<   2015年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧
こども寺子屋・陶器に描く昆虫採集
c0165372_6393299.jpg
c0165372_8315677.jpg
c0165372_6423558.jpg
c0165372_6395689.jpg
c0165372_6431235.jpg
c0165372_6425923.jpg
“こども工作コース”は四角形の土の板にいろんな虫を描いて作る「陶器に描く昆虫採集」
最初は土を線を引っ掻く道具作りから。
手に合わせて切った木の先に釘をはさんで針金で巻いて留め、釘の先を磨いて書き具合を調整。それぞれ自分に合った道具をまずは準備。
続いて、土の板に水を弾く“撥水剤”を塗る作業は交代しながら風通しの良いコンピスの屋上で。
1時間以上もあれこれ下準備をやって、ようやく虫のスケッチにとりかかる。
でも、そうやって手を動かしている間に少しずつ頭も動いていて、大小の四角形の土の板にどんな虫をどんな風に描くか、レイアウトやトリミングしてデザインができているんだよ、きっと。
陶器に描かれた虫が並んだら昆虫図鑑みたいで、夏休みらしい寺子屋になりました。
虫の苦手なかほちゃんもがんばって描いてくれてありがとう。
すてきな作品ができました。
> みんなの「陶器に描く昆虫採集」
by maane-news | 2015-07-28 12:30
こども寺子屋・しましまの水族館
c0165372_11224467.jpg
c0165372_11232243.jpg
c0165372_11234913.jpg
c0165372_11233569.jpg
c0165372_1124519.jpg
夏休み前、前半最後のこども寺子屋。
午前の“こどもグラフィック工芸コース”は色鉛筆でグルグル線を描いた色紙を切って段ボールに貼り、魚やいろんな海の中の生き物を作る「しましまの水族館」
作った魚を透明の板に並べるとまるで水の中をいききと泳ぐ水族館にが出来上がりました。
いつかこんなゆかいな水族館の展覧会がみんなでできたらいいね。
9月にまたみんなと会えるのを楽しみにしています。
それでは、元気で楽しい夏休みを〜。
> みんなの「しましまの水族館」

*8月5日の夏休み寺子屋で「しましまの水族館」を開催しますので、ぜひたのしい水族館を作ってみてください。
> お申し込みほか詳しくはこちら
by maane-news | 2015-07-27 12:30
モーネ園芸部トマト祭
c0165372_12361743.jpg
先日、日曜日の夕刻にコンピスの屋上で園芸部の集いをした。
工作所が2期生の吉川さんとご主人に指導してもらって、屋上菜園と称して水耕栽培でトマトを育て始めて4年目。今年は4種類のトマトが育った。
台風が去って少し涼しかった日の夕方、風が通るって気持ちいい屋上。

c0165372_1237082.jpg
屋上のトマトとバジルとチーズのたこ焼きをしようと言い出したけど、屋上のトマトもほとんど収穫が終わっていたので、吉川さんの自宅で穫れたトマトやたこ焼きの道具まで全部準備して来てくれた。何から何までほんとうに感謝〜。
こまっちゃんや丹羽ちゃん、いつもお弁当を配達してくれているかあちゃんととうちゃん、この日香りの寺子屋を開催してくださった里香さんや参加してくれた生徒も一緒に賑やかな集いになった。コンピスで展覧会を開催してくれていたフッチーと桃子ちゃんへのお礼も兼ねてみんなで「乾杯〜!」
トマトたこ焼きのほかにも、福島の稲ちゃんから届いたかまぼこやナガピーのごはんのおともいろいろ、前日福井のおみやげにいただいた厚揚げなどおいしいものをいっぱい食べてみんなでいろんな話を爆笑しながらの夏の時間。

c0165372_12271936.jpg
ふと、西の空を見るとほそ〜い月と金星と木星が並んで輝いていた。後でこの時間には獅子座のレグルスも見えたそうで、月に星たちが集まる宇宙だったとか。
モーネはスウェーデン語で月のことだから、この日は星のみんなが月に集まった日だったんだなぁ。
by maane-news | 2015-07-24 12:30
ご・はんのおとも
c0165372_1904524.jpg
暑〜いお昼過ぎ、5期生のナガピーが7月の“ごはんのおとも”を持ってきてくれた。
「京の夏づくし」の贈り物。
ナガピーらしい筆で書いたお品書きが入っていた。

c0165372_1905953.jpg
大原の夏野菜いろいろ。
紫のシマシマの子は、『ゼブラ茄子』という名前。
たしかに!

