<   2010年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧
こども寺子屋
c0165372_1373510.jpg
今回は『椅子のモデルを作る』。
今までで一番冒険の課題だったけれど、いろいろな椅子の写真とデザインの話やモデルを作るプロダクトデザインの話も子供たちが真剣に聞いてくれた。


c0165372_1375337.jpg
c0165372_1381228.jpg
誰が座る椅子なのか、どこで使う椅子なのか、そんなお話も考えながら最初にスケッチ。



c0165372_1384541.jpg
木や布、紙、木、布、針金など、材料を探すのも重要! 
また新しいアイデアが見つかる事も。


c0165372_139312.jpg
c0165372_1393023.jpg
c0165372_14609.jpg
c0165372_1463841.jpg
切ったり、曲げたり、貼ったり、たたいたりして手を動かす。
カタチが出来てくると色を塗ります。


c0165372_1482642.jpg
仕上がった椅子のモデルは、紙箱に載せ、椅子の名前を書いて完成。
大人顔負けのプロダクトデザイナーになった日だった。
早いもので来月は最終回。次ぎはグラフィックデザインの実験だからね!
by maane-news | 2010-01-29 12:30
こまかないニュース
c0165372_1263020.jpg
今回はその名も『合体ごはん』です。ホワイトソースを作った時に一部を少しだけ冷凍していたのをそろそろ使いたく思い、合体ごはんのスタートです。
冷蔵庫に唯一あった野菜がキャベツ、そして豚のこまぎれです。豚のこまぎれを見るとなぜかトマトと合わせたくなるクセがあり、ちょうどトマト缶があったので使うことに。
「ホワイトソース」+「豚のトマト煮」を合わせた味を想像しながら、まずはキャベツをさっと炒めていきます。そして二つの味を合体しても大丈夫だと決心したら、後はいそいで手を動かしていきます。最後にキャベツを加えて煮込み、いざ味見。「あっさりハヤシライス」が生まれていました。冷凍していたサツマイモごはんを温めてお皿に盛り付ければ『合体ごはん』の完成です。
想像レシピの着地も時にきわどいこともありますが、今回は一応成功だったのではないでしょうか?!/こ・まかない
by maane-news | 2010-01-27 12:30
お知らせ
c0165372_17482127.jpg
しろとくろのあみぐるみの作者は、あみぐるみ担当のヒサ子さんとイラスト担当の大川静恵さんのコラボレーション。その静恵さんが自身のホームページで4コマ漫画のブログを始めました。
レイモン・サヴィニャックも『ユーモアは魔法の薬、ストレスのための万能薬』と言っていたように、いろんな悲しい出来事があっても、クスッと笑えるひと時が大切なのかも。
彼女の温かな人柄から生まれるストーリーを是非見てくださいね。

> 大川さんのブログ Ete Ete news
by maane-news | 2010-01-26 12:31
素敵なスツールができました
c0165372_1765112.jpg

モーネ工房の縫製部こと丹羽裕美子さんの布の切り取りを使ってスツールが出来ないかと考え、昨年スツールの寺子屋をしてもらったupholsterさんに用意していただいた材料でようやく出来上がりました。丹羽さんの作るくるみボタンの大きい版みたいでなかなか好評です。
春頃から注文を受ける予定です。/seiken工作所
by maane-news | 2010-01-26 12:30
こども寺子屋の準備
c0165372_17585189.jpg
今月の「こどもグラフィック工芸コース」は『椅子のモデルを作る』寺子屋に備えて、工作所、こまっちゃんと3人で、サンプルの椅子のモデルを作った。3人真剣に向き合って、なんだかすごく愉快愉快。工作所は『虫が座る椅子』、こまっちゃんは『胃もたれチェア』、私は『ワニのソファ』を作った。
子供たちは、きっと大人が想像できないくらいおもしろ〜い椅子を考えてくれるんだろうなぁ。
by maane-news | 2010-01-24 12:36
「い」組
c0165372_1754182.jpg
c0165372_17542451.jpg
布構成家の丹羽さんを講師に招いて、コサージュを作る寺子屋。
実際に使えるコサージュやくるみボタンを作ることは楽しいと毎年皆が言う。
でも、やっぱりモーネは体育会系美術クラブで、最後の合評は円陣を組んで真剣に話してしまうのだ。
by maane-news | 2010-01-24 12:35
「ろ」組
c0165372_17283793.jpg
今回は『ことのはじまり』という自分の好きなテーマを本という形にまとめる寺子屋。
ウォーミングアップにそれぞれの好きなものを寺子屋に持ってきてもらった。
どちらかというと実技の時間が多いグラフィック工芸コースだけれど、じっくり皆と話せてすごく充実した時間になった。
さて、どういう展開になるかなぁ。
by maane-news | 2010-01-24 12:34
一石二魚
c0165372_16365891.jpg
父は、子供の頃から勉強が嫌いだったと聞いていた。父が文字を書いている記憶もあまりない。でも、魚の切り抜きが楽しくなって文字を書くようになって、最初の頃よりうんと文字が上手くなってきた。
切った全部の裏側にどんな魚かがわかるように名前を書いているが、8枚一緒に切る全てに書いているので実際はノートに貼られている数倍の数、書き方の練習になっている。もちろん自分では気付いてないのだけれど、脳の刺激は大きいはず。まだまだ飽きないように作戦を考えなくっちゃ。
by maane-news | 2010-01-24 12:33
父の切抜き/ノート
c0165372_1662216.jpg
c0165372_1663857.jpg
c0165372_166481.jpg
c0165372_16719.jpg
小さい切抜きも単語帳だけでは退屈らしく、いつものノートも1冊仕上っていた。
パラパラめくると色合いがすごく綺麗な魚が増えていてて、ちょこっと撮影。
by maane-news | 2010-01-24 12:32
父の切り抜き/単語帳
c0165372_15591013.jpg
前回渡した単語帳2册、すごくかわいい仕上りになっていた。
単語帳を渡した時に伝えた「表に魚、裏に名前」のやり方は、「やってみたけど良くない」と切抜きと一緒に名前を書くやり方に父流のアレンジをしていた。
1冊50枚の単語帳、裏表だと倍の100枚になるので「大変や」というものの、真面目な父が自分でアレンジしたことにびっくりした。たのしい魚がたくさんなので、2冊の単語帳200枚から抜粋してまたUPしようと思う。
by maane-news | 2010-01-24 12:31