モーネの庭プロジェクト
c0165372_0143939.jpg
c0165372_0145183.jpg
c0165372_015520.jpg
工房に小さな庭がある。かえるちゃんが京都に居た頃はこまめに手入れをしてくれてたが、長い間そのままになっていた。工房に来られた人も庭を覗かれたことはきっとないだろうなぁ。
ずっと気になっていた庭の手入れを、寺子屋で講師をしてくださっているワイヤークラフト作家の奥田由味子さんに本職のガーデナーのお仕事をお願いした。月に1度のペースで手入れをしていただくことになり、今日はガーデナーの七つ道具のほうきを使って落ち葉の掃除とノコギリで伸びた枝をカット。作業が終わると光が差し込んで見違えるようにきれいになった。足の怪我も癒えたラフが走ることのできるスペースも。
庭が置き場になっている陶器のカケラとかも庭に活かし直してくれるとか。工房の小さな庭がどんな風になってゆくのか、由味さんの作る『モーネの庭プロジェクト』も楽しみだ。
by maane-news | 2010-06-10 12:00
<< かえる食堂の展 父の切り抜き/番外編 その後 >>