<   2016年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧
お知らせ
c0165372_10101166.jpg
先日発売された「PHPスペシャル」の4月号増刊号『50歳から人生は楽しくなる!』で、「義母と娘のいい関係」と題して井上の母と私を取材していただきました。
書店でご覧いただければと。





by maane-news | 2016-02-28 12:30
香川の病院に
c0165372_12434416.jpg
四国こどもとおとなの医療センターから、毎年2月に開催される「虹色ボランティア感謝会」のご案内を頂く。
開院まで関わってくれたモーネの仲間や生徒達にその現場を見てもらっていないので、今年は参加させていただき、その後病院の見学をさせていただいた。
医療センターの各フロアに作られた『ニッチ』の扉に、日頃からいろんなカタチで贈り物を届けておられるボランティアさんたちとの交流は、私達に出来ることは小さなことでもこれからも続けたい気持ちにさせてもらえた。
ホスピタルアートディレクターの森合音さんのスライドのお話も深くて、こんな感謝の会をカタチにされる病院は、ほんとうにあたたかいなぁと思う。

c0165372_12435067.jpg
c0165372_12435596.jpg
見学の最後は霊安室に。2つある霊安室に設置されたフレーム作品は、香川出身の父と母をいつか見送る時を想って制作した。
母が亡くなって半月も経たずにここにこられるとは思ってもいなかったが、モーネのみんなと母のお見送りができた日になった。
霊安室に入った時、今までで一番やさしい印象の光で「ありがとう」ということばが聞こえた。




by maane-news | 2016-02-26 12:30
お知らせ
c0165372_11184917.jpg











*画像は one-stroke のHPから転用したものです
3月にモーネ工房でワークショップを開催してくださる駒形克己さんの新作絵本『日がのぼるとき』がイタリア・ボローニャのラガッツィ賞(ボローニャ国際児童図書賞)を受賞されました。受賞おめでとうございます!
3月6日(日)のワークショップでは、受賞された絵本『日がのぼるとき』はじめ書籍の販売もしてくださいます。
とても楽しくてあたたかなもの作りのワークショップなので、ぜひこの機会にご参加ください。
> 詳しくはこちら






by maane-news | 2016-02-24 12:30
お知らせ
c0165372_14221927.jpg
c0165372_14222486.jpg
コンピスでは、2月28日(日)まで「BOOK & 本の居場所」展を開催中。
本にまつわるいろんな展示や販売をしますので、本の楽しみ方をみつけにお越しください。
週末(2/27)は七穀ベーカリーの七穀ベーカリーの屋台の出展も予定しています。
BOOK & 本の居場所展





by maane-news | 2016-02-23 12:30
富士山に見守られて
c0165372_12155369.jpg
日曜日の朝、実家の母が旅立ちました。
ここ2週間、風邪が長引いていたけれど、熱も下がってデイサービスでお風呂にも入れてもらい、お粥もお味噌汁も全部食べられたという報告。
前日の夕食は私の作ったスープを飲んで、「風邪が直ったら7度目の富士山!!」と、お互いの人差し指で合図のタッチして実家を出た。
翌朝、ヘルパーさんが来る直前に息を引き取ったそうです。
あまりにも突然で。
でも、母の顔は本当にやすらかな顔。
オシャレが好きな母だったからと、妹が富士山を旅したときのベレー帽とスカーフ姿を旅立ちに選んでくれて。
遺影は母がこれと選んでいた、富士山に旅した時の写真で。
ある日突然のお別れが来ても、それが一番幸せだといってた母の願いが叶えられた。
でも、葬儀が終わって夜実家に戻った時、介護ベッドにも車椅子にも母がいない。
そのことに、号泣してしまいました。
もう、何か工夫できることはないんだなぁということが、悲しくて。
倒れてから7年間の、母との対話は心の中の宝物。
母の人生に悔いはない。
こよなく愛した富士山に見守られて、晴天の空の上に旅立ちました。






by maane-news | 2016-02-17 12:30
ワークショップのお知らせ
c0165372_10521119.jpg
世界各地でこどもや大人たちにワークショップを開催されている造本作家・駒形克己(こまがたかつみ) さんを講師に招いて3月にワークショップを開催します。
一昨年、昨年に続いてモーネ工房で3度目となるワークショップ。
毎回ほんとうに楽しくてあたたかなもの作りの時間を多くの方とわかちあいたくて、今回も新しいプログラムのワークショップを開催くださいます。
大人もこどもも一緒にワークに参加いただけるプログラムなので、親子でも大人お一人でも参加いただけます。

●ワークショップA:『のびる』
日時:3月6日(日)10:00~12:00
真ん中に赤い三角のある折りたたまれたカードを広げると、赤い三角が3つに別れます。
バラバラになった赤い三角を自分なりのアイデアで何かに見立て、紙を切り貼りしながら作品を作ります。
*6歳以上から大人まで対象

