<   2015年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧
ご・はんのおとも
c0165372_9441491.jpg
c0165372_9454747.jpg
記憶がどんどん遠くに行ってしまうくらいいろいろとあった6月。
随分時間が過ぎてしまったけど、今月も15日に届いた5期生の「ご・はんのおとも」は広島の中さんからの『マダマダ広島便』
箱には生ハムや薫製サーモン、いろんな柑橘類、ポン酢などとそれぞれの詳しい説明が書かれた広島の地図が添えられていた。工作所には「父の日」と書かれたビールも。
この日モーネに来ていたこまっちゃんも交えて、広島のおいしいものでハッピーアワー! 
中さん、たくさんのたのしみをありがとう〜。
広島にまた行きたくなりました。
by maane-news | 2015-06-26 12:30
お知らせ
c0165372_11271651.jpg
お知らせが遅くなりましたが、香川の森合音(もりあいね)さんからお声掛けいただき、大阪市立大学医学部付属病院のデザインプロジェクト『アートの活用形?』に関わらせていただくことになりました。
関わらせていただくのは、社会包摂型アートマネージメント — プロフェッショナル育成事業の中の『医療安全のためのアート&デザインプロジェクト』で、9月〜来年2月まで全7回のプロジェクト実践です。
このデザインプロジェクトでどんな業務改善が出来るか今は見えないのですが、現場での対話と合音さんに委ねながら病院の中に小さな変化を届けられたらと思っています。

申し込みが今日までだったことを今朝知ってあわててお知らせしています。
プロジェクトの詳細や参加のお申し込みなどは下記のページをご覧下さい。
> 医療安全のためのアート&デザインプロジェクト
by maane-news | 2015-06-25 12:30
「木」の展
c0165372_9364017.jpg
「木」の展『木−4つの物語』は以前仕事をしていた事務所時代にずっと私のパッケージデザインの版下を10年以上も手伝ってくれていたもく吉さんことココちゃんから、友人のイラストレーターの篠原奈穂子さんと一緒に展示をしたいということがきっかけ。
ココちゃんはコンピュータを使わずにデザインをしていた時代に、今ならコンピュータを使ってやる作業を人間Illustratorや人間Photoshopとなってデザインワークをしてくれていたからいつも好きなパッケージのデザインを着地できていた。
ココちゃんが今作っているのは、地元の和歌山の木を削ってスプーンや皿などのカトラリーや木の小物。立体的に物をカタチにするのは昔手伝ってくれたパッケージのデザインワークの目線が入ってると思う。
DMのデザインを任された時、写真で伝えるのでなくカンナでシュ〜っと木を削ったような印象で作家の作品への想いを伝える提案をした。
今週は梅雨空の天気予報ですが、是非2つの展示を見にコンピスへいらしてください。
by maane-news | 2015-06-24 12:32
文房具
c0165372_853597.jpg
プロフィールギャラリーでは金属のちいさなブローチ展『Rap! Rap!の文房具』も開催中。
以前、「箱市」に出してくださっていた1本のエンピツのブローチを見つけた文房具好きの私が「文房具というプロダクトだけで作りません?」と半年前に宿題を出したのがきっかけ。
それからRap!Rap!さんはまじめにちゃんと試作を積み重ねてできた作品は、これがもう文房具好きにはたまらなくリアルで、レトロなミニチュアの文房具に仕上がっている。思わずブローチだということを忘れてしまうほど。

