<   2014年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧
「ろ」組
c0165372_11515857.jpg
グラフィック工芸コース「ろ」組は石こう型で作る器。
5月に作った石こう型で作った器にこの日は絵付けをする。

c0165372_11545210.jpg
この日の「ろ」組の様子を7期生の一人“だーさん”のレポートノートでご覧ください。
> だーさんレポート

c0165372_1216498.jpg
このレポートは「い」組の時からずっとその日のグラフィック工芸コースのことを冊子にしてモーネに届けてくれる。
本人曰く「記録するのが好き」だそうで、その日の夜か翌日の朝早くポストに入っている!
毎回、写真と的確な視線のコメントで綴られたノートは違った目線で記録されているので笑ってしまうことや気付かされることがいっぱいで濃密なライブ感満載のレポートです。

c0165372_11575428.jpg
あ、そうそう、おまけにこの日のおやつはだーさんの作ってくれたレモンタルトでお茶時間。
おいしかったです。ごちそうさまでした。/seiken工作所*
by maane-news | 2014-07-30 12:30
「は」組
c0165372_710176.jpg
グラフィック工芸コース「は」組はイラストレーターの篠原奈穂子さんを講師に招いて、ステンシルでポップアップカードをつくる寺子屋。
彼女が日々描き続けている“窓から見える風景の記録”の話にみんなシンとして耳を傾ける。

c0165372_711526.jpg
篠原さんとは23歳の時、同期入社のコクヨで知り合ってから毎年こんなカードを記念日に送ってもらっている。

c0165372_7112966.jpg
工作所の豆庭をモチーフにしたり。

c0165372_8501476.jpg
好きな線と点のデザインを切抜いてみたり。

c0165372_8503289.jpg
お祝いのカードにと形を半円にしたアイデアも楽しかった。

c0165372_7134284.jpg
それぞれの小さな作品を窓際に置いての合評。
講師の作品作りの講義と手法を学ぶ実技。
こんな専門的な課題も3年目の「は」組だからこそ、今までみんなに浸透していったことが作品から感じられてうれしくなった。

> 篠原奈穂子さんのHP
by maane-news | 2014-07-29 09:13
工作実験室

c0165372_1115894.jpg
モーネの「工作実験室」を始めます。
seiken工作所の土のほか木、布、金属などいろんな素材、道具を使った実験的もの作り、トライアウトを試みる予定。どんな展開になるかわかりませんが始まります。
第1回目、8月は「陶器のブローチ」の体験版ワークショップを開催します。
> 工作実験室
by maane-news | 2014-07-26 12:30
直して使う
c0165372_14131164.jpg
ずっと使っている片手鍋の柄がとれたので新しいものに取り替え。
ぴったりの丸い木が見つかったので1時間足らずで修理完了。
めったにないリペアの作業も仕事の合間のいい気分転換になったしよろこんでもらえた。
新しいものとの出会いもいいけど、使い慣れた道具を直して使い続けるのは何より。
また、おいしいもの作ってください/seiken工作所*
by maane-news | 2014-07-25 12:30
手を動かす一日 その3
c0165372_9134834.jpg
スイスでの展のポスターに「由季子さんの手書きの文字を入れましょう」ということになり、「包み紙展」と明朝体でレタリングした文字を送ったら、外国の方には手書きでなく活字に見えてしまうと。
結局、竹ペンで書いた文字にすることにして紙にいくつも文字を書いたら由季さんらしい手の跡の文字。その中で一番気に入った文字がポスターに使われることになった。/seiken工作所*
by maane-news | 2014-07-24 12:32
手を動かす一日 その2
c0165372_849251.jpg
午後はちいさな陶器のプロジェクトのため、石こうの習作を作る。
展開図を描いて箱を作り、そこに石こうを流し込んで作ったもの、ろくろで丸く削ったものを並べて大きさやカタチ、バランスを確認していたら、向かいの席から由季さんが「さすがプロダクトデザイン」と褒めてもらった。いいタイミングで声かけしてもの作りのスイッチをうまく入れてくれる方こそさすがだと思った。/seiken工作所*
by maane-news | 2014-07-24 12:31
手を動かす一日 その1
c0165372_653379.jpg
工房の大テーブルに向き合って手を動かした一日。
8月にある夏の寺子屋の「さかなの時計」はこどもが描いたさかなの絵を陶器にする。
届いたさかなの絵をコピーして土をさかなのカタチに切るための型紙作り。
初めての試みの「さかなの時計」は愉快なものができそうでたのしみ。
by maane-news | 2014-07-24 12:30
授業の後で一服
c0165372_2283611.jpg
京都市立芸大のリ・ユースの課題も残す授業は後1回。研究室に戻るとビジュアルデザイン科の舟越先生が「一服いかがですか」と祇園祭の菊水鉾の「したたり」のお菓子とキリッとした飲み口のお抹茶を点ててくださった。今日は水張りパネルを盆点前(ぼんてまえ)に見立てて。
今度モーネのお皿を持ってきましょうとかオリジナルの茶碗も欲しいですよねなどと「こういうこともデザインです!」と話がはずんだたのしい授業のあと。
by maane-news | 2014-07-22 12:30
こどもグラフィック工芸コース/2014
c0165372_993462.jpg
こどもグラフィック工芸コースはいろんな光る紙を使って虫の標本箱を作る。
缶ビールのケースや外国のチョコレートの箱、紙専門店で買ったピカピカの紙が今日の材料。
最初はみんなを集めて手順だけ説明。この日は玉虫を作りかけたのに上手く行かなくて、こども達からホタルみたいと言われホタルに変更したけどホタルにも見えず‥、こども達から次々にアドバイスを受けて最後に「たまむしのようなホタル」とネーミングまで付けてもらった。

c0165372_9101635.jpg
c0165372_9103472.jpg
あれこれ突っ込まれてたじたじとなった私の説明がみんなの想像力をより輝かせたみたいで、虫のネーミングがまぁ面白い名前ばかり。何が功を奏するかわからないなぁ。

c0165372_911554.jpg
c0165372_9122750.jpg
最後に好きな光る虫を持って記念撮影!
> みんなの「光る虫」


夏休みには一般のこども寺子屋「光る虫を作る」を開催しますのでご参加お待ちしています。
また違った「光る虫」を作るのでお楽しみに〜。
参加お申し込み > こちら
by maane-news | 2014-07-20 12:30
是非、原画を見に
c0165372_930787.jpg
神戸で開催しているオハセ(井上よう子)の展覧会を見に行ってきました。
DMでも感動していたけど原画の美しさにはしばらく見つめていたら涙がこぼれた。
高校1年からずっと一緒のオハセの絵を見て泣いたのは初めてかもしれない。
魂で描かれた東北の地。是非、見に行ってほしいです。

7月23日(水)までギャラリー島田で開催中
12:00-19:00 火曜:-18:00 最終日:-17:00
by maane-news | 2014-07-19 12:30