モーネのプロダクト
c0165372_11173629.jpg『紙に線があることをきっかけに、
 自分の中の想いを書き留めるノート』

c0165372_11175767.jpg
7期生のレトロンのおかげでレトロ印刷を見学させてもらった時、もの作りの現場を見ると気持ちが盛り上がって、結果“モーネノート”を作ってしまった。グレーの紙の中央に1本引かれた線だけがレトロ印刷。でも、真っ黒でなくグレー過ぎないスミ色にこだわってレトロンが印刷を調整してくれた。製本のミシン糸も冴えたイエローで、縫った後でノートの天地を糊で固めてくれている。ほんとうにこんなノートはどこにもないとものすごくお気に入りが出来てしまった。届いたノート1冊1冊の角にスタンプをていねいに押した。『紙に線があることをきっかけに、自分の中の想いを書き留めるノート』。寺子屋の参加カードにスタンプが10個たまったらプレゼントされるアイテムにこのノートが加わりましたので、是非。

c0165372_11194418.jpg『誰かに何かを手渡すとき封筒』
「住み直す」の本がきっかけになり、京都の「切り箔師」のYさんから何か生かしてほしいといただいた和紙。紺色の罫線が入っていて表面はマットで裏面がツヤのある質感の和紙。
紙好きのモーネも今までみたことがない魅力的な紙は、一枚を全部使い切れる大きさで、罫線がデザインになるような封筒に作り直すことにした。ボタン店で関わらせていただいた「京きよみず工房ソラ」に制作をお願いした。工房ソラのみんなが一枚ずつ紙を切って折りていねいに糊で貼って仕上げてくれたリユース&リデザインの封筒。こちらはコンピスのショップで販売します。『誰かに何かを手渡すとき封筒』(10枚入り250円)
by maane-news | 2013-10-16 12:30
<< お知らせ その1 長野の切り紙展スタート >>