<   2012年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧
一日寺子屋
c0165372_16401467.jpg
スパイラルマーケットでの「一日寺子屋」で今週も東京へ。
冷え込んだこの日の朝、新幹線から雪のきれいな富士山が見えた。
頭の上の雲も富士山のカタチになって、“ダブル富士”だなんて、お父さんやるな〜。

c0165372_17214563.jpg
「一日寺子屋」の1時間目は、コンピス担当のワカちゃんが刷ってくれた活版の数字。
ポスターのようにカッコイイ数字の活字の紙を使って。

c0165372_17235924.jpg
テーブルの上があっという間に紙で溢れる。

c0165372_17243969.jpg
こんなカードが生まれました。
この日使った“モーネ好みの紙”。先日セットをリニューアルする時、新しい紙のセレクトでものすごく悩んだけど、白の紙もグレーの紙もコラージュによく合っていた。

c0165372_17315335.jpg
2時間目は絵具を使って。

c0165372_17363598.jpg
絵具の模様紙が出来たら、デザイン雑誌の紙とコラージュ。

c0165372_17401398.jpg
カラフルでたのしい作品がいっぱい生まれたのに、この写真しか撮ってなくて残念(涙)。

c0165372_17423727.jpg
最後の3時間目は、スパイラルがクリスマスにお薦めしているデンマークの「クリスマスシール」を使って。

c0165372_17303718.jpg
デンマークの料理雑誌を素材にコラージュ。

c0165372_18234458.jpg
大人っぽいすてきなカードが完成!
偶然、東京で作品を展示するためにデンマークから帰国していたYUKOが駆けつけてくれて、「一日寺子屋」の終わりがデンマーク色で盛り上がった。
1時間目から3時間目まで参加してくださった方は、よくぞモーネの“体育会系もの作り寺子屋”に付いてきてくださったなぁ。それでも「たのしかったぁ」とみなさんが言ってくださって、ほんとうににうれしかった。ありがとうございました。
*YUKOの作品は、アクタス新宿店でご覧いただけますので、是非。

c0165372_18332484.jpg
一日お手伝いをしてくれた「ろ」組の“委員長”とこの日のご褒美に横浜へ。
いつもの特訓モーネでは話せないいろんな話で盛り上がった。ハードだった連続寺子屋週間が終わり、ほっとして委員長を相手に炸裂トークのおやじみたいになったけど、楽しかったぁ!
by maane-news | 2012-11-30 12:30
「ろ」組
c0165372_1031288.jpg
c0165372_1035895.jpg
c0165372_10345726.jpg
二ヶ月ぶりの「ろ」組は「雑誌の表紙をコラージュする」。最初の1時間は本作りの現場の話。みんなものすごく真剣に聞いてくれてちょっと緊張。その後、紙を切り始めたらみんな夢中で、あまりにシーンとなって集中していたので、声をかけるのもぐっと我慢。

c0165372_10354813.jpg
c0165372_1036079.jpg
いろんな印象の表紙が完成した。

c0165372_10375117.jpg
「ろ」組のみんなで面白い『5期生倶楽部』を結成したらしい。と言うのも2年目の「ろ」組になって、切抜きの宿題がなくなったので、毎回共通のモチーフを決めてみんなで切抜きをやって見せ合いっこするルールだとか。初回のお題は「コップ」。私は口を出さずに遠くからみんなで感想を述べ合う様子を眺めてた。

c0165372_10431513.jpg
c0165372_1043183.jpg
次回のお題を決めるのは、それぞれ紙にモチーフを書いた紙を袋に入れてクジ引き。なぜか私がクジを引いて「ヘビ」と出た。来年の干支のモチーフだしタイミングいいお題になった。私が「イバラの道宿題倶楽部」という名付けたら爆笑された。でも、自らイバラの道を望んだし、その通りだと思うけど。「最後に由季さんの感想を」と言われ、「10年か20年してこのノートをみたら、みんなポカポカになるよ〜!」。

