<   2015年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧
新「い」組
c0165372_035678.jpg
c0165372_0352630.jpg
グラフィック工芸コースの新「い」組が始まった。
気がつくと9期生。1期生を迎えた母屋の1階の寺子屋の部屋で最初の授業。
あの頃はこの空間に何もなくて工作所が作った文机だけが並んでいた。
今は本棚やカードのストック用キャビネットとかが共存している賑やかな空間になった。
初めましての1回目は例年と同じく元旦から切抜いたモチーフのノートを見せ合う自己紹介。
みんなまじめでいい感じでスタートした。何と言っても「こども寺子屋」にずっと来てくれていた中学2年生のもえちゃんがいる。「は」組を卒業したこまゆの16歳が更新されて最年少モーネギネス記録が13歳になった。
どんなクラスの育ってゆくのか、たのしみな初回になった。
これから1年間よろしくね〜!
by maane-news | 2015-03-30 12:30
かえる食堂のお知らせ
c0165372_222467.jpg
4月4日からコンピスで展示をしてくれる「かえる食堂」のかえるちゃん。
今発売中の雑誌nidの「あの日との暮し方」の中で新しく引っ越したお家が取材されています。
新しいお家にはまだ私も行けてないので、写真に写っているご主人と2人で内装を手がけたという空間が大人っぽい感じでほんとうに素敵。
それからもうひとつお知らせがあって、3月31日(火)の朝、NHKの「あさイチ」でバナナの特集があって、その中でかえるちゃんの干しバナナが放送されるそうです。
是非、雑誌も放送もご覧くださいね。

4月4日からの展覧会「広島のかえる食堂」でもかえるちゃんのお菓子やおススメの広島の食材など、今までとはまた違うかえるちゃんの提案がお楽しみいただけます。
春の京都に是非お越しくださいね。

> 広島のかえる食堂
by maane-news | 2015-03-28 12:30
お知らせ
c0165372_12581770.jpg
c0165372_12583888.jpg
c0165372_12585861.jpg
彦根の& Anneさんで、ワイヤークラフト作家の奥田由味子さんとの2人展「植物と器とwire work」が始まりました。
今回はちいさな陶器の器に多肉植物を植え込んだ鉢植えをたくさん並べました。
300個近い鉢植えはカタチや色、絵付けがひとつひとつ違うのと多肉植物もいろいろで、たのしんで見ていただけると思います。/seiken工作所*

c0165372_12591621.jpg
c0165372_12593531.jpg
奥田さんのワイヤーワークの作品もとてもすてきです。
ちいさな鉢や陶器のカケラ、紙といった異素材とワイヤー、植物を組み合わせて試みたオリジナルの作品が新鮮です。

「植物と器とwire work」は4月12日(日)まで開催していますので、& Anneさんの近くにある彦根城の桜と一緒に展を楽しみにお越しください。*水曜・木曜はお休み
> 植物と器とwire work
by maane-news | 2015-03-27 12:30
グラフィック工芸コース「もの作り展」
c0165372_17552716.jpg
c0165372_17554360.jpg
グラフィック工芸コース6期生のもの作り展が始まった。

6期生の生徒たちは一番年下が10代で年上が50代と年齢差が40才近くある学年でしたが、みんな姉妹のように仲良くて、みんなで楽しく面白がって、時には立ち止まった仲間をそっと見守り、3年間を過ごしてくれた仲良しの13人。

誰でもその人らしい『何か』を必ず持っている。モーネ寺子屋も3年間はその『何か』に自分自身が気づくために、いろんな素材と向き合って手を動かしてもらう。
きっと、ここまで仕上げるのはどんなにかしんどかっただろうな...
でも、見る側を心地よくしてくれるそれぞれの着地をしてくれたことに感動した。

社会に出てからこんな仲間が出来ることはきっとこれからも振り返って思うとかけがえのない心の財産になっていると思います。
ひとりじゃなく、仲間がいてくれたからカタチになった6期生のもの作り展です。
会場で是非ご覧ください。

*会場の様子や13人の作品の一部をupしています。
> こちら

by maane-news | 2015-03-23 12:33
「い」組
c0165372_16524888.jpg
あっという間に1年が過ぎて、グラフィック工芸コースもそれぞれ最終回に。
いつも「い」組の最後は「想いをカタチ」にする白と黒の実験をする。
5期生からだったかなぁ、切抜きの宿題を1冊の小さな本に仕上げて終わるのも恒例になった。
みんなで宿題の本を見せながらの午前中。
ほんとうにすごいと思うのはみんながそれぞれの想いをちゃんと1冊のカタチにできること。
去年のお正月から続けた1年と3ヶ月間の切り抜き時間はちゃんとカタチになってにじみ出ると毎年感動してしまう。

c0165372_1653264.jpg
c0165372_1653139.jpg
c0165372_16532446.jpg
c0165372_16533885.jpg
午後からは実技。言葉を選んで、それを視覚化する。『ビジュアル書道』と読んでる最後の区切りにぴったりの課題。8期生は立体的になった人が多いおは何故かな?!
今年はコンピスで大きな壁に展示して合評。みんなが自分たちの実験結果に「オォ〜〜美術館みた〜い」と騒いでたのが、うれしかったぁ。

c0165372_16534720.jpg
最後は恒例の「一品持ち寄り会」で。
14回の寺子屋時間に乾杯!
by maane-news | 2015-03-23 12:32
「ろ」組
c0165372_171928.jpg
「ろ」組のラストは「パッケージデザイン」。
前回の『妄想店主』がおもしろくて、その続きのパッケージという副題付き。
今年はソングバードさんのコーヒー豆とキュロットさんのジャムのどちらかを選んでパッケージを考えるという課題で。
やまびこ食堂は、おむすびとドーナツを挟む紙まで生まれてた。
ムラッチの素直な目線がそのまますっと着地してる。

