10571112.jpg
授業が終わって、一品持ち寄り会の準備中で母屋に降りている間にコンピスの壁に10期のみんなからの紙の天の川が!!
一文字ずつそれぞれに担当してくれて、星もいっぱい切ってくれていた。
思いがけない誕生日の贈り物に、びっくりして感激した。
知らぬ間に20人の10期生が一つになってくれてたから。

c0165372_10572139.jpg
10期生初の一品持ち寄り会の乾杯!

c0165372_10572723.jpg
おいしいもの勢揃い!

c0165372_10573581.jpg
バースディケーキの代わりにスイカを「エイヤ〜!」
みんな、ほんとうにありがとう!!







by maane-news | 2016-08-12 12:30
食堂キュロット
c0165372_11320245.jpg
日頃、“食”でお世話になっているのは、こまっちゃんの実家のサンビームとモーネの近くのソングバードコーヒーと食堂キュロット。
この日のお昼ごはんは、食堂キュロットに。
内装も自分で手がけていて、大きなゴムの木と丸いライトとを見ると何だかいつも懐かしくなってほっとする。

c0165372_11315317.jpg
お昼は、定食にするかチキンカレーにするかいつも迷うけれど、夏の寺子屋や展示が午後から控えていたので、辛いチキンカレーにした。
「お盆休みはいつ?」と尋ねたら、お盆休みはなくて、明日11日の祝日も営業だそうで、いつもどおりの月〜金だとか。
いつもは平日しかやっていないので、お盆休みの機会にお昼ごはんも晩ごはんも食べに行けますよ〜。






by maane-news | 2016-08-10 12:30
お知らせ
c0165372_04155659.jpg
c0165372_04164360.jpg
少し遅くなりましたが、8月2日から夏の寺子屋と同時に、夏に似合う二つの展示がコンピスで開催されています。
『100頭のシロクマ展』は、ひとつずついろんな表情をした、陶器で作った小さな白クマとカモメのブローチをそれぞれ100点展示・販売。
ギャラリーの天井に飛び交うカモメのモビールで、すっかり夏空間になっています。

c0165372_04173421.jpg
c0165372_04183815.jpg
うひとつの『Snipi!ー旅のカケラ展ー』は、ミャンマーと中国を旅して、自給自足で山奥に暮らす少数民族がコツコツと時間をかけて作った布小物が展示されています。
時間の流れの大切さをもう一度考えさせられる、太陽と土、木々の香りが詰まった展示にぜひお越しください。

> Snipi!ー旅のカケラ展ー & 100頭のシロクマ展







by maane-news | 2016-08-08 12:30