<   2013年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧
リ・ユース展
c0165372_15101365.jpg
夏休みでお休みをしてましたコンピスで「うつくしい、つくりなおしーre use, re design」展が始まりました。非常勤講師を勤める京都市立芸術大学のビジュアルデザインの3回生16名が、ゴミとして捨てられるものや使われなくなったいろんな材料を使い、リ・ユース、リ・デザインすることで生まれ変わらせた楽しくて魅力ある作品が並びます。作品だけでなくそれらが出来るまでの過程や発想のきっかけなど“デザインすること”を是非ご覧ください。
9月8日(日)まで開催 *3日(火)・4日(水)はお休み
> 展示風景など詳しくはこちら
by maane-news | 2013-08-31 12:31
みずのき美術館
c0165372_10333536.jpg
c0165372_10342353.jpg
この日、亀岡にある「みずのき美術館」へ。春に嵐山で工房ソラさんのボタン展を開催した時にお世話になったのですが、やっと行って来ました。去年秋にオープンしたアールブリュットの作品をするこの美術館は亀岡駅から歩いて10分足らずの市街地の中、商店街の並びにあって、元は理髪店だったお家をリノベイトされたそう。なので入口にはおなじみのサインポールがそのまま使われていました。
堀田哲明さんの「たくさんのひとつの家」が開催中。靴を脱いで2階に上がると、クレヨンで描かれた何枚もの“家”が壁面いっぱいに展示されていて、一枚一枚独特な色使いとクレヨンの匂いがとても印象に残りました。
堀田さんの展は9月1日までですが9月14日から次の展覧会が始まるそうです。
とてもすてきな美術館ですのでどうぞお出掛けください。
by maane-news | 2013-08-31 12:30
お知らせ
c0165372_8443996.jpg
堀井和子さんから“秋篠の森”ギャラリー月草で「9月のシャンブルドット」という展覧会をされるとDMをいただいた。ガラスのジャム入れや縁がプラチナシルバーのパン皿、パンを包むクロスなど、お話を少し伺ったのですが、わくわくするものがたくさん並ぶようです。
> 詳しくはこちら
by maane-news | 2013-08-30 12:30
東京・鎌倉へ ー 松田正平展
c0165372_12283183.jpg
翌日、かえるちゃんに付き合ってもらって堀井和子さんに薦めていただた「松田正平展」を鎌倉近代美術館へ。“陽だまりの色とかたち”というサブタイトルどおりあたたかな作品に溢れていた。今の私には「瀬戸内海」というタイトルの作品に一番惹かれた。瀬戸内海が好きな理由が正平さんと同じ「雲と島が浮かぶ」から。
いつかの夢に向かうようにと自宅の部屋にポストカードを貼ることにした。
by maane-news | 2013-08-29 12:31
東京・鎌倉へ ー 八木保展
c0165372_1158547.jpg
1期生のクボユミに教えてもらって、今週末まで東京神保町の竹尾で開催中の「紙とグラフィックデザイン-八木保の選択眼」に出かけてきた。一昨年、大阪でのトークショーで初めて八木さんのお話が聞けた時も大興奮してしまったが、八木さんの紙コレクションを実際に見ることが出来、写真撮影もさせていただけて長い時間滞在させていただいた。

c0165372_1159745.jpg
大好きなニューヨークの“テンダーボタン”の紙袋。こんなデザインのタイプは知らなかった。八木さんが一番好きな紙はクラフト紙だとか。

c0165372_11592176.jpg
モーネでもよく使っている丸シールのシールを使った後の台紙もコレクションに入っていて、すごくうれしかった。

c0165372_11585795.jpg
封筒の裏(八木さんは「内側」と呼ばれている)もきちんとファイルされていた。海外のものは日本のより文様が小さくてよりきれいだと思った。

c0165372_11593629.jpg
ル・コルビジェの建築の色見本帳もぐっとくる配色だった。ほかにも倉俣史朗さんのメモを本にする時に予算がなかったから1枚ずつコピーして本を作ったとか。うん、うん。
大学を卒業してコクヨで仕事をしている頃、芦屋のアンリシャルパンティエが新しく作った“C3”の紙袋にすごく感動して、それが私にとって初めて八木さんを知った“紙”だった。“素材パレット”を使ったプレゼンの方法は今も芸大で課題を出す時に伝えている。

今回の展示でも八木さんの言葉が印象に残った。
「大切なのは、とにかくひとつひとつ手でつくること」
「紙を残したくなるのは、何かの痕跡があるから捨てられななくなる」
「現物を見てもらうこと、それが本当のビジュアルコミュニケーション」