c0165372_17185246.jpg
しろくまベーカリという発想がたのしくて、工作所が七穀を巻き込んでほんまにやろうやと彩ちゃんと打ち合わせにまで発展。

c0165372_17183875.jpg
ダーさんコラージュはばく進中。
昔の暮しの手帳の紙が彼女の手業にはすごくあってると思う紳士服屋さん。

c0165372_17191214.jpg
倍速は桜の印象を表した着物のお店。

c0165372_17201831.jpg
ロングは水引のワークショップに参加した直後で、雑誌の紙を水引仕立てにした、古い飴屋のパッケージ。

c0165372_17193125.jpg
2年目もラストになるとみんな自由に手と心を動かすなぁと、私は授業そっちのけで、3期生のみらいちゃんとあっきーが展示をしてくれているコンピスへエスケープしていたけれど、戻ってきたらこんなに面白い実験になってた。
7年間で一番少人数だった「ろ」組だったけど、でもそれだけ濃縮した時間を過ごせたと思う。
「ろ」組も持ち寄り会(この日のお題は『臭いチーズ』)で締めくくり。
みんな1年間をありがとうね!
by maane-news | 2015-03-23 12:31
「は」組
c0165372_17503167.jpg
グラフィック工芸コースの3年間でほんとうに最後の一日になる「は」組。
みんなこのモーネに3年間も通ってくれたんだと、そしていろんなことがたくさんあったなって…そう振り返ると涙が出てしまう。
この日のお昼は野菜スープとずっと焼いている天然酵母のパンと井上の母のスコーン。
もの作り展の打ち合わせがほとんどになる「は」組は毎年お昼ごはんを一緒に食べる。この6期生ともよく食べて、モーネ寺子屋は学校というより同じ釜の飯を食べた仲間もしくは同士かな?

c0165372_17512127.jpg
ずっと娘さんの受験でこれなかったわたじゅん。
1年目のノートを生かした着地に決心した。
それがいいと思う。

c0165372_17515520.jpg
顔だけで展開と決心したクロッキーは迷わずどんどん生み出されている。

c0165372_17521748.jpg
去年7月に生まれた葉月ちゃんの1歳の誕生日の贈り物。実のあるデザインには驚かされる。

c0165372_17524312.jpg
こまゆのお菓子の標本はお皿が時間を伝えてる。
モーネ最年少の16歳で来てくれたこまゆも今年は19歳になるんだな。

c0165372_1753514.jpg
うらちゃんも途中のカタチで見せることを決心してから自由になった。
きっといつか思っていた大きな布で何かができると思う。

大人になってこんなに真剣に向き合った3年間の時間をきっと10年経って振り返ったら、胸の奥の方がきっとあたたかになってものすごく懐かしくなると思うから、「もの作り展」までグっと集中して走り抜いてほしいと思う。
by maane-news | 2015-03-23 12:30
ご・はんのおとも
c0165372_1056412.jpg
毎月15日は2周目に入った5期生の「ご・はんのおとも」の日。
今月はまりさんから、この日あったお味噌汁のワークショップにちなんでと『シアワセを結ぶ』というテーマで、7種類の利き米や焼き海苔、練り梅、いぶりがっこが入ったおむすびセットを届けてくれた。
「忙しいゆきさんですが、ときにはお散歩に、時にはご家族とすてきなおむすび時間を」と書かれたタンポポの切り紙レターが添えられていた。ジンとしてしまう。
よぉ〜し、いつも三角むすびのつもりが野球のボールのようになってしまうけど、この7種類のお米は全部おむすびでいただくことにしよう。

c0165372_10554851.jpg
段ボール箱にはこんなあそびゴコロのタグがついて無事に京都に到着〜!
つくづくラッピングってかなりなコミュニケーション業(わざ)だと思う。
4の日と15の日にはなるほどと教えられることばかり。
by maane-news | 2015-03-19 12:31
お味噌汁ワークショップ
c0165372_1175090.jpg
平山由香さんのお味噌汁のワークショップ「毎日食べたいお味噌汁」をコンピスで開催していただきました。午後から2回開催したクラスはどちらも満席で、高松で八百屋さんをされている若い方や高知で生姜を作られている方などうれしいつながりも出来ていつか生姜のワークショップもやってねと由香ちゃんにリクエスト。
6月に第2回目のお味噌汁のワークショップを開催しますので是非参加ください。
by maane-news | 2015-03-19 12:30
お知らせ
c0165372_12514779.jpg
c0165372_12522235.jpg
モーネ寺子屋の5期生:フッチーの初めての個展のお知らせです。
一年前、モーネを卒業する少し前から作っていた絵画のようなブローチ。かわいいけどちょっと不思議なのが魅力。今回の展覧会は「絵画のカケラ」をテーマに、空想の世界と現実の世界を行ったり来たりするような作品を展示するそうです。
今、東京のスパイラルでイベントをやっている七穀ベーカリーと同じくモーネの卒業生たちがいろんなところでそれぞれ自分のカタチになってゆくのが楽しみ。
「空想のカケラ」は3月20日(金)から25日(水)まで大阪:南船場のタピエスタイルさんで開催しますので、お近くにお出掛けの方は是非足を運んでください。

空想のカケラ
会期:3月20日(金)〜25日(水) 12:30~19:30(最終日は17:00まで)
会場:タピエスタイル(大阪:南船場)
> 詳しくはこちら

*フッチーの作品がアップされていますのでこちらも是非。
> Homepage
> Facebook

by maane-news | 2015-03-18 12:30