<   2011年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧
へちま
c0165372_11272774.jpg
本のDTPやパソコントラブル対応でもお世話になっているT'sデザインの田中さんからいただいたヘチマの苗、植え替えが遅かったのでどうかなと思いながら、コンピスの屋上で朝夕の水やりを続けていたら、花が咲いて実が3つもできました! 手のひら大のサイズですが、気持よさそうに秋風にゆられてました。/seiken工作所*
by maane-news | 2011-09-29 12:30
柏木さんの展に向けて
c0165372_1865275.jpg
今週末からギャラリーで始まる「グラフィックデザイナー 柏木江里子さんの仕事」の展示準備で、この数日ギャラリーは工作所とこまっちゃんがペンキ塗りの作業中。
4年前の「文箱に入った十二の贈り物」展と同じように、柏木さんの仕事を並べる台を12枚、こまっちゃんが一日がかりで塗り上げてくれた。いつも寺子屋で使っている大きなグレーのテーブルもペンキを塗り直して、そこには柏木さんが描きためたスケッチが並びます。早く亡くなられたことがほんとうに惜しまれる柏木江里子さんの残した仕事を是非ご覧ください。
by maane-news | 2011-09-28 12:30
こまかないニュース
c0165372_13105383.jpg
c0165372_13111338.jpg
今回のこまかないは豚の角煮です。鹿児島出身のモーネの生徒さんからちょっと珍しい甘みが入っているタイプのお醤油をいただき、中でも「さしみ-かんろ」は、何だかとても美味しそうな響きで、そしてものすごく「豚の角煮」が作りたくなり豚バラ肉を買いに走りました。
お肉は白ネギの青い部分としょうがを入れてまず下茹でをし、一日茹で汁ごと冷まします。
次の日に表面に浮き上がった脂を取り除き再び火にかけ温まったら味付けの調味料を入れます。砂糖、日本酒を少し入れてから、後はいただいた「さしみ-かんろ」の醤油を何度も味見しつつ足していくだけで決まりました。ものすごく簡単です! お肉がホロホロに、柔らかくなるまで煮込み、途中でゆで卵も一緒に煮ます。角煮と煮卵を器に盛り、煮汁に少しとろみをつけたあんをかけて、白髪ネギをたっぷりのせて完成です。写真上はお昼のまかないに作った一回目、下の写真は、多人数のごはんの時に大皿に盛りつけたものです。どちらも高知の新米で炊いたごはんがすすみました! 食欲の秋の到来です。/こ・まかない

c0165372_1383814.jpg
左から、さしみ-かんろ、さしみ-濃くち、うすくち
by MAANE-NEWS | 2011-09-27 12:30
お知らせ
c0165372_13381359.jpg
天然酵母のこだわりのパン屋さん「七穀ベーカリー」のイベント『飛び出すパン屋』のお知らせです。今回はパンの販売以外にも楽しいイベントが盛りだくさんです。ニコニコと明るい飛び出すパン屋さんは、本業の傍らモーネのグラフィック工芸コース「ろ」組の生徒で、モーネで知り合った仲間もワークショップやこだわり市に協力してくれるそうです。とても楽しそうなイベントですので、是非足を運んでみてください。
10月1日(土)と2日(日)の二日間、芦屋にある「Gallery R」で。

> 詳しくはこちら
by maane-news | 2011-09-26 12:30
セキユリヲさんのワークショップ
c0165372_10231785.jpg
セキユリヲさんの新刊「北欧でみつけた手づくりの暮らし」(マガジンハウス)、北欧のもの作りと暮らしが詰まった一冊。コンピスで開催しますこの本の出版記念展のワークショップ「スウェーデンのバンド織り」には多くのお申し込みをいただき、ありがとうございました。あっと言う間に定員になったので、展の最終日(10/30)にワークショップを追加開催していただけることになりましたのでお知らせします。

> 詳しくはこちら
by maane-news | 2011-09-22 12:30
お知らせ
c0165372_1030832.jpg
10月末から始まる国民文化祭・京都2011「京の暮らしの文化展ー折々のいろどり」で開催されるイベントに声を掛けていただき、『京の暮らしの知恵と美』というシンポジウムに参加させていただくことになりました。普段、あまりご縁のない歴史、哲学、社会学の専門の方とのお話なので今から緊張です。どんな展開になるかわかりませんが、興味のある方はどうぞお越しください。
10月29日(土)15時から、京都芸術センターで。

> 詳しくはこちら
by maane-news | 2011-09-21 12:30
「い」組
c0165372_11255016.jpg
1年目の「い」組の夏休み明けは、いつもみんなの切り抜きノートを見せ合う日。そしてこの日は、寺子屋終了後に初めて5期生の親睦会。ひとり一品持ち寄っていろんな話をする、毎年のこの時間はみんなとギュっと近くなれるように感じている。こまっちゃんが「どうしてモーネに通おうと思ったんですか?」と聞いたら、一人一人の理由やいきさつがが相当におもしろくて、お腹を抱えて大笑いした。多分、こんなに“教えないもの作り学校”に通おうと決心をしてくれる人は、私を先頭にみんなちょっとだけ変わってるんだと思う。でも、今年のみんなと同じように、人を想うあたたかな心を持っていたら、変わっている人は多いに大歓迎だ。
by maane-news | 2011-09-20 12:31
「ろ」組
c0165372_11163192.jpg
c0165372_11164690.jpg
c0165372_1117177.jpg
夏休みが終わり、後半のギャラリーと寺子屋がスタートした。グラフィック工芸コースは2年目の「ろ」組の陶器。夏休みの間に、工作所が流し込みで作って素焼きに絵付けと釉薬をかける作業。それぞれ手を動かした器がどんな風に焼き上がるのかが楽しみだ。
by maane-news | 2011-09-20 12:30
秋のアレンジメント
c0165372_12263749.jpg
フローリストの徳市容子さんが、コンピスの平岩夏野さんの空間に秋の印象の植物を活けてくださいました。夏野さんのコラージュ作品と合わさって、コンピスは一足早い秋空間に。
by maane-news | 2011-09-19 12:31
平岩夏野さんの展
c0165372_12184959.jpg
c0165372_1219476.jpg
c0165372_12192490.jpg
c0165372_1219365.jpg
平岩夏野さんの展が始まりました。今年は一度の展示なので春夏と秋冬の二つの季節の服をご覧いただけます。それから、今回は素材からこだわって作られる平岩さんの生地で、服の一部のようなバッグをお願いしたら、素敵なバッグが届きました。ポケットの位置や持ち手の幅などのこだわりは、服を作られる彼女だからこそのデザイン。
今週金曜日から日曜日までまたギャラリーに来てくださいます。是非、この機会にお立ち寄りください。
by maane-news | 2011-09-19 12:30