c0165372_1911096.jpg
美山の手づくりソーセージ、北山のちしゃ味噌、大原の赤しそで作った赤しそジュースと手作りのゆずトマトマリネも。
デザインの仕事が毎日忙しいはずなのに、ちゃんと料理も作っていつもほんとうに偉いと思う。
夏バテ防止の贈り物のおかげで元気に7月を乗り切れそう。
ありがとうね、ナガピ〜!!!
by maane-news | 2015-07-23 12:30
福井の寺子屋
c0165372_15313187.jpg
台風が連れてきた大雨の中、京都から福井へ車で移動になり、無事に大安禅寺に到着。
あいにくのお天気なので当日のキャンセルがあるかと思っていたけどこんなお天気でも欠席者が無しでほんとうにうれしかったです。
午前のこども寺子屋は始まりに大安禅寺の高橋副住職に手と心を動かすことの意味を愉快なお話で伝えていただきました。

c0165372_15292910.jpg
c0165372_15303480.jpg
この日のこども寺子屋は「切り紙で虫の標本箱」。
京都と同じようにみんな「実験開始〜!」の一声に自由に始まった。
雑誌の色や古切手に反応する子。みんなそれぞれ自由に。
出来上がった作品が昆虫採集より絵本の中の1ページみたいだったのは高橋副住職のお話のおかげだと。

c0165372_15321673.jpg
みんなすごく幸せそうな笑顔になってくれて、終わる頃には空も晴れて明るくなって、気持ちよい緑の中で手と心を動かす時間を楽しんでもらえたことにうれしくなった。

c0165372_15401350.jpg
午後は、大人対象の寺子屋「ありがとうのカタチ」
午後も副住職の法話で、ありがとうのカタチの想いを話してくださった。

c0165372_15411189.jpg
c0165372_15342073.jpg
みなさん緊張しながらの1枚目。

c0165372_15392092.jpg
モーネの実例を説明して2枚目。

c0165372_15351447.jpg
最後に3枚目。
すごく素直に枚数を重ねるごとに引き算になっていって、やっぱり始まりにたいせつなことを言葉で伝えていただけたことが大きいと思う。

c0165372_15283226.jpg
今回初めての福井での寺子屋。
今年は10月10日に鯖江市でもこどもとおとなの寺子屋を開講する予定。
大安禅寺でも来年場所をお借りしてモーネ寺子屋をやらせていただく予定です。
福井のみなさんとまたお目にかかれるのを楽しみにしています。
by maane-news | 2015-07-21 12:30
晴耕雨読舎の切り紙会
c0165372_1033474.jpg
大阪:高槻にある園芸療法のデイサービス「晴耕雨読舎」で6回目の切り紙。
利用者のみなさんと少しずつ顔なじみになってきて、親戚の家に遊びにいくみたいにここに行くとものすごく懐かしい気持ちになる。
入り口の壁に前回4月の時の「おべんとう」が貼られていた。

c0165372_1042363.jpg
この日は今までで一番多いメンバーで。初めて行ってくれた工作所も含め8人で伺った。

c0165372_10103549.jpg
この日のお題は「金魚鉢」。
素材はトレーシングペーパーと海外の雑誌と色紙片で。

c0165372_1044641.jpg
どんどんかわいい金魚鉢が生まれてきて、ほんとうはこのお題は涼を呼ぶテーマだったのに、みんなの熱気でだんだんサウナの中にいるみたいに。

c0165372_10104433.jpg
スタンプで色つけした赤い線と金魚の目がたまらなくチャーミング。
作者と似ている?つぶらな瞳の金魚。

c0165372_10105637.jpg
こ〜んなアートな水槽も!
モーネチームのみんなにもたくさんの刺激をもらえた時間になりました。
次回は秋に、初心に戻って「たのしい秋のきりがみ」でまた伺いますね〜。
by maane-news | 2015-07-20 12:30
「ろ組」
c0165372_12563530.jpg
遅くなりがちですが、記憶が薄れてしまわない内に報告を。
2年目の「ろ」組は、社会人の学校にしてはかなりハードで、先月、今月と2週間おきの課題が3回続く。でも、その分それぞれのカタチがはっきり浮かび上がってくるといつも感じる。
6月の「リネンに型染め」は大きな布を広げての作業なのでコンピスのテーブルを斜めに配置。
初めてこういうレイアウトでやってみたけど、結構動きやすかったかも。

c0165372_1257534.jpg
型染めする布が大きいので刷っては折り曲げての作業。
みんなの手つきがだんだん職人さんみたいになってくる。

c0165372_12574446.jpg
7月の「陶器」は、5月に作った石こう型に流し込んだ器に線の表現の絵付けをする。
工作所は芸大でも同じ授業をしてるから、みんなの土はプロダクトデザインの学生と同じでかなりハードかもしれないな。

