<   2015年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧
2月の配達弁当
c0165372_23452439.jpg2月2日
c0165372_23454056.jpg2月12日
c0165372_23455637.jpg2月19日
c0165372_23461148.jpg2月26日
週に1回の2期生角田かあちゃんの配達弁当。
しばらくNEWSでお知らせ出来てなかったので「もう配達弁当は止めたんですか?」とよく聞かれましたが、かあちゃんの配達弁当は変わらずにずっと届いています。
クキコママ(井上の母)が“海苔弁”が好きだということを知って、2月はこんな海苔のカットワークで笑わせてくれたお弁当でした。
*工作所が担当してくれているTwitterで、この『かあちゃん配達弁当』と2期生の『日めくりカレンダー』をアップして
 くれてますのでそちらも覗いてみてください。> こちら

by maane-news | 2015-02-28 12:30
ご・はんのとも
c0165372_12441890.jpg
5期生の「ごはんのとも」、一周りしたので終わりだと思っていたら、2周目が届いた。
「まだまだ寒い日が続くので、5の湯で温まってください」と、えみちゃんの想いのカタチ。
檜(ひのき)や柚の温泉の素まで入ってて、開運干支飴はおみくじ付き→「大吉」でした!

c0165372_12443564.jpg
温泉とうふは温泉水と一緒に煮て、後で雑炊にするのがおいしいとか。
お豆腐以外は何も入れずにシンプルに湯豆腐にして残りはお奨めの雑炊に。
お豆腐とごはんがミルク粥みたいで絶品! いつかお取り寄せしたくなった味。
えみちゃんの『5の湯』で身体も心もホカホカになった。
by maane-news | 2015-02-27 12:30
ホスピタルアートのお話会
c0165372_2224372.jpg
ホスピタルアートディレクターの森合音(もりあいね)さんを招いたお話会。
始まる前にささやかな感謝の一服をとキュロットさんにお菓子を頼んでいた。
みなさん一口ほおばると「おいし〜い」と幸せそうな気持ちで着席。

c0165372_22253668.jpg
現役の大学生から個人医院を営んでる方、デイサービスの主催者まで60人もの方が来てくださり、コンピスはぎゅっと詰まった空間に。
幅広くいろんな方々に興味を持って参加していただけたことがうれしかった。

c0165372_2225864.jpg
合音さんのお話は休憩なしで約2時間あまり。ほんとうに心に沁み入る深いお話だった。
写すスライドをモーネに合わせて組み立ててくださって、私はこれで合音さんのスライドトークを聞くのは3度目になるけれど、まだまだ知らないことがたくさんあるんだと思った。
終ってから、参加者の何人もの方が「すうーと耳を傾けられて心に届きした」と話してくださった。
病院で何が大事か。壁画を描いたり絵を壁にかけて終わりでなく、常に問題解決のための『対話の場』であること。
自然の力を信じ、協働することで威圧感のない病院なるために何ができるか。
モーネが関わらせていただいた病院の中のニッチ作品やモーネの生徒達がボランティアで協力してくれている「しりとりえほん」も病院の中で「病気以外の話題」が生まれるきっかけになっていること。共生、多様性、循環するものづくり。誰かが誰かを想う気持ちが、病気の人を包み込んでくれること等々。とても、この深い2時間をとても私の力では言い表せないけれど、合音さんのお話は、元気で社会で働く場所でも同じことが言えるように感じた。
忙しい中でモーネで念願のお話会を実現してくださったことに感謝します。ほんとうにありがとうございました。
今、モーネができることはこんな機会を何度も作って知ってもらうこと。自分で何ができるか考えてもらうきっかけづくりだと思う。
今年9月にはそのことを視覚的に伝える展覧会を開催しようと思う。
by maane-news | 2015-02-23 12:30
お味噌汁ワークショップ
c0165372_0263456.jpg
c0165372_027614.jpg
料理研究家の平山由香さんがお味噌汁のワークショップをモーネで開催してくださいます。
テーブルコーディネーターのクニエダヤスエさんのワークショップで知り合って以来の長い付き合いで、平山さんと言うより由香ちゃんと親しく呼ばせてもらっていますが、モーネの寺子屋でお干菓子作りの講師をしてくれているフードコーディネーターの原敬子さんやかえる食堂の松本朱希子さん(かえるちゃん)も彼女の料理教室から卒業して、それぞれいろんなカタチでモーネに関わってくれています。
料理に関わる仕事をしている彼女が、お味噌汁を少しでも多くの食卓に復活させようと取り組んでいる「お味噌汁復活委員会」の活動のひとつとして、いろんな出汁(だし)のテイスティング、簡単な旨味出汁の作り方、お味噌の種類と具材の取り合わせのコツなど「毎日食べたいお味噌汁」と題したワークショップです。
お味噌汁とおむすびの試食もあって、平山さんの目からウロコのお味噌汁のお話が聞けるかも。
ちょっとほっとするあたたかい「お味噌汁」のワークショップにどうぞお越しください。
> 詳しくはこちら
by maane-news | 2015-02-21 12:30
グラフィック工芸コース「は」組
c0165372_013358.jpg
卒業のもの作り展まであと2回になった「は」組。
みんな覚悟を決めて、グっと引き算を。
“作品展”でなくていいから、モーネに通った3年間で見つけた自分の双葉をそのままで見せていいから、「これから始まるよ〜」がモーネの卒業なのです。
クラフトカメレオンの展示はこのコーナーにしたら愉快やん。

c0165372_0135215.jpg
手刷りの小さな連凧は、コンピスの天井に飛ばそう!