c0165372_8534468.jpg
作品に合わせアルフェテ工作室の八木さんに箱のデザインを頼んで、完成したのがこの作品。
ものすごく迷ったけどたくさんの文房具の中からやっと選べたモーネ用の1本は、Rap!Rap!さんに聞いたら、一番最初に提出してくれた宿題のエンピツだったとか。
この箱のまま飾ろうと思うし、誰かにプレゼントしたくなっている。何だかこのままスイスでも展覧会ができそうな気もする。
生徒たちから「宿題出し屋」という肩書きもつけられてるけど、こういう化学反応の着地があるからやっぱり電波棒がピンときた時は「宿題」を口にしてしまう。
by maane-news | 2015-06-24 12:31
お知らせ
c0165372_9181910.jpg
6月23日からコンピスで始まった「木−4つの物語」は4組の作家によるテーブルやベンチ、木の小物、カトラリーのほかイラストレーションやぬいぐるみなど木にまつわるいろんな作品を会場にぎゅっと並べて展示・販売をしますので是非お越しください。
6月27日(土)にはソプラノとリュートのミニライブも開催します。
> 木−4つの物語
by maane-news | 2015-06-24 12:30
同級生
c0165372_18551045.jpg
3期生のかおりんが先月結婚して、同級生達が企画したお祝いの会に私と工作所も招かれた。
かおりんが寺子屋を卒業した時の制作もそれからもレース糸で輪っかを編んだカードやアクセサリーの作品を作り続けてる。
彼女の作る作品の名前「ene」にちなんで透ける紙の幸せの輪っかが降ってくる、すごく素敵な空間のディスプレイを同級生達みんなが手掛けてくれた。
1時間前まで後輩達「ろ」組が型染めの授業をやっていたのに、たった1時間程でびっくりするくらいコンピスの空間が変っていた。

c0165372_18571619.jpg
モーネの集いはいつものように一人1品持ち寄りで。

c0165372_18555451.jpg
こんなあったかな友達を想う集まりができるなんて!
これが、寺子屋時間で投げたボールをちゃんと心でキャッチしてくれたことなんだと涙ぐんだ。
誰かを想って手と心を動かして生まれるものほど美しいものはないなぁとつくづく想う。
人に想いを届ける造形は清らかだとほんとうに感動した私。
幸せの輪っかが舞い降りるそんな集まりがまたあってほしいと、この輪っか達はモーネでしばらく預かることにした。
by maane-news | 2015-06-22 12:30
駒形克己さんのワークショップ
c0165372_4926.jpg
心待ちにしていた駒形克己さんのモーネで2度目のワークショップ。
午前と午後で70人以上の以上の手と心が動いた日。

c0165372_492632.jpg
いつもどおりの合評時間。
この独特の合評時間が駒形さんの魅力。

c0165372_415129.jpg
姉妹揃ってこども寺子屋に来てくれている2人も「ほぉ〜いいねぇ〜」と駒形さんに言ってもらっていい笑顔。

c0165372_4153022.jpg
恥ずかしいとかよりこの時間を共有したくて、工作所と2人してすっかり5才のココロで参加してしまう。

c0165372_415502.jpg
こまっちゃんに無理をお願いしてこの日モーネに来てもらいお昼を頼んだ。
モーネを卒業してから1年間、実家のお店「サンビーム」のキッチンで料理していた時間はやっぱり作るものににじみ出てるなぁ。
久しぶりの“こまかない” → 涙! → おいしすぎ!!

c0165372_4175778.jpg
午後のWS。
グラフィック工芸コースの1期生から9期生も一つのテーブルで手を動かす。
いいなぁ、こういうのって。

c0165372_417254.jpg
今回はキュロットさんの甘みとお茶を添えてお話会もお願いした。

私の記憶の駒形さんの言葉
・自分で考える
・狭い道をあるきなさい
・継続性を持って進めているか
・量に向き合う
・デザインの問題解決という手法に「理由」が生まれる
・種はくさらない
・自分の感性で反応する
・ぎりぎりまで待つ
・あきらめない

世界中で活躍されている駒形さんのワークショップをモーネで実現するにはいろんなハードルがあるけれど、4期生のやっしーのおかげで今回も無事実現できてほんとうによかった。
いい刺激をいただけたいい1日。また来年も実現させたいなぁと。
by maane-news | 2015-06-20 12:30
「は」組
c0165372_6403191.jpg
「は」組はいよいよ卒業展に向けての課題「想いをカタチにする実験」がスタート。
自分の“習性”を視覚化できるものを何か持って来て1冊にファイリングする。
ムラッチが持って来たのは甥っ子の絵や切手。どうも彼女は封筒や何かにちいさなポイントを付けて誰かに想いを伝える習性があるみたい。
今日は「ポイントをつける」のキーワードが見つかった。

