一日ひとつの切り抜き通信寺子屋 展
c0165372_12381151.jpg
一日ひとつの切り抜き通信寺子屋展」が始まりました。展のフライヤーは通信寺子屋2期生の大平高之君がデザインとコラージュしてくれたものです。裏面の通信寺子屋を伝える文章はグラフィック工芸コース1期生の久保寺裕美さんが書いてくれました。モーネの生徒達に委ねて…、いや、こうやって委ねる方がこんなにおもしろい発信ができるんだと、うれしい限りです。

コンピスには4年前に始まった通信寺子屋1期生から4期生までのノートが並んでいます。1期生はどうなるかわからない通信のやり取りにずっと向き合ってくれて、最後はそれぞれ『本のカタチ』として着地してくれました。それぞれの想いを素直に表したどこにもないものばかり。
展示しているノートは手にとってご覧いただけますので、切り抜きの刺激を受けに是非お越しください。
> 「一日ひとつの切り抜き」通信寺子屋 展
by maane-news | 2013-05-18 12:31
<< 切り紙プリン こども寺子屋/こども工作コース② >>