c0165372_014595.jpg
一年目の切り抜きの丸から繋がってこんな包みの丸につながった。

c0165372_0183843.jpg
種が好きだったこどもの時のココロが形にちゃんとなってる〜。

c0165372_0143143.jpg
この日のお昼はこまかないの代わりに工作所が鶏と野菜でスープをとって作ったカレー。
すごくおいしくて毎月作ってほしいと頼んだ。
こうやってみんなでいただくごはんはおいしいなぁ...あっ、いつの間にかパイナップルが!
by maane-news | 2015-02-18 12:30
仕事の機会
c0165372_21153096.jpg
3月4日から8日まで南青山のスパイラルで開催される「手から手へ くらしの中の道具たち」という大分県の工芸品の展のDMやリーフレットをデザインする機会をいただきました。
このDMの仕事は今年で3年目になるが、今回が最後になるのでと22名の作家さんを紹介するリーフレットを作ることになった。
いつも私はエンピツのスケッチだけで、それを元に担当のH女史がカメラマンさんと撮影してくださり、そのデータをもらって3期生アニキがデータ作業をしてくれるという流れ。
そしていつも確かなカタチであがってくる。
デザインの想いはリーフレットを開いたら工芸品が生まれる場所の「大分の海と山の風景」の印象を表すことにした。
印刷があがるまで緊張したが、何とか思っていた印象に近いものができあがった。
目立たなくていい、さりげなく想いに寄り添うというデザインの仕事に巡り会うことは数少ないけど、そんな機会はみなが同じベクトルに向きす〜っと着地できる。いい仕事はこういうことだなと感じる。
3月になってスパイラルの近くにお出掛けの折には是非お立ち寄り下さい。

手から手へ くらしの中の道具たち
3月4日(水)-3月8日(日) 11:00-20:00
スパイラル1Fショウケース(東京:南青山)

by maane-news | 2015-02-14 12:30
しりとり絵本
c0165372_2354297.jpg
c0165372_23544512.jpg
四国こどもとおとなの医療センターに贈る「しりとりえほん」
5回目のテーマは「白い鳥」が表紙でしりとりは「ゆき」からはじまる。
立春までに届ける予定が少し遅れてしまったけど、こども寺子屋の生徒たちまで手伝ってくれた今回の絵本はほんとうにかわいい。
手にしてくれた入院中のこどもたちがあたたかになることを願う。
今月22日に、その四国こどもとおとなの医療センターでホスピタルアートディレクターをされている森合音(もりあいね)さんを招いて開催するホスピタルアートのお話会には50人近くのお申し込みをいただきましたが、こんな貴重な機会は少しでも多くの方に参加いただければと思っています。
> ホスピタルアートのスライドお話会
by maane-news | 2015-02-12 12:30
4の日
c0165372_11351387.jpg
先週2月4日、立春の日にやっしーから4の日のお茶時間が届いた。
段ボールの箱を開けたら、切り紙の花がパーッてひろがって春が飛び込んできた。
私が大好きなレモンづくし。
ここのところの寒さで足に痛みが出てしまったクキコママの治療の工夫にあちこち走り回ってて、ちょっぴり疲れが出てた頃に届いたレモンビタミン便に元気復活となった。
22日に予定している「ホスピタルアートのお話会」で“四国こどもとおとなの医療センター”の森合音(もりあいね)さんからホスピタルアートのことや病院でのもの作りのお話が聞けると思うけど、こんな風に元気な色の紙を花のカタチに切って箱にちりばめる工夫は病院にいる人に何かを届ける時にも生かせる素敵なアイデアだと思う。
by maane-news | 2015-02-09 12:30
こども寺子屋「もの作り展」
c0165372_7173767.jpg
c0165372_7181262.jpg
c0165372_7191755.jpg
c0165372_7194149.jpg
こども寺子屋「もの作り」展を2月11日(水・祝)までコンピスで開催しています。
「こどもグラフィック工芸コース」と「こども工作コース」のこどもたちとモーネの1年間のゆかいなもの作りの実験から生まれた作品を展示していますのでどうぞお越しください。
> 詳しくはこちら
by maane-news | 2015-02-08 12:30
もうひとつの宝物記録
c0165372_18111625.jpg
スイスに行った時の記録を一冊にまとめたノートを持ってこまっちゃんがに来てくれた。
2008年から6年間のモーネの『まかないノート』以外に、こまっちゃんはスイスでも記録の絵日記をつけてくれたんだ。
スイスでの10日の時間がコマブーの目線で描かれてる。向こうでお世話になった方たちの似顔絵もそっくり。ページの隅々まで描かれた絵に思わず微笑んでしまう。
いつもびっくりするけれど、目で記録出来るこまっちゃんの「目カメラ」はほんとうにすごいと思う。

c0165372_18102521.jpg
「ありがとうがずっ〜と続きます。全てのつながりに感謝の気持ちでいっぱい!」と書かれたノートの最後のページをめくると、こんなコマブーが描かれて「15冊目」と記されていた。
あかん、泣きそうになったよこまっちゃん。
ありがとうまた大切な宝物記録が増えた。
by maane-news | 2015-02-05 12:30