c0165372_6405551.jpg
ロングは旅先でのドアの写真を撮ることとマグネットの収集、飴の収集が習性。
1年目の「い」組の切り抜きも「しかく」がモチーフだったし、四角いカタチが好きな習性。

c0165372_6412040.jpg
倍速はかなり昔の写真と言葉のファイルを持って来た。
電車の中や歩いてる時など何か動く時にシャッターを切っていた習性があったらしい。
写真がものすごく魅力的で、この素材は生かすことに。

c0165372_6414491.jpg
レトロンはいつかドイツで印刷屋とカフェをするのが夢だとずっと口にしている。
最近もドイツに行って来て、その夢を意識して動き回ってきたみたい。
カフェの名前や出すお菓子や場所まで妄想されていた。

c0165372_642931.jpg
ダーさんの習性は自分の行動記録と写真とフランス菓子。
カッコイイ写真撮るなぁ。
彼女の考える「妄想紳士服店」はさてどんなカタチで着地するか、どんどん妄想して行こ〜っ!

c0165372_642285.jpg
7期生の「は」組はこれまでで一番人数が少ない6人。
卒業のものづくり展がさびしい展示になるのはイヤだなとこの「は」組の初回に7期生のお茶研究倶楽部「7茶研(ななちゃけん)」を提案して、この日の午後はその研究活動の2回目。
毎回、何かを乾燥させて紅茶・ほうじ茶・緑茶にブレンドして、それぞれ記録を取って卒業のものづくり展で研究発表しようと思っている。

c0165372_6424947.jpg
研究活動なので白衣も用意してて「は」組の助手をしてくれている5期生の彩ちゃんがミーティングで決まったブレンドを煎れてくれた。今日は2種類とも美味しかったぁ。
卒業展までは山あり谷ありでも、こんなたのしい研究を重ねながら、きっと来年の3月にはみんなの習性がすてきなカタチになってるからね〜。
by maane-news | 2015-06-19 12:30
香川に
c0165372_542788.jpg
今年初めての香川。
瀬戸大橋を渡る時、いつもドアのところに行って窓からずっと瀬戸内を見てしまう。
なぜか細胞から反応する程この景色が好きなのはやっぱり香川で生まれて育った両親の血だからかなぁ。

c0165372_5423797.jpg
泊まったのが金比羅(こんぴら)さんのある琴平町。
早起きして朝6時から一人で歩いてこんぴら参りに。
785段の階段は思っていたより急で、ハァハァいいながら。
本宮から母にモーニングコールをかけてみたら2ヶ月ぶりに携帯に出ることができた。
すごい!!おかあさん。在宅を続けられる希望がまた大きくなってきた。
数値や平均値とかデータでジャッジされてもあきらめずに自分で見定めることってほんとうに大事だと思った。

c0165372_5485574.jpg
10ヶ月ぶりの善通寺の病院。
ニッチのコーナーは魚が飾られていました。
開院してからもう3周目の季節が巡っていた。
小さなモビールみたいな小魚を作って一緒に吊り下げてもかわいいかなと思った。
来年4周目に入るまでにニッチ作品にプラスできるものを作って届けられたらいいなぁ。
by maane-news | 2015-06-11 12:30
シュワッチの続き
c0165372_557495.jpg
母が退院して実家からモーネに戻ってきたハッピーな気持ちをブログで綴ったら、30代の頃に住んでいた時のご近所の友人が「孫の古いおもちゃですが」とこんなものを届けてくださった。
手渡された包みを開いたら一服のお茶と一緒に手の平サイズのウルトラマンと仮面ライダーのフィギアが出てきてびっくり〜!
ちょうど寺子屋の日だった「は」組のみんなに見せたら「このウルトラマンは何代目?」という話題になり、レトロンのご主人が詳しいと知って教えてもらったら“昭和最後のウルトラマン”だということが判明。私も昭和生まれだし、何だか親近感を持てた。
これからは赤いランプが点滅しないようしなくっちゃ。
by maane-news | 2015-06-10 12:30