c0165372_1050358.jpg
顔を合わせるのが夏以来で、ほんとうに久しぶりなので終ってからみんなでご飯会。
思い切り食べて飲んで喋って楽しかった。
by maane-news | 2012-11-29 12:30
7期生
c0165372_22155410.jpg
来年度の「グラフィック工芸コース」の募集期間が終わり、今回も定員を超える申し込みをいただいたので抽選で7期生16名が決まりました。せっかく申し込んでくださったのに抽選に外れてしまった方にはほんとうに申し訳ありません。
今日は7期生へ案内の資料を発送。去年抽選にもれたので一年間待ってという方や、関西以遠の東西から申し込んでくださった方など16名の名前を間違いがないように確認しながら手紙を書き添えて書類を封筒に入れていたら、途中で手紙の日付が“2011年”になっているのに気がついて慌てて1を2に変形させた。何人かそんな日付の手紙を受け取られる7期生のみなさん、来年3月からどうぞよろしくお願いします。
by maane-news | 2012-11-28 12:30
かわいいジュニア
c0165372_11213885.jpg
ウーバレゴーデンのワークショップの日、今年卒業した3期生のベッシーがジュニアを連れて来てくれました。今年の春、寺子屋を卒業する時はまだお腹にいたので、生まれる前の子供にと型染めでヨダレかけを何枚も造り「さき衣」と名付けた卒業作品でした。初めて会った希(のぞみ)ちゃんがつけていたそのヨダレかけは何度も洗濯されてクタッとなっていて、ギャラリーで見た時より何十倍も素敵なヨダレかけになっていました。
by maane-news | 2012-11-27 12:30
ウーバレゴーデンのワークショップ
c0165372_11212670.jpg
c0165372_112116.jpg
c0165372_1121830.jpg
c0165372_11264913.jpg
c0165372_11213990.jpg
3連休の初日、西宮のウーバレゴーデンで出張モーネ寺子屋を開催。今回は、素焼きのまめ皿や陶片にマスキングテープを使ったり絵具をニードルで引っ掻いて絵付けをするワークショップ。去年も参加してくださった方や親子で来てくださった方など16名の賑やかな寺子屋。みなさん最初はどんな風にしようかと迷ったり悩んでいましたが、手を動かし始めると次々と楽しい愉快なデザインが出来き上がり、予定の2時間があっと言うまに終りました。
このあとモーネの窯で焼いて、一週間後どんなまめ皿とはし置きが出来上がるか楽しみです。

c0165372_11215877.jpg
年に1度のウーバレゴーデンのワークショップは、いつもたのしみのデザート時間が最後にあること。この日はフワッフワのモンブラン。
by maane-news | 2012-11-26 12:30
お知らせ
c0165372_23233410.jpg
『すてきにハンドメイド』12月号のテキストの「編集部が会いに行きます!」のページで井上の母が切り紙の取材で載っています。かわいいクキコかあさんと愛犬のラフも一緒に。
書店で見かけたらご覧下さいね。

c0165372_23235811.jpg
『本の花束』の1月号で「切り紙」を取材していただきました。『本の花束』は生協に入る本だけを扱った新聞ですが、とても丁寧に記事にしてくださいました。他にも拙著「入園入学の品ぞろえ」や「住み直し」、ヒサコおばあちゃんの「しろとくろのあみぐるみ」も紹介してくださっています。

c0165372_23241477.jpg
最後に、『暮らしの手帖』61号の「私の読んだ本」のページで、読者の方が「老いのくらしを変える楽しい切り紙」のことを紹介してくださいました。編集部から送られてきた本を開くと、その方は20代の若い方なのに、本の中でほんとうに伝えたい想いを感じて、言葉で綴ってくださっていました。いろんなカタチでたくさんの人が応援してくださっていて、ありがたいなぁとつくづく感じました。
by maane-news | 2012-11-25 12:30
旅のおいしいもの
c0165372_939287.jpg
千代田区のきりがみ会は、食べることも楽しみのひとつでした。
“すだち鴨蕎麦”は輪切りのすだちがいい香り。

