瀬戸内モーネ その2:看護学科の授業
c0165372_13045746.jpg
12月に入って、大阪へ宝塚大学看護学科の授業に森合音さんと一緒に出かけてきました。
4年生101人に午前中は『四国こどもとおとなの医療センター』について合音さんのスライドトークを、午後からは手を動かしての私のワークショップ時間。


c0165372_13014633.jpg
ワークショプは、パッケージをリデザインして作る「病室の机に置く箱」。
「ものの見方を変えて、手と心を動かして」と伝えて、決して作品を作るのではなくて学生のみんなが来春から働く現場の病院で生かしてほしいと伝えた。

c0165372_13015354.jpg
c0165372_13020161.jpg
大事なのは「誰の為にどんな想いを表現したか」ということ。
2時間近くかけて学生全員の作品をみんなで見ながらそれぞれの想いを話してもらった。
長期入院しているこどものためや花が好きなおかあさんのため、畑がすきなおじいちゃんが入院したときのために等々。
表現することを専門とする芸大とは違ったもうひとつの表現が生まれていた。
最初は、みんな静かだったのに合評が終わった時に拍手してくれて、合音さんがいつも言う『創造的にケアする』ことに気づいてもらえたかなと、合音さんと二人とても充実した気持ちになった。
香川まで帰る途中、これからのいろんな実験の話がはずんだ。
未来の看護師さんへの初めての授業は、これからモーネがやりたいことにピントを合わせてくれた経験になった。





by maane-news | 2017-12-15 12:31
<< 瀬戸内モーネ その3:切り抜き... 瀬戸内モーネ その1:病院アー... >>