c0165372_125804.jpg
絵付けがなくても、もうしっかりみんなのカタチに。

c0165372_12585972.jpg
ドミーは花が好きで、私はこのドーナツ型はてっきりシフォンケーキとかのお菓子だと思っていたら、花を生ける器と多肉植物を植え込む鉢にするようで、秋に紅葉する多肉を植え込んでおけばクリスマスのリースにも見立てられるとか…な〜るほど。
モーネ寺子屋の面白いところは、それぞれに自分がどう使いたいたいかという想いからカタチが生まれてること。これはプロのデザイナーとは違う入り口でおもしろい。
型染めした布は今度「おばあちゃんバッグ」に、石こう型で作る器の出来上がりは9月にもう一度絵付けをやってその後になるけど、今年も自分らしいいろんなカタチがあってどちらも楽しみ。
by maane-news | 2015-07-19 12:30
お知らせ
c0165372_1649837.jpg
モーネが植物のことでお世話になっている奥田由味子さんのイベント&ワークショップが7/18(土)〜7/20(月)の3日間、芦屋にあるスペースRで開催されます。
モーネも多肉のちいさな鉢植えやポストカード、家のカタチのマグネットなど出展します。
他にも七穀ベーカリー丹羽裕美子さん、モンジュネモの出展も。
台風が過ぎてお天気もよくなりそうなので、お近くの方はどうぞお越しください。
> 田由味子のwire×plants
by maane-news | 2015-07-17 12:30
福井&北海道の寺子屋
c0165372_10311668.jpg
3月の大雪の日に打ち合わせに出掛けた福井での寺子屋が今週土曜日に大安禅寺の一室をお借りして開講します。
『モーネの夏の寺子屋 in 福井』は手を動かす前にご住職の法話もあったりの寺子屋。
こども寺子屋も大人の寺子屋もキャンセル待ちになるほど申し込んでくださって、福井のみなさんとお目にかかるのをとても楽しみに福井に向かいます。
気になる台風のが被害なく無事に通過することを願っています。

c0165372_10313653.jpg
北海道の寺子屋は、北海道新聞社が主宰の『きりがみでなかよし動物園』
札幌市円山(まるやま)動物園で開催します。
職員さんが動物園を案内してくださり、実際に動物を見たあとでこども達の自由な動物園を切り紙で作ります。
8月1日(土)は午前と午後、8月2日(日)は午前の合計3回開催。
工作所と2人で出掛けますので、ぜひ札幌でのモーネ寺子屋にご参加ください。

今日から募集開始です。参加お申し込み等詳しくは
> きりがみでなかよし動物園

c0165372_10321685.jpg
それから、動物園でのこども寺子屋の前日の7月31日には札幌の北海道新聞本社内で、切り紙を通して父や義母との対話や向き合った経験、また高齢者センターでのワークショップ等での声の掛け方やそこでの気付きなどスライドをご覧いただきながらのお話とちょこっとワークショップも交えた「切り紙で高齢者と心の対話」も開催させて頂きます。
高齢者施設の職員さんや作業療法士さんなど介護に携わっておられる方で、切り紙を奨めてみたいと関心を持っておられる方にぜひご参加いただければと思います。

参加お申し込み等詳しくは
> 切り紙で高齢者と心の対話
by maane-news | 2015-07-16 12:30
2つの展
c0165372_11112056.jpg
今日から、ギャラリーで2つの展示がはじまります。
ひとつはグラフィック工芸コース5期生のフッチーの絵画とカケラの『Line and Piece』
大学時代に版画を専攻していた彼女が、モーネの寺子屋に通った時間に再び描きたいという刺激を受けて活動を始めました。

c0165372_11113533.jpg
モーネの文化祭や箱市でも評判のよかった彼女のブローチ。今回の大きな絵画の作品を見るとちいさなブローチもフッチーが描いた「小さな絵画」だったと気づけた。
今回の展ではブローチやピアス、帯留めなどフッチーの作る『カケラ』は、とても軽いので夏の服にも合うと思う。

c0165372_11114913.jpg
モーネのハスムカイにあるソングバードコーヒーのあきこさんも今回の展にちなんでこんなアイスクリームを考えてくださった。
ガラスの器に入ったチョコレートクッキーとアイスクリームをスプーンで掘ってゆくのが楽しくておいしいメニュー。
時間をかけて干してくれたオレンジが、チョコレートにもぴったりで美味しい。
コーヒーとセットのこのメニューは会期中(7/14〜7/20)の水曜と木曜以外の営業時日にはサーブしていただけます。

c0165372_1112111.jpg
アイスクリーム用のテーブルマットはトレーシングペーパーにフッチーが1枚ずつ原画を描いてくれました。
全部違った絵のマットでアイスクリームが出てきますよ〜。
コンピスの帰りにハスムカイにも是非お立ち寄りください。

c0165372_1113741.jpg
もうひとつの展は、ギャラリーや工房を手伝ってくれている桃子ちゃんのシルクスクリーンの作品の「フラスコ展」をプロフィールギャラリーで開催します。

c0165372_1114377.jpg
大学で染織を専攻した彼女は布に想いを描くことを学生時代から続けている。
いろんな布を染める手法の中でシルクスクリーンというシャープに面構成できる手法で作品を作っている。
モチーフのフラスコは、彼女がモーネに来てくれた時からいつも話してくれていたもので、実験過程の想いをシルクスクリーンを通してシャープにカタチにしてくれた。

今、京都は祇園祭でとても賑わっていて毎日暑い日が続いていますが、どこか静かにクールな空気が流れているコンピスの2つの企画展をぜひ見にいらしてください。
by maane-news | 2015-07-14 12:30