●ワークショップB:『タクタイル』
日時:3月6日(日)14:00~16:00
終始目隠しをしながら紙と向き合うワークショップ。
文字どおり手探りの中から生まれる造形は、既製概念にとらわれず、不思議で新鮮な作品が生まれます。
*中学生以上対象

●参加費
A、B 各 大人:3,000円/親子ペア:5,000円
A+B両方参加される場合は、大人:5,000円
親子ペア参加でこどもの追加は一人:2,000円
*席に限りがありますので、付き添いや参加されないご兄弟の同席はできません。

●会場
ギャラリー・モーネンスコンピス > MAP

●参加申込み
①お名前
②参加希望のワークショップ(A・B)
③電話番号
④一緒に参加される方の人数とお名前
以上を書いて下記よりメールでお申し込みください。






by maane-news | 2016-02-11 12:30
お知らせ
c0165372_14390344.jpg
c0165372_14393258.jpg
c0165372_14402664.jpg
コンピスでは今週末2月14日(日)まで2つの展を開催しています。
「いつか なんか アート ー集めれば愛」は、住居学・教育学者であり、また現代アートのコレクターである田中恒子さんが、生活の中で集めたものをおもしろおかしく展示(表現)します。
アートのこと、住まいのこと、教育のことなどいろんな話題を恒子さんとおしゃべりを楽しんでください。
● いつか なんか アート ー集めれば愛

c0165372_14420706.jpg
c0165372_14423702.jpg
また、プロフィールギャラリーでは、犬と猫の保護活動のチャリティ展「犬と猫とくらすとき」を開催しています。22名のイラストレーターによる作品の展示のほか展示作品や書籍の販売もあります。犬猫大好きな方はぜひお越しください。
by maane-news | 2016-02-10 12:30
こども寺子屋募集のお知らせ
c0165372_11515658.jpg
今年度のこども寺子屋(こどもグラフィック工芸コース)の募集を始めます。
カリキュラム、スケジュール等募集案内をご希望の方は下記をご覧ください。
by maane-news | 2016-02-08 12:30
お知らせ
c0165372_12474255.jpg
うめだ阪急の10Fで展開していただいてたモーネのハンドアートのカード、たくさんの方に手にしていただきありがとうございました。
いつもモーネのを手伝ってくれている3期生のひなちゃんが、展示の最終日に梅田に行って壁の展示に整えてくれました。
昨年の秋以来のモーネのカードコーナーがまたできましたので、うめだ阪急10Fにあるこちらにもまたお立ち寄りください。

c0165372_12483165.jpg
彦根にある「& Anne」さんに家のマグネットをたくさん作らせていただきました。
お店の名前は、アンのお家という意味もあって、いつもどんな家にするかを考えながら、今回もストライプを途中で止めた新作を含めていろんな家のマグネットを作ってお送りしました。
お菓子と本、雑貨のとても素敵なお店なので、ぜひ訪ねてみてください。






by maane-news | 2016-02-04 12:30
豊事×豊事×豊事
c0165372_15494000.jpg
c0165372_15493355.jpg
先週、4期生4人の「4のつづき展」の最終日に4期生が集まってくれた。
この展の打ち上げもあったけど、4のつづきの一人しろの結婚のお祝いが用意されていた。
先日報告した5期生のフッチーの結婚のお祝いに続くおめでたい「豊事」。
一昨年引っ越した京都の南、南山城(みなみやましろ)村のあれこれをしろの目線でこれからも伝えていってくだい。ご主人と仲良くお幸せに。

c0165372_15494843.jpg
c0165372_15501940.jpg
c0165372_15502798.jpg
1月最後の土曜日、モーネの卒業生3人の「しましま図書室ぶねことパン」の初日に6期生が集まり、今年20歳なったこまゆの成人のお祝いとタミーの出産のお祝い。
二人のために同級生がそれぞれケーキを準備してくれて、「お酒を飲んでみたいと」いうこまゆのリクエストでシャンパンで乾杯〜。
タミーは3ヶ月になった娘を抱いて、同級生のにきたも1歳半になった娘と一緒に参加してくれた。結婚、出産、成人、そしてお母さんになってと寺子屋のみんなが卒業してそれぞれ次のステージを迎えてもこうやって「豊事」ができるのはモーネらしくていいなと思う。

「4のつづき展」に「しましま図書室ぶねことパン」、それに「切り抜き通信寺子屋展」も開催したのでモーネにはほんとうに大勢の卒業生が顔を出してくれて、今年の始まりは、豊事×豊事×豊事の一ヶ月でした。
みんなありがとう&元気でね〜。/井上由季子+seiken工作所*





by maane-news | 2016-02-02 12:30