マリアンネさんの特別寺子屋
c0165372_13103733.jpg
c0165372_10434898.jpg
一年前、マリアンネ・イサガーさんご夫妻が来てくださった時にコンピスの空間と寺子屋のカリキュラムをすごく気に入ってくださり、今度日本に来る時にワークショップをしましょうと約束した寺子屋を開催しました。モーネでニット編みはやったことがなかったけど、マリアンネさんを紹介してくださったトライアングルの石毛麻理子さんのおかげでたくさんの人が参加してくださってこの日開催することが出来た。
前日の打ち合わせで、カリキュラムはモーネバージョンでやりましょうと提案があり、編みたいアイテムとデザイン、そして配色も自由にして好きな糸を選んぶという内容に。デンマークの作家仲間のアリエッタさんとリズさんも一緒にサポートしてくださり、多分こんなに充実した内容は他ではないだろうなと、ほんとうに特別な寺子屋にしてくださったことに感謝。

c0165372_1311152.jpg
c0165372_13115167.jpg
c0165372_13132579.jpg
マリアンネさんの授業は「作品を作るのではなくてテクニックを習うことに重きをおいている」という。そんなことも何かモーネの寺子屋と同じことを大事にしてる気がした。
とはいえ、参加されたみなさんどんどん手が動いて行って、いろんなテクニックのピースがそれぞれの色で生まれていた。

c0165372_13135723.jpg
おやつは石毛さんおすすめのシュークリーム。五重丸にデンマークの紙ナプキンを添えて。
みなさんから「今日はほんとうに参加できてよかった」と言っていただけたことがすごくうれしかったし、デンマークの作家さん3人が工作所の器やモーネの本をもの作りや発想の刺激になると気に入ってくださって、言葉でなくビジュアルコミュニケーションがちゃんと通じてる~とうれしくなった。そしてマリアンネさんから「いつかデンマークの私たちの学校でワークショップしてくださよ」と言ってくださったことも、ものすご~く元気になれた出来事だった。
スイスの次はデンマーク?の夢が増えました!
by maane-news | 2014-03-30 12:30
<< 春の大掃除 老健施設のホスピタルアート >>