今回の展示では紙を介した八木さんのデザインと思考にものすごく同感することばかりだった。だから“好きだ”とずっと思っていたんだな。
ふと、来年はコンピスで「モーネの理由があって残してる紙モノ」展をやりたくなった。
by maane-news | 2013-08-29 12:30
新米
c0165372_11194653.jpg
先日モーネを訪ねてくれた高知の長崎さんからお礼にとお米が届いた。
いつもモーネにおいしいお野菜を送ってくださるファーム・ベジコの今年“1回目”の新米。
土鍋で炊いたら、ふんわりしていて、甘くて、もちっとしてて、やっぱりごはんは最高!
ごちそうさまでした。
by maane-news | 2013-08-27 12:30
土はともだち
c0165372_1653090.jpg
1期生のうえちゃんがモーネに来てくれた。以前作った陶器のチーズボードの使い勝手がよくて、また作りたいということで、1時間あまりで直径25、6センチ、厚さが1センチほどのまるい土のお皿が2枚できた。縁のところがほんの少し立ち上がっている以外はシンプルで何とも潔いカタチ。とても素敵なチーズボードになりそうで窯入れが楽しみ。/seiken工作所*
by maane-news | 2013-08-26 12:30
一周忌
c0165372_11583816.jpg
父の一周忌で香川に行って来た。要介護5の母を連れてなので、車いすが乗せられる介護車を借り、バリアフリーの部屋のあるホテルに泊まっての1泊2日の旅。
泊まった坂出の山の中腹から見えた夜明け前の瀬戸内海の空にきれいな白い月が見えた。
あっと言う間の1年だったけど、1年間一人暮らしを続けた母には長い1年間だったかも。「この1年間はお父さんが生きていた時よりもっと深くお父さんと共に生きてこられたと思います」と父を預かってくださっている西覚寺のご住職が話してくれた言葉はほんとうにその通りだと思った。そして、心の中で何度も何度も父と対話していたようで涙が止まらなかった。

c0165372_11592723.jpg
母と妹も一緒だったので、四国こどもとおとなの医療センターを少し見させていただけた。
モーネが関わった小児病棟のニッチには職員さんが折り紙で作ったカブトムシと入院されてるこども達のお母さんが作ったバラの折り紙が一緒に並んでいた。「あっ!」の棚はちゃんと役割を果たしていると思った。小さなニッチを通じて会話がつながってることを知ることが出来てまた胸が熱くなった。
父と母を想って作った作品が設置された霊安室にも入らせていただいた。妹はだまってそれを見つめ母は手を合わせていた。父の一周忌にみんな揃ってこの場所にいることが出来て、家族がひとつにつながっているんだとあたたかな気持ちになれた。この作品をお声掛け頂いた時からきっとこの日が来ることが決まっていたのかもしれないと思った。

c0165372_1159947.jpg
母の希望で美味しいおうどんを食べることもできた。
ちょうど一年前、四国に住んでいるいとこが連れていってくれた丸亀の「明水亭」というお店。その時は偶然にも「住み直す」を読んでくださっていたお店の奥さまが声をかけてくださった。今回はまた新しい方との出会いもあり四国こどもとおとなの医療センターの話題でひとしきり。
「今度はモーネの生徒たちと来ますね」と約束してお店を後にした。
ますます四国が好きになってきているねと工作所と私。
by maane-news | 2013-08-25 12:30
初! 地蔵盆
c0165372_20542369.jpg
8月の終わり頃、京都の市内でよく見かける「地蔵盆(じぞうぼん)」。
学生の時からあちこちの路地とかで目にしていた光景に、今年は町内会の役回りでテントの設営やお地蔵さんの飾り付け、お菓子の準備等々お手伝いをしてきました。「地蔵盆が一年のメインイベント。これがすんだらもう終わったようなもんや」と言っていた通り、みなさん結構エネルギーを注いでいるように感じた。正直最初は仕方なくと思っていたけど、話す機会のない町内の大先輩方から昔の興味深いことをあれこれ聞くことが出来たりして、なかなかおもしろい初めての“日常の京都”を経験出来ました。
写真は地蔵盆のお下がりの紋菓子(もんがし)。こしあんの入った“卍”をかたどったシンプルなデザインの紅白まんじゅう。おいしいです。/seiken工作所*
by maane-news | 2013-08-24 12:30
植物ならべ
c0165372_1611100.jpg
モーネにやって来た植物を古い会議テーブルの上に並べてみた。1メートルほどの“フィカスウンベラータ”も2メートルの高さになって結構存在感がある。他にも“モンステラ”や“コウモリラン”を並べたら小さいながらもモーネのボタニカル・ガーデンみたいになった。
写真の鉢カバーは思いついたアイデアで作ったものでいつか報告しますね。
植物もまだちょこっとでさまになっていないけど、気持ちいい空間になるように少しずつ緑を増やして行こうと思う。
by maane-news | 2013-08-22 12:30