c0165372_93933.jpg
またまたお世話になったかえる食堂で、朝は軽い感じがいいというリクエストに、中華粥を作ってくれた。広島のご両親が作られたホウレンソウ、蕪、金胡麻をアクセントに。

c0165372_9385618.jpg
c0165372_9384088.jpg
神田の古書街にあるロシア料理のお店で、ボルシチとビーフストロガノフのランチ。

9月から合計6日間の上京では、今回のこういった機会でしか行けなかった旧くから東京にあるお店でずっと大切にされているものにたくさん出会えました。実は、12月に「きりがみ会」のことをお話する会が予定されているので、また上京できるのが楽しみです。
by maane-news | 2012-11-22 12:30
千代田区・きりがみの会 最終回
c0165372_1912923.jpg
千代田区でのきりがみの会、今回で最終回となる3回目に行ってきました。
この日、東京へ向かう新幹線から見えた富士山は雲の上から頭を出していて、父に行ってきますの挨拶。

c0165372_19141443.jpg
今回、初きりがみのNさんは夢中になって7枚も仕上げてくださった。別れる時、別の体操の会に出ていたのに、遠くから手を振ってくれた。

c0165372_19455551.jpg
宿題にと渡したノートを持ってきてくれたHくん。タイトルが素敵!

c0165372_19463060.jpg
この場所で3回出席してくださったYさんがハガキの宿題を持って来て下さった。「毎回、ずっと切り紙が頭から離れないのよ〜」と頭を抱えられたが、でも素敵な笑顔なのです。

c0165372_19482712.jpg
神田の会場では、90代のおばあちゃん達が職員さんに車椅子で連れてきてもらう。ここの3人は皆勤賞なのです。

c0165372_19501946.jpg
9月から並べてみると、素直に季節が秋になっている。

c0165372_19511117.jpg
9月は「焼きぐり」、10月は「栗ごはん」を作ってくれた99 歳のOさんの最終回は「富士山ともみじと遠くの山」。私に「いつも褒めてくださって楽しかったぁ。遠くから来てくれてありがとうね。最後だと思うと寂しいね。」と言ってくださって、「それぞれでいいんですね」とみなさん涙目に。私も泣きそうになって我慢するのに困った。おばあちゃん達にまた会えますようにと、手をギュッと握ってさようなら。
by maane-news | 2012-11-21 12:30
ホスピタルアート
c0165372_1220339.jpg
アートと病院などの医療環境をつなぐホスピタルアートの活動をされている特定非営利活動法人のアーツプロジェクトからお声掛けいただき、西宮市の日野小児科内科のプロジェクトに関わらせていただきました。9月24日のNEWSでお知らせしたように、夏休みのこども寺子屋で作る「虫のコラージュ」の陶片にマグネットを付けたもので、病院の待合室で、こども達が陶片を並べ替えて遊ぶことができる「らくがきパズル」という作品です。

来春、香川県に出来る大きな国立病院のプロジェクトにも関わらせて頂き、少しずつ制作が進んでいます。病院だから“特別なこと”ではなく、誰もがどこに居ても普通を感じられるようにという想いで手を動かしています。
もう少し先になりますが、またお知らせしたいと思います。
by maane-news | 2012-11-20 12:30
+1の報告
c0165372_114829.jpg
仙台に住む1期生の佐藤さんが“+1”の支援を届けてくれた気仙沼市にある「つぼみ保育園」の代表の方からお礼状を頂きました。ここは震災後に作られた保育園で、花にたとえると“つぼみ”の幼児期のこども達を大切に大事に育てていきたいという想いで名付けられたそうです。手紙には+1の支援で床暖房マットや食べこぼしマットなどを購入されたことのお礼と一緒につぼみ保育園のみなさんの想いが綴られていて、モーネの小さな足し算が少しでも役に立てていただけたことに感謝の気持ちでいっぱいになった。
文化祭でもみんなが売り上げを+1に足してくれたりと一人一人の小さなつながりで何ができるか、これからもみんなで知恵を出し合いたいと思います。
by maane-news | 2012-11-19 12:30